479件中 61 - 70件表示
  • イチロー

    イチローから見た北野武ビートたけし

    各種メディアでの調査等でも、イチローの高い人気が証明されている。マークスJPによる「最も好きなスポーツ選手」ランキングではあらゆる世代で2位以下を圧倒し1位となった。東京商工会議所が実施した新入社員の意識調査によると、「理想の社長」の項目で北野武と並んで1位、中央調査社による2007年の「最も好きなスポーツ選手」でも1位であった。また、2007年にオリコンが実施した「好きなスポーツ選手」の調査でも男性選手部門で1位、「世界に誇れる日本人」のランキングでも、男性部門で1位となった。2008年に同じくオリコンが実施した「世界で活躍する日本人アスリート」のランキングでは2位以下に圧倒的な差をつけて1位になった。gooによる憧れの理想体型を持つ男性有名人ランキングでも、1位であった。博報堂が行った「アスリートイメージ評価調査」では、「好感が持てるアスリート」で1位となり、総合ランキングでも1位となった。2009年には、学校法人産業能率大学が新入社員を対象に実施した『理想の上司』のアンケートでは、「男性上司」の部門で1位の座に輝いたイチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た稲葉篤紀

    小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。エースで4番として活躍。6年生の時に全国大会に出場。小学3年生の頃から学校から帰ると、父親と近くの公園で野球の練習に明け暮れた。やがて学年が上がるにつれて、それだけでは満足できなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ毎日通い詰めていた。バッティングセンターに通いつめるあまり、普通の球速では満足できなくなり、イチロー用のスプリングを作って、行く前に電話したという。同センターにはイチロー専用8番打席が現在もある。なお、同時期に稲葉篤紀も同じバッティングセンターに通っていた。稲葉は「隣で同い年くらいの奴がめっちゃ速いボールを簡単に遠くまで飛ばしていた」と話している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た山内一弘

    1992年7月11日の対福岡ダイエーホークス17回戦(平和台球場)で、左翼手・村上信一に代わって守備で「鈴木 一朗」として1軍初出場を果たした。翌日の対ダイエー戦で初スタメン出場。木村恵二の放った直球を右翼へ打ち返してプロ初安打を記録した。この年は打率.366でウエスタン・リーグの首位打者を獲得しながらも、土井正三・小川亨などの1軍首脳陣から自身の打法(振り子打法)を否定される。「足の速さを活かしてゴロを打つように」と打撃方法を変更する打診を受けたが拒否、1軍打撃コーチの山内一弘と意見や指導が合わず、シーズン終盤にスタメン起用される機会は増えたものの、一軍に定着することはなかった。同年のジュニアオールスターでは、同点の8回に有働克也から代打決勝本塁打を放ってMVPと賞金100万円を獲得するが、この賞金全額を神戸市の養護施設に寄付した(2軍選手ではイチローが初)。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たランディ・ジョンソン

    また、「51」という背番号を付けることになった時にも、当時のマリナーズでは「背番号51」はランディ・ジョンソン(1989 - 1998年まで在籍)の番号というイメージがファンの間で認識されていたために、「ランディの功績を台無しにする」「ランディを侮辱している」という理由であまり好意的には見られていなかった。その後の活躍で、このことを取り沙汰するファンは誰もいなくなった(最終的に、マリナーズでの背番号51は、ランディ・ジョンソンとの連名での永久欠番になるのではないかといった予想がされるまでになる)。前述の番記者も、シーズン開幕から1か月半後の『シアトル・タイムズ』紙に、「お詫び」のコラムを掲載している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たブラッド・ピット

    映画『マネーボール』では主人公ビリー・ビーン(俳優:ブラッド・ピット)が空港で見た野球中継に僅かな時間写っている。このシーンについて映画のベネット・ミラー監督は「日本人向けのサービスではない」と断った上で「中継カメラがアップで捉えたイチローとそれを見つめるビーンの図は、まるで西部劇の決闘みたいだよね。このときビーンは主力選手を引き抜かれ、新たな選手を獲得したいのにお金がない。ビーンにとってイチローはぜひとも欲しい選手だが、高給取りの彼には手が届かないんだ。イチローはそんな苦しい立場のビーンに脅威を与える“敵”のようにも見える。そんな雰囲気を感覚的に表現してみたかったんだ」と語っている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た小泉純一郎

    小泉純一郎、元首相は、2004年のシーズン最多安打記録樹立時に、「もうすごいの一語に尽きるね。これだけの偉大な選手はもう当分出ないんじゃないかな。天賦の才能に加えて、人一倍の努力。偉大だね。どんな称賛の言葉を言っても、言い過ぎることはない」と褒め称えた。また、今上天皇は、2001年の記者会見で、「イチロー選手を始めとする日本人選手の米国大リーグでの活躍はうれしいことでした」と述べ、2004年の記者会見では、「イチロー選手の大リーグで成し遂げた大きな成果も心に残ることでした」と述べている。2009 ワールド・ベースボール・クラシック後は野球界のみならず政界などの各方面からもイチローを賞賛するコメントが発せられた。キューバのフィデル・カストロ元議長は、決勝戦後に「イチローは世界最高の打者」と語った。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た土井正三

    1992年7月11日の対福岡ダイエーホークス17回戦(平和台球場)で、左翼手・村上信一に代わって守備で「鈴木 一朗」として1軍初出場を果たした。翌日の対ダイエー戦で初スタメン出場。木村恵二の放った直球を右翼へ打ち返してプロ初安打を記録した。この年は打率.366でウエスタン・リーグの首位打者を獲得しながらも、土井正三・小川亨などの1軍首脳陣から自身の打法(振り子打法)を否定される。「足の速さを活かしてゴロを打つように」と打撃方法を変更する打診を受けたが拒否、1軍打撃コーチの山内一弘と意見や指導が合わず、シーズン終盤にスタメン起用される機会は増えたものの、一軍に定着することはなかった。同年のジュニアオールスターでは、同点の8回に有働克也から代打決勝本塁打を放ってMVPと賞金100万円を獲得するが、この賞金全額を神戸市の養護施設に寄付した(2軍選手ではイチローが初)。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た姚明

    『スポーツ・イラストレイテッド』誌では、「イチローを首位打者候補に予想しないのは、タイガー・ウッズを優勝候補から外すのと同じ」と評した。また、同誌は2005年のMLB特集記事において、イチローを「理想の1番打者」と評している。アジア系アメリカ人向けのニュースサイト「goldsea.com」は、2002年に「アメリカで最も感動を与えてくれるアジアのスポーツスター」のランキングを発表すると、姚明(NBAヒューストン・ロケッツ)や野茂英雄らを抑えてイチローを1位に選出した。第1回WBC終了時には、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のコラムニストがイチローを絶賛すると、「イチローを見られるのは、私たちに与えられた特権」と語った。将来の殿堂入りについても言及した。MLB公式サイトは、2009年7月21日にイチローの特集記事を掲載すると、「日本人初の殿堂入りは決まったも同然」と位置付けた。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たバリー・ボンズ

    シスラーの記録は年間154試合制での記録で、イチローは160試合目での記録到達であったため、米国内では少なからず疑問視する見方もあったものの、この記録は内外で高い評価を受け、アメリカでは多くの新聞でその偉業を称える記事が掲載され、『USAトゥデイ』紙にもバリー・ボンズが700号ホームランを打った時以来の全面広告でメジャーリーグ機構が祝福の意を表した。ジョージ・シスラーの記録そのものが「破るのが困難な記録」とされていたこともあり、イチローは史上8人目となるコミッショナー特別表彰を受け(2001年にも球団としてコミッショナー特別表彰を受けており、複数回の受賞を達成したのはイチローが唯一である)、アメリカ野球殿堂には特別ブースが用意された。日本からは正力松太郎賞特別賞が授与された。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た新井宏昌

    公式戦開幕直前、登録名を本名の「鈴木一朗」から「イチロー」に変更(日本人選手として初めてファーストネームでの選手名登録となった)。この年から監督に招聘された仰木彬はイチローの類い稀な打撃センスを見抜くと即座に一軍に呼び、2番打者に抜擢。打法も同年から新しく1軍打撃コーチとなった新井宏昌に理解され、レギュラーとして活躍。4月末から1番打者に定着し、5月から8月にかけて日本プロ野球新記録となる69試合連続出塁を記録した。9月11日には日本プロ野球タイ記録の1試合4二塁打を記録すると同時に、1950年に藤村富美男が作ったシーズン最多安打記録191本に並んだ。次の試合でシーズン最多安打記録を44年ぶりに更新し、同月の122試合目には日本プロ野球史上初、130試合制としては史上唯一となるシーズン200本安打の偉業を達成した。最終的に安打数も210本(当時の日本プロ野球記録、2010年にマット・マートンが214本を記録したため、現在はパ・リーグ記録)まで伸ばし、この活躍で安打数が話題となったため、連盟によって同年から「最多安打」が連盟表彰のタイトルとされた。打率では、プロ野球史上初の4割打者誕生はならなかったものの、130試合制の中で124試合終了時まで3割9分台(.3904)を堅持。最終的にはパシフィック・リーグ新記録となる打率.385(2000年に自ら記録を更新)を残して首位打者を獲得。そのほかにも最高出塁率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・正力松太郎賞を獲得し、打者としては日本プロ野球史上最年少でシーズンMVPを獲得した。イチロー フレッシュアイペディアより)

479件中 61 - 70件表示