661件中 11 - 20件表示
  • イチロー

    イチローから見た松坂大輔

    シーズン開幕前の2月、星野伸之や戎信行とともに、オリックスと業務提携を結んでいたシアトル・マリナーズの春季キャンプに招待され、2週間参加した。シーズンでは開幕から調子があがらず、数年間のスランプをひきずっていたが、同年4月11日、ナゴヤドームでの西武戦の第5打席で西崎幸広からセカンドゴロを放つと、後に「この打席がきっかけで、自分の打撃が開眼した」という旨を語っている通り、スランプから脱出し以降は復調した。4月20日の対日本ハム戦で金村曉から本塁打を放ち、日本プロ野球史上最速となる757試合目で通算1000本安打を達成。7月6日の対西武ライオンズ戦で松坂大輔から通算100号本塁打を打った。前半戦を打率.370・19本塁打・60打点の成績で折り返すと、1995年以来のペースで本塁打を量産していたが、8月24日の対日本ハム戦で下柳剛から右手に死球を受けて負傷、残りのシーズンを棒に振った。これにより、1994年の開幕戦から続けていた連続試合出場がパ・リーグ歴代4位(現5位)の763でストップした。また、今シーズンは141安打にとどまり、最多安打に関しても5年連続で途切れた。しかし3年ぶりに最高出塁率を記録した他、首位打者に関しては6年連続とした他、引き続き5年連続最多敬遠を記録した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た福本豊

    1991年の夏の終わり、三輪田から「おもしろい選手がいるから見て欲しい」と報告を受けて、当時オリックスの編成部長だった中田昌宏がイチローを視察。福本豊や加藤秀司らを育てた阪急の名打撃コーチでもあった中田だったが、1球たりとも芯を外さない、イチローのフリーバッティングを見て、「あんな選手見たことがない」とその天才的打撃に惚れ込み、田口壮に次ぐ2位指名を編成会議で求めた。しかし、フロント入りしていた前監督・上田利治らは「線が細すぎる。プロでは無理だ」と萩原淳を推して侃々諤々の議論の末、萩原の2位指名が決まった。3位指名はオリックスが囲っていた本東洋で決まっていたため、ドラフト当日、オリックスのイチロー獲得は絶望的だった。しかし、同じくイチローを高く評価していた日本ハムと、地元中日が、いずれも4位までに指名しなかったため、オリックスはイチローを4位で指名することができた。このような経緯もあり、三輪田の親族によれば、イチローは三輪田の死後、墓参りを毎年欠かしたことがないという。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た秋山翔吾

    シーズン最多安打記録保持者の秋山翔吾は、イチローが1994年に日本記録(当時)を樹立した翌1995年に幼稚園の卒園文集に「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです」と書き記していた。柳田悠岐は、サンフレッチェ広島の本拠地に近いサッカーが盛んな土地で育った。当然のようにサッカーを始めたが、1996年の日本シリーズをテレビで見てイチローのプレーに衝撃を受け、翌年少年野球クラブに入部したという。韓国出身のメジャーリーガー秋信守は、2009年のWBCを前に行われた韓国代表チームの記者会見で、日本代表チームのリーダーであるイチローとの対戦について「イチローは米国でもスーパースター。自分とライバルだと言うのはおかしい」と話し、敬意を表した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た野村克也

    開幕から前半戦まで1番打者として出場。オールスターゲーム第1戦では広島東洋カープの紀藤真琴から初回先頭打者初球本塁打(オールスター史上3人目、パ・リーグ選手では史上初)を放った。第2戦では投手として登板。セ・リーグ総監督の野村克也が松井秀喜の代打で送った高津臣吾を遊ゴロに打ち取っている。後半戦からは打順を変更され、3番に固定。前半戦までは打率が1度も.330を超えない状態が続いていたが、3番になってからは調子を上げて固め打ちが目立つようになり、8月にはプロ野球記録となる月間48安打(月間打率は.475)を記録した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たシアトル・マリナーズ

    イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。現在はシアトル・マリナーズに在籍。血液型はB型。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たケン・グリフィー・ジュニア

    5月は月間打率.404を残すと、26日に打率と出塁率でリーグトップに躍り出た。6月18日のシンシナティ・レッズ戦では1999年2月にマリナーズのキャンプに参加して以来3年ぶりにケン・グリフィー・ジュニアと再会。「やっぱり彼は僕にとってメジャーリーガーの象徴。メジャーに興味を持ったのも、彼の美しさ、スピードを見て感銘を受けたからなんです」と語った。しかし8月から調子を落とし、9月22日のアナハイム・エンゼルス戦で2年連続の200安打を達成したが、チームも8月から失速。監督のルー・ピネラはゲン担ぎとして試合前のメンバー表交換にイチローを登場させるなどしたが、地区3位に沈んだ。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た黒田博樹

    黒田博樹とダルビッシュ有が先発した6月25日のテキサス・レンジャーズ戦(ヤンキースタジアム)では、9回裏2死にタナー・シェパーズから、ヤンキース移籍後初のメジャー2本目となるサヨナラ本塁打を放った。7月14日のミネソタ・ツインズ戦でメジャー通算2000試合出場を達成。2000試合出場時点での2696安打はタイ・カッブ、ジョージ・シスラー、アル・シモンズ、ロジャース・ホーンスビー、ポール・ウェイナーにつぐ6番目となった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た今江敏晃

    川崎宗則は中学生の頃からイチローの大ファンであり、2006WBC日本代表でチームメイトになってからは、合同自主トレを行っている。2011年オフ、川崎はイチローと同じチームへの移籍を希望してマリナーズとマイナー契約。スプリングトレーニングで結果を残して念願の開幕メジャー入りを果たした。しかし、イチローは半年でヤンキースに移籍、このときイチローは川崎の存在について「迷った中の要素」とした上で「一緒の場所にいることが必ずしも一緒にやっているということではない。違うところでも一緒にやれるという考えが僕の中にある」と話した。イチローと川崎は別々のチームになってからも合同自主トレを行っている。WBC日本代表で共に戦った選手では川崎以外に今江敏晃、青木宣親、松坂大輔、内川聖一上原浩治らと親しい。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たマリアノ・リベラ

    9月6日、対アスレチックス戦の初回に右翼線へ痛烈な二塁打を放ち、メジャー通算2000安打を達成。9シーズン目での到達は史上最速、1402試合目での達成はアル・シモンズの1390試合に次ぐ史上2番目のスピード記録だった。9月13日にはウィリー・キーラーが持っていた8年連続200安打を108年ぶりに更新する9年連続200本安打を達成。17日のシカゴ・ホワイトソックス戦にて延長14回の場面で自身メジャー2度目のサヨナラ打を記録した。さらに翌18日のニューヨーク・ヤンキース戦にて1−2で迎えた9回裏、2アウト2塁の場面でマリアノ・リベラから自身メジャー初となる逆転サヨナラ本塁打を記録した。26日のトロント・ブルージェイズ戦での5回、1死三塁のチャンスで回った第3打席、デビッド・パーシーが投じた2ストライクからの外角球を見逃すと判定はストライク。この判定にバットでボールの通過地点を示すなどして抗議。NPB/MLB通じて自身初の退場処分を受けてしまった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た王建民

    ニューヨーク・ヤンキースの元捕手ホルヘ・ポサダはイチローをメジャーリーグでもトップ5に入る選手だと語り、同じくヤンキースのアレックス・ロドリゲスは、2006年のオールスターゲームの際に、イチローに対して「試合前の調整法を教えて欲しい」として、合同練習を申し込んだ。台湾出身のメジャーリーガーである王建民は、試合開始前のイチローにサインを3つ頼んでいる。元チームメイトのジャロッド・ウォッシュバーンは「(イチローは)何でもできるから、もう何をやっても驚かない」「だが、(手の内を)全部見たと思っても、また違う何かをやってみせる」と寸評している。同じく元チームメイトのエドガー・マルティネスは、イチローの人物像を「少年そのもの」と評している。イチロー フレッシュアイペディアより)

661件中 11 - 20件表示

「イチロー」のニューストピックワード