479件中 51 - 60件表示
  • イチロー

    イチローから見た金村暁

    1000本安打:1999年4月20日、対日本ハムファイターズ1回戦(東京ドーム)、9回表に金村暁から右中間へ2ラン ※史上194人目(757試合目での達成は史上最速)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たホルヘ・ポサダ

    ニューヨーク・ヤンキースの元捕手ホルヘ・ポサダはイチローをメジャーリーグでもトップ5に入る選手だと語り、同じくヤンキースのアレックス・ロドリゲスは、2006年のオールスターゲームの際に、イチローに対して「試合前の調整法を教えて欲しい」として、合同練習を申し込んだ。台湾出身のメジャーリーガーである王建民は、試合開始前のイチローにサインを3つ頼んでいる。元チームメイトのジャロッド・ウォッシュバーンは「(イチローは)何でもできるから、もう何をやっても驚かない」「だが、(手の内を)全部見たと思っても、また違う何かをやってみせる」と寸評している。同じく元チームメイトのエドガー・マルティネスは、イチローの人物像を「少年そのもの」と評している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たフィデル・カストロ

    小泉純一郎、元首相は、2004年のシーズン最多安打記録樹立時に、「もうすごいの一語に尽きるね。これだけの偉大な選手はもう当分出ないんじゃないかな。天賦の才能に加えて、人一倍の努力。偉大だね。どんな称賛の言葉を言っても、言い過ぎることはない」と褒め称えた。また、今上天皇は、2001年の記者会見で、「イチロー選手を始めとする日本人選手の米国大リーグでの活躍はうれしいことでした」と述べ、2004年の記者会見では、「イチロー選手の大リーグで成し遂げた大きな成果も心に残ることでした」と述べている。2009 ワールド・ベースボール・クラシック後は野球界のみならず政界などの各方面からもイチローを賞賛するコメントが発せられた。キューバのフィデル・カストロ元議長は、決勝戦後に「イチローは世界最高の打者」と語った。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たタイガー・ウッズ

    『スポーツ・イラストレイテッド』誌では、「イチローを首位打者候補に予想しないのは、タイガー・ウッズを優勝候補から外すのと同じ」と評した。また、同誌は2005年のMLB特集記事において、イチローを「理想の1番打者」と評している。アジア系アメリカ人向けのニュースサイト「goldsea.com」は、2002年に「アメリカで最も感動を与えてくれるアジアのスポーツスター」のランキングを発表すると、姚明(NBAヒューストン・ロケッツ)や野茂英雄らを抑えてイチローを1位に選出した。第1回WBC終了時には、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のコラムニストがイチローを絶賛すると、「イチローを見られるのは、私たちに与えられた特権」と語った。将来の殿堂入りについても言及した。MLB公式サイトは、2009年7月21日にイチローの特集記事を掲載すると、「日本人初の殿堂入りは決まったも同然」と位置付けた。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た宮里藍

    『イチロー262のメッセージ』 - プロゴルファー宮里藍の愛読書として話題になり、20万部突破のベストセラーになった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た田口壮

    高校時代は投手をしていたが登板のない時などは外野手も務めており、夏の甲子園に出場した際には左翼を守っている。プロ入り後、210安打を放った1994年からは本西厚博(のちに谷佳知)、田口壮とともに当時日本一と言われたオリックス外野陣の一翼を担った。日本時代は主に右翼手を務めたものの、中堅手を任されることも多々あり、一つのポジションに定着することはなかった(1998年は左翼手で20試合以上スタメン出場している。オールスターゲームや日米野球戦でも左翼を守ることがあった)が、1999年シーズン以降は右翼手に固定された。メジャー移籍後はほとんどの試合で右翼を守っており、2006年シーズン途中から2008年シーズン途中まではコンバートによって中堅手を務めた。2012年にヤンキース移籍後は、左中間の広いヤンキースタジアムを考慮して左翼手にコンバートされているものの、他の選手の休養などの兼ね合いから中堅手や右翼手としても出場(途中で守備位置が変わることも多々あり、1試合で外野3箇所すべてを守ったこともある)しており、外野をどこでも守れるユーティリティプレイヤーとなった。また、休養時などにDHとして出場することがある。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た川崎宗則

    怪我のリスクを最小限に抑える目的から、ヘッドスライディングはほとんどすることはない。一塁へのヘッドスライディングは最も嫌うところであり、これを行った福岡ソフトバンクホークスの川崎宗則に対して苦言を呈したことが、話題になった。盗塁や進塁の際、アウトになる危険性が高いと判断したときには、トップスピードでのスライディングや走塁から急停止して野手のタッチのタイミングを外す高度なフェイントを見せることがある。2005年5月15日のボストン・レッドソックスとの試合では、本塁突入の際にホームベース前で急停止した後、外野からの返球を受けてブロックの体勢に入っていた相手捕手のダグ・ミラベリの背中を飛び越そうとするプレーを見せた他、2012年10月8日のディビジョン・シリーズでのボルチモア・オリオールズとの試合では、アウトのタイミングであったのにもかかわらず相手捕手のマット・ウィータースのタッチを二度もかわして生還するプレーを見せている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た原辰徳

    2009年3月には第2回WBCに出場。大会開幕前の練習試合から全く安打が出ず、大会開幕後も打率.200前後という絶不調の状態に陥り、マスコミなどからはバッシングも受け、"国民の心配事"とまでささやかれた。それでも監督の原辰徳は全試合でイチローを1番に起用し続け、最終的にイチローもそれに応える。決勝の韓国戦で、6打数4安打、延長10回に林昌勇から決勝の2点適時打を放つ活躍で連覇に貢献。大会全体では打率.273(44打数12安打)ながらも最後の最後で日本の連覇に大きく貢献。その後のトロフィー授与式や祝勝会では、普段クールなイチローも笑顔を絶やすことはなかった。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たビートたけしビートたけし

    2003年:ビートたけし(北野武)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た前田智徳

    広島東洋カープの前田智徳とシアトル・マリナーズのケン・グリフィー・ジュニアが憧れである。前田については「真っ先に会いたい」と話しており、1994年のオールスターゲームで対面できた時には、前田に「握手してもらえませんか?」と聞きながら握手を交わし満面の笑みを浮かべていた。背番号「51」から「31」への変更歴は、奇しくも前田のプロ入り時からの変更歴と一致する。一方、グリフィーについては「あこがれの存在」と公言した。寮の自室にそのユニフォームを飾り、打撃フォームもまねていた。1995年のオフにテレビ番組の企画で初対面すると、「腕(の太さ)が倍になったらメジャーを考えます」とグリフィーに約束すると、1999年のマリナーズのキャンプ参加時に再会。休日は一緒にNBAを観戦する姿などが見られた。イチロー フレッシュアイペディアより)

479件中 51 - 60件表示