1405件中 91 - 100件表示
  • T-55

    T-55から見たイラク戦争イラク戦争

    湾岸・イラク戦争でも中国製と合わせイラク軍の主力戦車として使用された。長い間内戦状態にあったアフガニスタンでは、ターリバーンや北部同盟など各勢力が各々T-55/54を運用しており、アメリカのアフガニスタン侵攻の際、メディアに幾度となく登場することとなった。現在も世界各地の紛争地で、T-55の姿を見る機会は多い。T-55 フレッシュアイペディアより)

  • 小林弘裕

    小林弘裕から見たイラク戦争イラク戦争

    小林 弘裕(こばやし ひろやす、1955年4月27日 - )は日本の外交官。イラク戦争下での外務省サマーワ事務所長、長野県警察本部長などを経て、駐イラン特命全権大使。小林弘裕 フレッシュアイペディアより)

  • ハート・ロッカー

    ハート・ロッカーから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争中の2004年、バグダッド郊外。アメリカ軍の危険物処理班は、路上に仕掛けられた「即席爆発装置(IED)」と呼ばれる爆弾の解体、爆破の作業を進めていた。だが、準備が完了し彼らが退避しようとしたその時、突如爆発を起こす。ハート・ロッカー フレッシュアイペディアより)

  • 渡部 陽一

    渡部陽一から見たイラク戦争イラク戦争

    過去には、平均して1年の半分は海外に滞在して仕事をしており、ルワンダ紛争、コソボ紛争、チェチェン紛争、ソマリア内戦、イラク戦争など、130の国と地域の紛争地域を取材している。EMBED(従軍記者)として紛争地域に赴く。雑誌、テレビ番組などで作品を配信しているほか、ラジオ番組でも現地から直接リポートをしている。渡部陽一 フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見たイラク戦争イラク戦争

    2001年の9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件以降、その保守傾向はますます強くなり、元軍人である父親を尊敬し、自身も軍事基地などで慰問コンサートを開くトビー・キース(Toby Keith)の"Courtesy of the Red, White and Blue (The Angry American)" や"American Soldier" 、イラク戦争開戦前後に、反戦派に対して「もう忘れたのかい? あの日の怒りと悲しみを・・・・・。」とアメリカ同時多発テロ事件を持ち出して戦争支持を主張するダリル・ウォーリー(Darryl Worley)の"Have You Forgotten? " などがリリースされ、それぞれ大ヒットとなる。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • イラクサッカー協会

    イラクサッカー協会から見たイラク戦争イラク戦争

    イラクサッカー協会が組織するサッカーイラク代表は、ガルフカップ優勝3回。1980年のモスクワ五輪、1984年のロサンゼルス五輪、1986年のメキシコW杯に出場するなど1970年代後半から80年代半ばにかけてアジア最強の一角を占めていたが、1980年から8年間続いたイラン・イラク戦争、1991年の湾岸戦争とその後の国際的経済制裁さらに2003年のイラク戦争の影響でサッカーを取り巻く環境が著しく悪化した。イラクサッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • チャレンジャー2

    チャレンジャー2から見たイラク戦争イラク戦争

    コソボ紛争やボスニア・ヘルツェゴビナ紛争、イラク戦争などに参戦。2035年まで運用する予定と発表されている。オマーンでも採用され、中東向け輸出仕様のチャレンジャー2Eと呼ばれる改良型も存在する。チャレンジャー2 フレッシュアイペディアより)

  • バグダード

    バグダードから見たイラク戦争イラク戦争

    バグダードは、2003年3月のイラク戦争でアメリカ合衆国・イギリス両国を主力とする軍の攻撃を受け、同年4月に制圧されたのち、連合国暫定当局(CPA)本部が置かれた。その後、2004年6月にはイラク暫定政権への主権移譲がなされ、イラク移行政府を経て2006年にはイラク正式政府が成立し、現在に至っている。バグダード フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・ワシントン (空母)

    ジョージ・ワシントン (空母)から見たイラク戦争イラク戦争

    2004年に地中海からインド洋に入りイラク戦争終結後の海上検査作戦などの警戒活動に行う。4月18日第131戦闘攻撃飛行隊のF/A-18Cがイラク北部のキルクークに潜伏するテロリストに対する精密爆撃と機銃掃射攻撃を実施した。これは、イラク戦争終結以降空母による最大の攻撃作戦でもあった。ジョージ・ワシントン (空母) フレッシュアイペディアより)

  • 軍犬

    軍犬から見たイラク戦争イラク戦争

    犬を軍事目的に飼いならすことは古代より行われており、人間より優れた視覚や嗅覚を用いた警戒・捜索・探知能力や、直接的な攻撃能力は重宝されてきた。日本の歴史上では南北朝時代に、越前国鷹巣城(現・福井県高須山)攻防戦に於いて、南朝方の武将・畑時能が愛犬「犬獅子」を偵察犬として用いた逸話が『太平記』に記録されており、戦国時代には武蔵国の武将・太田資正が、「三楽犬」と称した多数の犬を城郭間の伝令犬として用いた記録が『関八州古戦録』や『甲陽軍鑑』に記述されている。近代以降でも、その能力は高く評価されており、第一次世界大戦、第二次世界大戦、湾岸戦争、イラク戦争でも投入されている。20世紀前半では、化学戦にも対応できるように軍用犬向けのガスマスクも装備されていた時期があった。軍犬 フレッシュアイペディアより)

1405件中 91 - 100件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード