479件中 91 - 100件表示
  • イチロー

    イチローから見たマット・ウィータース

    イチローは全試合を2番打者として出場。第一試合では3安打の活躍を見せ、第二試合では二死一塁の場面でロビンソン・カノの二塁打の間に生還。イチローは三塁を回ったがタイミングは完全にアウトだった(三塁ベースコーチは本塁突入を指示している)。しかし、相手捕手のマット・ウィータースのタッチを2回かわしてホームインするといった活躍を見せたがチームは敗れた。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たフランクリン・グティエレス

    6月5日のロサンゼルス・エンゼルス戦にて、フランクリン・グティエレスの内野ゴロで本塁に生還すると、メジャー通算1000得点を達成した。9月18日、日本プロ野球選手経験者として史上初となる日米通算3500安打を記録。偶然にもこの安打はメジャー2222本目のぞろ目でもあった。23日には自身が持つ9年連続200安打の記録を伸ばし10年連続200本安打とした。通算での200本安打10回はタイ・カッブを抜き、ピート・ローズと並ぶ大リーグ史上1位タイ記録であるが、10年連続は史上初の記録である。安打数は最終的に214安打とし、自身8回目の210安打を記録。タイ・カッブが持つ通算7回の210安打という記録を86年ぶりに更新した。シーズンを終えての連続記録を「打率3割」「200安打」「オールスター選出」「ゴールドグラブ賞」について10年連続と伸ばした。また前年に途切れた30盗塁は、42盗塁を残して再び達成した。前年に引き続きフィールディング・バイブル・アワードを、通算3度目の受賞となった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た鈴木宣之

    『イチローとわが家 ほんとうの話』鈴木宣之著、イチローの父親による著作イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た山田久志

    開幕から前半戦まで1番打者として出場。オールスターゲーム第1戦では広島東洋カープの紀藤真琴から初回先頭打者初球本塁打(オールスター史上3人目、パ・リーグ選手では史上初)を放った。第2戦では投手として登板。セ・リーグの野村克也総監督が松井秀喜の代打で送った高津臣吾を遊ゴロに打ち取っている。後半戦からは打順を変更され、3番に固定。前半戦までは打率が1度も.330を超えない状態が続いていたが、3番になってからは調子を上げて固め打ちが目立つようになり、8月にはプロ野球記録となる月間48安打(月間打率は.475)を記録した。最終的に3年連続となる首位打者を獲得し、また193安打で3年連続となる最多安打・最高出塁率を記録、去年に引き続き最多敬遠も記録した。猛打賞を26回(達成当時、日本プロ野球記録。現在日本プロ野球歴代2位)、1試合4安打を8回記録(達成当時、日本プロ野球新記録。現在はパ・リーグ記録)。9月23日の対日本ハムファイターズ戦(グリーンスタジアム神戸)で、延長10回裏にオリックスのリーグ連覇を決めるサヨナラ二塁打を放ち、前年のリーグ優勝時に果たせなかった「神戸での胴上げ」を実現させた。日本シリーズでは、第1戦の延長10回に河野博文から決勝本塁打を放つなどの活躍を見せ、1977年以来19年ぶりの日本一に輝いた。イチローは優秀選手賞を受賞したほか、3年連続となるシーズンMVPを手にした。3年連続シーズンMVPは日本プロ野球タイ記録で、山田久志に次いで史上2人目の快挙。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た永谷脩

    若手時代は今と違ってむしろマスコミに対して好意的で、バラエティ番組にもよく出演し、明るく喋っていた。急変したのは評論家・永谷脩が事実無根の文章を書いて発表して以降である。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たトニー・グウィン

    通算3,141安打のトニー・グウィン(2007年殿堂入り)は、「彼のおかげで、みんながコンタクトヒッターの価値を再認識するようになった」と高く評価すると、7年連続200安打の記録を持つウェイド・ボッグス(2005年殿堂入り)も、イチローの殿堂入りを期待してエールを送った。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たトニー・アタナシオ

    夫人は元TBSアナウンサーの福島弓子。代理人はトニー・アタナシオイチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た木村恵二

    1992年7月11日の対福岡ダイエーホークス17回戦(平和台球場)で、左翼手・村上信一に代わって守備で「鈴木 一朗」として1軍初出場を果たした。翌日の対ダイエー戦で初スタメン出場。木村恵二の放った直球を右翼へ打ち返してプロ初安打を記録した。この年は打率.366でウエスタン・リーグの首位打者を獲得しながらも、土井正三・小川亨などの1軍首脳陣から自身の打法(振り子打法)を否定される。「足の速さを活かしてゴロを打つように」と打撃方法を変更する打診を受けたが拒否、1軍打撃コーチの山内一弘と意見や指導が合わず、シーズン終盤にスタメン起用される機会は増えたものの、一軍に定着することはなかった。同年のジュニアオールスターでは、同点の8回に有働克也から代打決勝本塁打を放ってMVPと賞金100万円を獲得するが、この賞金全額を神戸市の養護施設に寄付した(2軍選手ではイチローが初)。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たアル・シモンズ

    5月にメジャー通算200盗塁、その翌日には日米通算400盗塁を達成した。6月にはキャリア1808試合目で日米通算2500安打を達成。近代野球では最速となるアル・シモンズの1786試合、タイ・カッブの1792試合にはわずかに及ばなかった。オールスターファン投票では3位でオールスターに選出。会見では6年以上連続選出がアレックス・ロドリゲスとマニー・ラミレスだけであったことについて、「残りのひとりになりたいと思う。それは大いにある目標です」と語った。7月26日には戦後最多となるウェイド・ボッグスの連続6シーズン通算1274安打を更新。8月16日にロジャース・ホーンスビーが持つ連続6シーズン最多安打1296本を超え、8月29日にはメジャー通算400マルチヒットを928試合目で達成。これは6年目ではメジャー最速。9月には19世紀以降最多となるウィリー・キーラーの連続6シーズン通算1313安打を抜いた。9月7日に日米通算800マルチヒットも達成。9日にはジョージ・シスラーが持つ6シーズン最多安打1317安打を超え、一週間後となった16日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー史上3人目となる6年連続200安打を達成した。この試合において三盗を成功させたことで33連続盗塁成功となり、アメリカンリーグ新記録も達成。満33歳になるこのシーズンに自己3番目の記録となる45盗塁を残し、盗塁成功率.957を記録した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たベネット・ミラー

    映画『マネーボール』では主人公ビリー・ビーン(俳優:ブラッド・ピット)が空港で見た野球中継に僅かな時間写っている。このシーンについて映画のベネット・ミラー監督は「日本人向けのサービスではない」と断った上で「中継カメラがアップで捉えたイチローとそれを見つめるビーンの図は、まるで西部劇の決闘みたいだよね。このときビーンは主力選手を引き抜かれ、新たな選手を獲得したいのにお金がない。ビーンにとってイチローはぜひとも欲しい選手だが、高給取りの彼には手が届かないんだ。イチローはそんな苦しい立場のビーンに脅威を与える“敵”のようにも見える。そんな雰囲気を感覚的に表現してみたかったんだ」と語っている。イチロー フレッシュアイペディアより)

479件中 91 - 100件表示

「イチロー」のニューストピックワード