1150件中 91 - 100件表示
  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たイラク戦争イラク戦争

    対テロ戦争の動きは更に、イラン、イラク、北朝鮮の3ヵ国をテロ支援国家であるとするブッシュ米大統領の「悪の枢軸発言」に発展し、2003年3月にはイラク戦争が始まった。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • WWE

    WWEから見たイラク戦争イラク戦争

    政治思想的には共和党支持を掲げており極右色が強く、アメリカのイラク攻撃に賛同し、アメリカ軍の駐屯地へ赴き慰問興行も行っている。アメリカに敵対する国に対する当てつけとして、その国に倣ったギミックの選手がヒールとして登場することも多い。湾岸戦争の際はサージェント・スローターがフセインの友人というギミックで登場し、イラク戦争の際にはイラク攻撃に反対したフランスに対する当てつけとして反米フランス人ギミックのラ・レジスタンスが登場し、数年後には同時多発テロ以降差別に苦しむアラブ系アメリカ人のモハメド・ハッサンが登場した。WWE フレッシュアイペディアより)

  • 自由のフライ

    自由のフライから見たイラク戦争イラク戦争

    自由のフライ(freedom fries)は2003年頃にアメリカ合衆国(米国)で一時期流行ったフライドポテトの別名。米国ではフライドポテトをフレンチフライ(french fries, たっぷりの油で揚げた物の意)というが、当時フランスが米軍のイラク侵攻に反対したことに気を悪くした一部の米国民が不買運動など反仏活動の一環としてフレンチフライを「自由のフライ」と言い換えた。自由のフライ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領のドクトリン

    アメリカ合衆国大統領のドクトリンから見たイラク戦争イラク戦争

    ニクソン政権は、イランやサウジアラビアへの軍事援助を通じて、ペルシャ湾岸地域でもドクトリンを行使し、これらのアメリカの同盟国はこの地域における平和と安定を確保する責任を引き受けた。「血と油:アメリカの石油外交の危険性とその後(2004年、ニューヨークのヘンリー・ホルト社刊)」の著者マイケル・クレアによれば、ニクソン・ドクトリンの行使はアメリカのペルシャ湾岸地域の同盟国への軍事援助というカーター・ドクトリンとその後の湾岸戦争とイラク戦争というアメリカの直接軍事介入の「水門の扉を開いた」という。アメリカ合衆国大統領のドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・ラムズフェルド

    ドナルド・ラムズフェルドから見たイラク戦争イラク戦争

    ジェラルド・R・フォードのもとで1975年から第13代国防長官を務めた。また、第43代大統領ジョージ・W・ブッシュのもとで、2001年1月20日から2006年12月18日まで第21代国防長官を務めた。イラク戦争ではブッシュ政権内で終始強硬な攻撃論を主張した。ドナルド・ラムズフェルド フレッシュアイペディアより)

  • 狙撃手

    狙撃手から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争では、米軍及び多国籍軍の狙撃兵に賞金が懸けられ、現地武装勢力に手配された。その為、現地住民の監視等で行動に制約を受け、常に危険にさらされる状況が生じ、一般兵との見分けが付かないよう行動することが求められたという。狙撃手 フレッシュアイペディアより)

  • 英国放送協会

    英国放送協会から見たイラク戦争イラク戦争

    この制度により、政府や企業の力に屈しない公正な放送を行えるとされ(BBC自身もニュースの合間にそのようなCMを流している)、第二次世界大戦中もイギリス軍を「我が軍」とは呼ばず、アメリカ同時多発テロ事件を「テロ」でなく「攻撃」と報道した。ただし、米英連合軍によって開始されたイラク戦争を(イギリスの存在を消した)American invasion of Iraq(アメリカのイラク侵攻)と言い換えて報道したり、インドのムンバイ同時多発テロ事件では「テロ」と報道したりした点から、その立場は一定ではないと見なされている。英国放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・コシミズ

    リチャード・コシミズから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争は、サダム・フセイン氏が原油売買の決済通貨を従前のドルからユーロに切り替える決定をしたことに対し、世界の基軸通貨としてのドルの価値下落を危惧した権力者がフセイン排除の口実を求めて仕掛けた。日本は売国奴の働きによって100億ドル(約1兆3000億円)もの巨費をこの戦争について米国に上納した。また、上記の大イスラエル帝国はイラクの領土も含まれるため、この戦争は帝国を建国するための布石でもあるとしている。この説の根拠についてはイラク戦争、サダム・フセインの項目を参照。リチャード・コシミズ フレッシュアイペディアより)

  • 綿井健陽

    綿井健陽から見たイラク戦争イラク戦争

    綿井 健陽(わたい たけはる、1971年 - ) は、大阪府出身のフリージャーナリスト、映画監督。アジアプレス・インターナショナル所属。主たる取材テーマは戦争被害・人権であり、イラク戦争報道により、「ロカルノ国際映画祭」人権部門・最優秀賞を受賞、2003年度「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞、2003年度「ギャラクシー賞」報道活動部門、2005年「JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞」大賞などを受賞。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、アジアプレス・インターナショナル、アジア記者クラブ会員。綿井健陽 フレッシュアイペディアより)

  • T-55

    T-55から見たイラク戦争イラク戦争

    湾岸・イラク戦争でも中国製と合わせイラク軍の主力戦車として使用された。長い間内戦状態にあったアフガニスタンでは、ターリバーンや北部同盟など各勢力が各々T-55/54を運用しており、アメリカのアフガニスタン侵攻の際、メディアに幾度となく登場することとなった。現在も世界各地の紛争地で、T-55の姿を見る機会は多い。T-55 フレッシュアイペディアより)

1150件中 91 - 100件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード