前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1150件中 1 - 10件表示
  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たイラク戦争イラク戦争

    航空機が使用された史上最大の規模のテロ事件であり、全世界に衝撃を与えた。その後、アメリカ軍は報復としてアフガニスタン紛争、イラク戦争を行った。また、航空機のマンハッタン高層ビルへの大規模衝突事件としては、1945年のエンパイア・ステート・ビルディングへのB25激突事故以来となった。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • 共和党 (アメリカ)

    共和党 (アメリカ)から見たイラク戦争イラク戦争

    外交政策において冷戦期は戦略防衛構想など積極的な軍拡を行い、また冷戦後は介入主義の立場を取り、湾岸戦争、ソマリア内戦、コソボ紛争、最近ではアフガン侵攻やイラク戦争を起こし参戦した。レーガン政権からいわゆるネオコン勢力が一定の主導権を握り始めたことも外交政策に影響を与えている。ネオコンと呼ばれる人々にはユダヤ系が多く、この勢力は中東地域での軍事行動に積極的であり、イスラエルの対アラブ諸国・対パレスチナの武力行使についても肯定する。特にゴールドマン・サックスなどユダヤ系大企業から巨額の献金を受けているので極端にイスラエル寄りである。クリントン政権が進めていた中東和平プロセスはジョージ・W・ブッシュ政権になってから事実上崩壊し、同政権はイスラエルのガザ侵攻やレバノン侵攻などの侵略行為を黙認し続けた。共和党 (アメリカ) フレッシュアイペディアより)

  • イラク武装解除問題

    イラク武装解除問題から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク武装解除問題(イラクぶそうかいじょもんだい)とは、湾岸戦争停戦に際して、停戦条件として国際連合安全保障理事会によって大量破壊兵器の破棄を義務付けられたイラクと、他の諸国の間に生まれた緊張関係を指す。この記事では湾岸戦争停戦後の1991年からイラク戦争が勃発する2003年までの事件を記す。イラク武装解除問題 フレッシュアイペディアより)

  • キャズム

    キャズムから見たイラク戦争イラク戦争

    モチーフとしては、反戦への思いが強く現れている。坂本龍一は、地雷除去キャンペーンなどで反戦をすでに表明していたが、自宅のあるニューヨークで9.11アメリカ同時多発テロ事件を間近に経験し、その後に続くイラク戦争にも強い懸念を抱いていた。反戦の理想と現実の狭間に生じる怒り、悲しみ、挫折、不安、そして希望といったものが坂本龍一なりに表現されている。キャズム フレッシュアイペディアより)

  • イスラム情勢板

    イスラム情勢板から見たイラク戦争イラク戦争

    テロがおさまったあとはイラク戦争やパレスチナ問題を話題にしたスレが目立つ。イスラム情勢板 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊インド洋派遣

    自衛隊インド洋派遣から見たイラク戦争イラク戦争

    当初は2年間の時限立法に基づく派遣であったが、イラク戦争などで中東情勢が変化した為、政府は数度にわたって特措法を延長し活動を行ってきた。自衛隊インド洋派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 軍事用ロボット

    軍事用ロボットから見たイラク戦争イラク戦争

    特に、アメリカでは、ベトナム戦争の人的被害の大きさから国民に厭戦気分が蔓延し、最終的に撤退してしまったという教訓から、この分野に熱心である。アフガニスタン攻撃やイラク戦争、その後の治安安定化作戦に於いて、数々の無人兵器を実戦投入し、効果を挙げている。軍事用ロボット フレッシュアイペディアより)

  • イラクの文化

    イラクの文化から見たイラク戦争イラク戦争

    サッカーはイラクで最も人気のあるスポーツである。サッカーはイラク戦争後の復興の中で、国全体の連帯感を構築する要素と考えられている。バスケットボール、水泳、重量挙げ、ボディビル、ボクシング、キックボクシング、テニスなども人気のあるスポーツである。イラクの文化 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年アメリカ合衆国大統領選挙

    2008年アメリカ合衆国大統領選挙から見たイラク戦争イラク戦争

    経済対策としてオバマは社会保障の充実などでの貧困層への所得移転による購買力増強を掲げるのに対し、マケインは投資・企業活動の活性化、沖合油田開発の解禁と原発推進によるエネルギーコストの軽減を主張する。イラク戦争についてオバマは早期撤兵を主張するのに対して、マケインは撤兵時期を公表することは戦略上危険であるとする。ネガティブ・キャンペーンとしては、マケイン陣営はオバマの経験不足と発言の揺れに焦点を合わせた他、増税への危惧、オバマの地域活動家時代の同僚に過激派がいたことなどを挙げる。一方オバマ陣営は、マケインは不人気なブッシュ政権と変わり映えがしないMcSameであるとし、またマケインの政策は富裕層の優遇であり、マケインが自身の保有する邸宅の数を覚えていない金持ちであることを挙げる。さらにオバマを経験不足とするマケインが国政経験のない1期目知事のペイリンを副大統領候補に指名したことを批判する。2008年アメリカ合衆国大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ストップ・ロス/戦火の逃亡者

    ストップ・ロス/戦火の逃亡者から見たイラク戦争イラク戦争

    戦場の兵士不足を補うためにアメリカ政府が兵士の兵役期間を強制的に延長できる制度「ストップ・ロス (Stop-Loss)」を適用され、再びイラクに向かわされることになった青年が脱走兵となりながらも、理不尽な制度に立ち向かう姿を描いた社会派の戦争映画である。ストップ・ロス/戦火の逃亡者 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1150件中 1 - 10件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード