イラク戦争 ニュース&Wiki etc.

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「イラク戦争」のつながり調べ

  • M-84

    M-84から見たイラク戦争

    この他、中東方面へも輸出された。湾岸戦争においては戦前に発注されていた発展型のM-84ABがサウジアラビアに逃れたクウェート軍に配備された。湾岸戦争前にも一部が到着済みであったが、進攻したイラク軍により破壊された。新たに供給されたM-84ABは、本国奪還のためイラク軍と戦った。のちに、イラク戦争後の新生イラク軍にも配備されている。リビアとシリアにも輸出される予定であったが、実現しなかった。(M-84 フレッシュアイペディアより)

  • モジャーヘディーネ・ハルグ

    モジャーヘディーネ・ハルグから見たイラク戦争

    1979年、イラン革命で重要な役割を果たしたものの、後にはアボルハサン・バニーサドル初代大統領の国外脱出を支援するなどルーホッラー・ホメイニーが指導するイスラム共和制に反対する立場に転じ、モハンマド・アリー・ラジャーイー大統領を暗殺するなど政権へのテロリズム・ゲリラ活動を開始。1980年から1988年のイラン・イラク戦争においては「敵の敵は味方」とばかりにサッダーム・フセインの庇護を受けてイラクの側に立って参戦した(このためイラン国内では売国奴視されるようになった)。イラクではバグダードの北にあるを軍事拠点として、約5000名の兵力を有していた(特に女性の兵士が目立った)。しかし2003年のイラク戦争によって、この最大の拠点を失った。それでもイランで最大の反体制組織とみられており、イランの民主化・社会主義化、イスラーム共和制の打倒と世俗主義化、女性の地位向上などを求める活動を政治部門である「イラン国民抵抗評議会(NCRI)」を中心に行っている。(モジャーヘディーネ・ハルグ フレッシュアイペディアより)

「イラク戦争」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「イラク戦争」のニューストピックワード