前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示
  • ボシュコ・バラバン

    ボシュコ・バラバンから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    2006年9月初旬の深夜にザグレブのクラブで遊んでいたところを発見されたことでスラベン・ビリッチ監督の怒りを買い、同僚のイヴィツァ・オリッチ、ダリヨ・スルナと共にロシアとのUEFA EURO 2008予選初戦に向けた一員から外された。しかし、1ヶ月後に同予選の第2試合アンドラ戦(7-0勝利)で処分された3人の中で唯一バラバンだけが招集された。試合は4得点と活躍したムラデン・ペトリッチに変わり途中出場すると、20秒足らずで得点を挙げ、代表史上最大差勝利タイ記録に貢献した。ボシュコ・バラバン フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2012参加チーム

    UEFA EURO 2012参加チームから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    2012年5月10日、27人の暫定メンバーを発表。5月29日、23人の最終登録メンバー発表(ゴラン・ブラジェヴィッチ、デヤン・ロヴレン、シメ・ヴルサリコ、ニコラ・カリニッチの4選手が外れる)。6月4日、イヴィツァ・オリッチが負傷離脱し、ニコラ・カリニッチが再招集。6月7日、イヴォ・イリチェヴィッチが負傷離脱し、シメ・ヴルサリコが再招集された。UEFA EURO 2012参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • オグニェン・ヴコイェヴィッチ

    オグニェン・ヴコイェヴィッチから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    2007年8月にクロアチア代表に初招集され、10月16日にスロバキアとの親善試合(3-0勝利)でハーフタイムから初出場を飾ると、その僅か2分後に初得点を挙げた。EURO2008予選のマケドニア戦(アウェイ0-2敗北)で試合残り15分からニコ・クラニチャールに代わり公式戦初出場を飾る。EURO2008の一員にも選出され、全4試合中2試合に出場。開催国オーストリアとの開幕戦でイヴィツァ・オリッチと交代で途中出場し、グループリーグ最終戦のポーランド戦で先発フル出場した。チームは両試合に1-0で勝利を収めている。オグニェン・ヴコイェヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • スラベン・ビリッチ

    スラベン・ビリッチから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    2001年11月に古巣ハイデュクの暫定監督に就任し、シーズン終了まで指揮を執った。2004年にはU-21クロアチア代表監督に就任したが、2年後の2006 FIFAワールドカップ後、グループリーグ敗退という結果に終わって解任されたズラトコ・クラニチャール監督の後任としてクロアチアA代表監督に就任。ニコとロベルトのコヴァチ兄弟などのベテランを軸に据え、U-21クロアチア代表から教え子であるルカ・モドリッチ、エドゥアルド・ダ・シルヴァ、ヴェドラン・チョルルカなどを抜擢した。2006年9月には主力のダリヨ・スルナ、イヴィツァ・オリッチ、ボシュコ・バラバンが合宿所を抜け出して夜遊びした事件(フォンタナ事件)が起こったが、規律を重んじて3人を追放した決断は指導者としての評価を高めた。UEFA EURO 2008予選ではイングランド、ロシア、イスラエルなどと同組となったが、9勝2分1敗で全出場国中2位タイの勝ち点を稼ぎ、3位のイングランドに勝ち点6差を付けて本大会出場を決めた。本大会ではドイツ、オーストリア、ポーランドと同組となり、3戦全勝でグループリーグ突破を決めた。トルコと対戦した準々決勝では延長終了間際にクロアチアが先制し、その直後にトルコが追いつくという劇的な試合になったが、PK戦の末に敗れてベスト8に終わった。スラベン・ビリッチ フレッシュアイペディアより)

  • 9月14日

    9月14日から見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    1979年 - イヴィツァ・オリッチ、サッカー選手9月14日 フレッシュアイペディアより)

  • ペトル・チェフ

    ペトル・チェフから見たイビツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    5月19日のバイエルンとの決勝は、ラミレス、ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチ、テリー、ラウール・メイレレスの4人を累積警告で欠いた上、バイエルンのホームフースバル・アレナ・ミュンヘンで行われることもあってバイエルン有利とみられていた。後半38分にトーマス・ミュラーに先制点を奪われるも、後半43分にフアン・マタのCKからドログバのヘディングで土壇場で同点に。延長戦ではアリエン・ロッベンのPKを止めるなど安定したセービングを見せ、試合もPK戦へ突入した。チェルシーの1人目マタがマヌエル・ノイアーに止められるなど一時はリードを許したが、イビツァ・オリッチとバスティアン・シュヴァインシュタイガーのPKを続けざまに防ぎ、最終的にはドログバがネットを揺らして4-3で勝利し初優勝を決めた。リーグ戦6位、シーズン途中での監督交代にも関わらず、2冠で自身の30歳の誕生日を祝った。ペトル・チェフ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・プラニッチ

    ダニエル・プラニッチから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    8月8日、TSG1899ホッフェンハイムとの開幕戦で左サイドバックとしてデビューした。25分にはイヴィツァ・オリッチにマイナス気味のクロスを送って先制点をアシストした。12月のVfLボーフム戦でブンデスリーガ初得点を決めた。2009-10シーズンは左サイドバック、左サイドハーフ、センターハーフなどさまざまなポジションをこなし、準優勝したUEFAチャンピオンズリーグには9試合に出場したが、移籍金に見合った活躍はできず3年間の在籍期間でレギュラー定着はならなかった。ダニエル・プラニッチ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・ゴメス

    マリオ・ゴメスから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    2009年5月、バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表された。移籍金は3000万ユーロで、ブンデスリーガ史上最高額となった。しかし移籍初年度はリーグ戦10得点と、4年連続でのリーグ戦2ケタ得点を記録したものの、トーマス・ミュラーやイヴィツァ・オリッチの活躍に後塵を拝し、リーグ戦で先発出場したのは22試合に留まり、シーズンを通してレギュラーとはならず、期待に応えたとは言えない成績に終わった。マリオ・ゴメス フレッシュアイペディアより)

  • NKディナモ・ザグレブ

    NKディナモ・ザグレブから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    トゥジマンの影響力が消えるとともに税制の優遇は排除され、以前の様な経済力は無くなったが、近年はクロアチア国内から獲得した若手有望選手を育てて売ることで多額の収益を挙げている。2000年代後半だけでもFWエドゥアルド・ダ・シルヴァ(移籍金750万ポンド、アーセナルへ)、DFヴェドラン・チョルルカ(移籍金800万ポンド、マンチェスター・シティへ)、FWイヴィツァ・オリッチ(移籍金500万ユーロ、PFC CSKAモスクワへ)、MFルカ・モドリッチ(移籍金1650万ポンド、トッテナムへNKディナモ・ザグレブ フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルガーSV

    ハンブルガーSVから見たイヴィツァ・オリッチイヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチ 2007.1-2009, 2015-2016ハンブルガーSV フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
15件中 1 - 10件表示

「イビカ・オリッチ」のニューストピックワード