36件中 11 - 20件表示
  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たサッカーイングランド代表

    2002年の日韓ワールドカップでは2試合に出場し、イタリア戦で同点ゴールを決めた。2004年のUEFA欧州選手権では3試合、2006年のドイツワールドカップでは2試合に出場した。2006年9月、ダリヨ・スルナらとともに深夜までパーティを楽しんだとして、代表メンバーから外されたことがあった。2008年のUEFA欧州選手権予選では、ウェンブリー・スタジアムでのイングランド代表戦で得点し、イングランドの本大会行きを阻んだ。本大会ではグループリーグのドイツ戦で得点した。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    2009年夏、バイエルン・ミュンヘンへ移籍した。8月8日、2009-10シーズン第1節のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビューし、ダニエル・プラニッチのクロスに合わせて先制点を決めた。2010年3月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッドFC戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを挙げ、続く4月7日の2ndレグでは3-0とリードされた状態から起死回生のゴールを決め(この後アリエン・ロッベンが決勝点を記録)、バイエルンの準決勝進出に貢献。4月27日の準決勝2ndレグ、リヨン戦ではハットトリックを達成し、チームを決勝へと導いた。最終的にブンデスリーガでは11得点、チャンピオンズリーグでは2位タイの7得点を挙げ、バイエルンの国内2冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。しかし、2010-11シーズンは故障で長期離脱し、2011-12シーズンはユップ・ハインケス監督に重用されず出場機会は少なくなった。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たサッカードイツ代表

    2002年の日韓ワールドカップでは2試合に出場し、イタリア戦で同点ゴールを決めた。2004年のUEFA欧州選手権では3試合、2006年のドイツワールドカップでは2試合に出場した。2006年9月、ダリヨ・スルナらとともに深夜までパーティを楽しんだとして、代表メンバーから外されたことがあった。2008年のUEFA欧州選手権予選では、ウェンブリー・スタジアムでのイングランド代表戦で得点し、イングランドの本大会行きを阻んだ。本大会ではグループリーグのドイツ戦で得点した。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たTSG1899ホッフェンハイム

    2009年夏、バイエルン・ミュンヘンへ移籍した。8月8日、2009-10シーズン第1節のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビューし、ダニエル・プラニッチのクロスに合わせて先制点を決めた。2010年3月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッドFC戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを挙げ、続く4月7日の2ndレグでは3-0とリードされた状態から起死回生のゴールを決め(この後アリエン・ロッベンが決勝点を記録)、バイエルンの準決勝進出に貢献。4月27日の準決勝2ndレグ、リヨン戦ではハットトリックを達成し、チームを決勝へと導いた。最終的にブンデスリーガでは11得点、チャンピオンズリーグでは2位タイの7得点を挙げ、バイエルンの国内2冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。しかし、2010-11シーズンは故障で長期離脱し、2011-12シーズンはユップ・ハインケス監督に重用されず出場機会は少なくなった。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たロシアサッカー・プレミアリーグ

    2003年、ロシアリーグのPFC CSKAモスクワに移籍すると徐々に調子を上げ、2005年には10得点した。この年にはUEFAカップを勝ち取った。CSKAモスクワ在籍中に3度のリーグ制覇と2度のスーパーカップ制覇を成し遂げた。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たハンブルガーSV

    2007年1月、ドイツのハンブルガーSVに移籍し、1月31日のエネルギー・コットブス戦でデビューした。10月のVfBシュツットガルト戦では、クラブ史上初となる45分間でのハットトリックを決めた。2008年に行われたアーセナルFC主催のエミレーツ・カップではユヴェントス戦でロスタイムに2得点を挙げ、優勝した。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見た2009年

    2009年夏、バイエルン・ミュンヘンへ移籍した。8月8日、2009-10シーズン第1節のTSG1899ホッフェンハイム戦でデビューし、ダニエル・プラニッチのクロスに合わせて先制点を決めた。2010年3月30日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッドFC戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを挙げ、続く4月7日の2ndレグでは3-0とリードされた状態から起死回生のゴールを決め(この後アリエン・ロッベンが決勝点を記録)、バイエルンの準決勝進出に貢献。4月27日の準決勝2ndレグ、リヨン戦ではハットトリックを達成し、チームを決勝へと導いた。最終的にブンデスリーガでは11得点、チャンピオンズリーグでは2位タイの7得点を挙げ、バイエルンの国内2冠とチャンピオンズリーグ準優勝に貢献した。しかし、2010-11シーズンは故障で長期離脱し、2011-12シーズンはユップ・ハインケス監督に重用されず出場機会は少なくなった。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たVfLヴォルフスブルク

    イヴィツァ・オリッチ(Ivica Olić, 1979年9月14日 - )は、クロアチア出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。ドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルク所属。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    イヴィツァ・オリッチ(Ivica Olić, 1979年9月14日 - )は、クロアチア出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。ドイツ・ブンデスリーガのVfLヴォルフスブルク所属。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見た2002 FIFAワールドカップ

    2002年の日韓ワールドカップでは2試合に出場し、イタリア戦で同点ゴールを決めた。2004年のUEFA欧州選手権では3試合、2006年のドイツワールドカップでは2試合に出場した。2006年9月、ダリヨ・スルナらとともに深夜までパーティを楽しんだとして、代表メンバーから外されたことがあった。2008年のUEFA欧州選手権予選では、ウェンブリー・スタジアムでのイングランド代表戦で得点し、イングランドの本大会行きを阻んだ。本大会ではグループリーグのドイツ戦で得点した。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「イビカ・オリッチ」のニューストピックワード