661件中 81 - 90件表示
  • イチロー

    イチローから見た松山英樹

    サッカー選手の遠藤保仁は、テレビ番組(『プロフェッショナル 仕事の流儀』2014年1月27日放送回)のなかで、「ものすごい影響を与えられる人が真のプロフェッショナルだと思います。サッカーをしている僕ですら、イチローさんのようになりたいと思うので、その領域まで行きたいなと思っています」と語った。香川真司は、ファンからの質問に答えるイベントのなかで、尊敬している選手を訊かれ、イチローの名前を挙げた。澤穂希は、人生を変えた出会いについて話すなかでイチローの名を挙げた。岡崎慎司は、高校時代からイチローの本を読んでいたという。水泳選手の北島康介は、2008年に春季キャンプ中のイチローを訪問し、「イチローさんは集中力がすごい。アスリートとして尊敬している。種目は違うが刺激を受ける」と話した。テニス選手の錦織圭は、2015年のマイアミ・オープンの会見で、記者からマイアミつながりでマーリンズ所属のイチローについて訊かれ、「いまだに最も偉大な選手だと思います。つまり、日本のスポーツ界で最もビッグな選手です」「彼は本当にフィットしている。体が本当に強い。(イチローから)学ぶことはたくさんあります」と話し、イチローに敬意を示したとマイアミ・ヘラルド紙が報じた。プロゴルファーの松山英樹は、2016年にマーリンズのキャンプ地を訪問している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た柳田悠岐

    シーズン最多安打記録保持者の秋山翔吾は、イチローが1994年に日本記録(当時)を樹立した翌1995年に幼稚園の卒園文集に「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです」と書き記していた。柳田悠岐は、サンフレッチェ広島の本拠地に近いサッカーが盛んな土地で育った。当然のようにサッカーを始めたが、1996年の日本シリーズをテレビで見てイチローのプレーに衝撃を受け、翌年少年野球クラブに入部したという。韓国出身のメジャーリーガー秋信守は、2009年のWBCを前に行われた韓国代表チームの記者会見で、日本代表チームのリーダーであるイチローとの対戦について「イチローは米国でもスーパースター。自分とライバルだと言うのはおかしい」と話し、敬意を表した。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た大谷翔平

    川崎宗則は中学時代にイチローを見て強い衝撃を受け、イチローを真似て左打ちに転向した。川崎は自著のなかで、もし中学時代にイチローと出会っていなかったら野球を辞めていたかもしれないと明かしている。青木宣親は、テレビ番組(『たまッチ!』2012年8月6日放送回)のなかで、MLB移籍1年目の4月に苦しんでいた際、イチローに電話して相談し、アドバイスをもらっていたことを明かした。イチローとメールや電話で連絡を取り合っているという青木は「イチローさんの言葉は僕にはすごく影響力がある」と語っている。内川聖一はイチローと毎年オフに食事をともにする関係で、「考え方とか、いろいろ勉強させてもらっています」と話している。前田健太は子供の頃からイチローに憧れていた。大谷翔平は『徹子の部屋』に出演した際、司会の黒柳から「アメリカの選手で、あの人に投げてみたいという選手いる?」と質問され、イチローと答えている。大谷はイチローと食事した時に「打者としてメジャーに挑戦して」と言われたという。城所龍磨は、イチローと合同自主トレをしたことがある。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た岡田圭右

    芸能人では、ますだおかだの岡田圭右とも親しい。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た矢沢永吉

    『イチロー×矢沢永吉英雄の哲学』(イチロー・矢沢永吉述、ぴあ、2006年7月、ISBN 4835616278)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た稲葉篤紀

    小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。エースで4番として活躍し、6年生の時には全国大会に出場した。小学3年生の頃から、学校から帰宅後に近くの公園で父親と野球の練習をした。学年が上がるにつれて、それだけでは満足できなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ毎日通い詰めていた。3年生の時には速度100キロの球を打っていたという。バッティングセンターに通いつめるあまり、普通の球速では満足できなくなり、イチロー用のスプリングを作って、行く前に電話していた。同センターにはイチロー専用8番打席が現在もある。なお、同時期に年齢が一つ上の稲葉篤紀も同じバッティングセンターに通っていた。稲葉は「隣で同い年くらいの奴がめっちゃ速いボールを簡単に遠くまで飛ばしていた」と話している。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た椎名林檎

    僕らの音楽 -OUR MUSIC-(フジテレビ系。2007年2月23日放送回。椎名林檎との対談)イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た山内一弘

    7月11日の対福岡ダイエーホークス17回戦(平和台球場)で、左翼手・村上信一に代わる守備固めとして1軍初出場を果たした。翌日の対ダイエー戦で初スタメン出場。木村恵二が投げた直球を右翼に打ちプロ初安打を記録した。この年は打率.366でウエスタン・リーグの首位打者を獲得したが土井正三・小川亨などの1軍首脳陣に自身の打法(振り子打法)を批判される。「足の速さを活かしてゴロを打つように」と打撃方法を変更するよう要求されるが拒否、1軍打撃コーチ・山内一弘と意見が合わず、シーズン終盤にスタメンになる事は増えたが一軍に定着することはなかった(土井との関係については土井正三を参照)。同年のジュニアオールスターにて同点である8回に有働克也から代打決勝本塁打を放ってMVPと賞金100万円を獲得し賞金全額を神戸市の養護施設に寄付した。2軍選手ではイチローが初。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たクリス・エバート

    2001年のメジャーデビュー当初、当時マリナーズのチームメイトであったジョン・オルルドは、イチローの打撃について5通りの打ち方をすると評している。1つ目はランニング・ワン・ハンダー(半分走りながら片手で打つ)、2つ目はザ・リーナー(ボールに寄りかかりながら打つ)、3つ目はフィストカフ・スイング(なぐりつけるように流し打つ)、4つ目はチップ・スイング(ゴルフのチップショットのように打つ)、5つ目はパワースイング(力強く引っ張るバッティング)であるという。また、2001年当時打撃コーチであったジェラルド・ベリーは、「彼は5種類のスイングができる。(1)スポイル。難しいストライクをファウルにする。(2)スラップ。軽くたたいて左に流す。(3)ストローク。ボールの下をたたいて中前に落とす。(4)スラム。野手のいない所へ力を入れてシュートする。(5)テニスのクリス・エバートのバックハンド。腕だけでコントロールしてボールをどこへでも運べる」と語り、「だけどね、何でそんなことができるのか、僕にはわからない」と笑って述べている。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たランディ・ジョンソン

    日本人野手がメジャーで通用するのか疑問視する声が日米問わず多かった。当時のマリナーズ監督ルー・ピネラも、「打率は2割8分から3割、盗塁は25から30は稼いでくれるだろう」とそこまで大きな期待はしていなかった。また、背番号51についても、当時のマリナーズではランディ・ジョンソン(1989 - 1998年まで在籍)の番号というイメージがファンの間で認識されていたために、「ランディの功績を台無しにする」「ランディを侮辱している」という理由であまり好意的には見られていなかったが、その後の活躍により、ランディ・ジョンソンとの連名での永久欠番になるのではないかといった予想がされるまでになる。東京在住のアメリカ人ジャーナリストであるロバート・ホワイティングは2000年12月号の文藝春秋にて、「イチロー君大リーグは甘くないぞ」と題して、イチローがMLBでは通用しないことを断言し、「イチロー自身も『あーあ、アメリカにこなければ今ごろはまだ日本のスーパースターでいられたのに』と後悔しているかもしれない。来年の今ごろ、僕がこの誌面で平謝りに謝っているかどうか、忘れずにチェックしてほしい。」と執筆した。イチロー フレッシュアイペディアより)

661件中 81 - 90件表示

「イチロー」のニューストピックワード