661件中 121 - 130件表示
  • イチロー

    イチローから見たミズノ

    バットはミズノの篠塚和典モデルがベースであるという。ヘッドを軽量化させており、直径60.5ミリという極細。芯の部分も細く、使うには相当な技術が要求される。バット製作にあたってミズノの工場内にある歴代選手シグネーチャーモデル展示室に並ぶバットの中で、本人いわく「遠くから見ても、それだけがもうチカチカ輝いていた」と言い、手に取ると何から何まで自分にピッタリであったとのことである。自分の調子に合わせてバットを変えるのではなく、バットに合わせて自分を調整していくため、オリックス入団時から一貫して同じ形のバットを使い続けている。イチローを含め様々なプロ野球選手たちのバットを作ってきた、バット職人である久保田五十一は、「私の記憶の中では、これほど(バットを)変えない方はいらっしゃらないですね」とイチローについて語っている。長年、北海道産のアオダモ材を使っていたがメジャーではアメリカの気候も考慮してホワイトアッシュ材に変更した。メジャー2年目の夏には再びアオダモに戻していたが近年では高品質な北海道産のアオダモの採取が困難になりホワイトアッシュを使用している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た新潮社

    『イチロー・オン・イチロー:Interview special edition』(イチロー述、小松成美著、新潮社、2002年5月、ISBN 4104447021)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た日本文芸社

    『イチローに教えたこと、教えられたこと:高校時代の恩師が語るイチローの原石時代』(中村豪著、日本文芸社、1996年3月、ISBN 4620310816/にちぶん文庫、2001年12月、ISBN 4537065443)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たフジテレビジョン

    僕らの音楽 -OUR MUSIC-(フジテレビ系。2007年2月23日放送回。椎名林檎との対談)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たサントリー

    サントリー 『ペプシコーラ』(2002年)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た佐藤製薬

    自らがCMに出演している佐藤製薬のユンケル黄帝液を愛飲している。遠征時には特注の専用ケースにユンケルを詰めて持って行く。WBC優勝後の会見の際には川崎宗則が「(イチローが)ユンケルを飲むのは試合の1時間前」であることを明かした。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た日本赤十字社

    2000年には豪雨によって被害を受けた愛知県にトレーナー、パーカー計1000枚、Tシャツ500枚(計1300万円相当)を贈っている。また、1996年から2004年まで、神戸総合運動公園野球場にイチロー・シートを毎年20席(約140万円分)設置し、神戸の野球少年を招待した。2005年には病気などで苦しむ子供たちを支援するため、日米のスターバックスと協力し、店頭で自身をイメージしたプリペイドカードを販売、その売り上げを募金に寄付した。2011年2月には口蹄疫・鳥インフルエンザ復興ならびに霧島連峰・新燃岳噴火被災対応のために宮崎県に対して1000万円を贈った。さらに3月には東北地方太平洋沖地震に際して、日本赤十字社に1億円の義援金を寄付した。。カンザスシティにあるニグロリーグ博物館への高額寄付を同館館長が米メディアに明かしている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たディー・ゴードン

    バットケースはディー・ゴードンもイチローが持っているのを見て欲しがったため、イチローがゴードンの背番号9をあしらい、マーリンズカラーにアレンジしたケースをプレゼントした。クリスチャン・イエリッチは子供の頃にイチローを見てファンになったといい、ロッカーにイチローのサイン入りユニフォームをかけている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たロバート・ホワイティング

    日本人野手がメジャーで通用するのか疑問視する声が日米問わず多かった。当時のマリナーズ監督ルー・ピネラも、「打率は2割8分から3割、盗塁は25から30は稼いでくれるだろう」とそこまで大きな期待はしていなかった。また、背番号51についても、当時のマリナーズではランディ・ジョンソン(1989 - 1998年まで在籍)の番号というイメージがファンの間で認識されていたために、「ランディの功績を台無しにする」「ランディを侮辱している」という理由であまり好意的には見られていなかったが、その後の活躍により、ランディ・ジョンソンとの連名での永久欠番になるのではないかといった予想がされるまでになる。東京在住のアメリカ人ジャーナリストであるロバート・ホワイティングは2000年12月号の文藝春秋にて、「イチロー君大リーグは甘くないぞ」と題して、イチローがMLBでは通用しないことを断言し、「イチロー自身も『あーあ、アメリカにこなければ今ごろはまだ日本のスーパースターでいられたのに』と後悔しているかもしれない。来年の今ごろ、僕がこの誌面で平謝りに謝っているかどうか、忘れずにチェックしてほしい。」と執筆した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たフレッド・リン

    この年、1930年のビル・テリー(ジャイアンツ)以来となるシーズン242安打(当時歴代9位)を放ち、メジャーリーグの新人最多安打記録を更新するとともに、新人王・MVP・首位打者・盗塁王・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞という数多くのタイトルを獲得した。打率.350はアメリカンリーグ1年目選手の歴代最高打率。新人王とMVPに同時に選出されたのはイチローのほかには1975年のフレッド・リンのみであり、新人王と打撃タイトルの同時受賞はトニー・オリバ(首位打者)、ジャッキー・ロビンソン、ビンス・コールマン(盗塁王)、ウォルト・ドロポ(打点王)、マーク・マグワイア(本塁打王)以来6人目である。その他にも安打試合数の135試合は歴代1位タイ、127得点はリーグ2位、得点圏打率(.445) は両リーグを通じて1位を記録した。イチロー フレッシュアイペディアより)

661件中 121 - 130件表示

「イチロー」のニューストピックワード