1150件中 11 - 20件表示
  • 無人航空機

    無人航空機から見たイラク戦争イラク戦争

    MQ-1 プレデターなど武装した無人航空機が世界で数多く登場しており、アフガニスタン紛争、イラク戦争などで実戦投入されている。主な任務は対地攻撃だがイラク戦争では有人機との空中戦に用いられたケースもある。無人航空機 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たイラク戦争イラク戦争

    オーストラリアは、1901年にイギリスから事実上の独立をしたが、独立後もイギリス国王への忠誠からイギリスの戦争には度々参加した。第一次世界大戦ではオーストラリア・ニュージーランド軍団 (ANZAC) として英仏軍と共にガリポリの戦いに参加し、オスマン帝国軍との激戦を経験した。ANZAC軍のガリポリ上陸記念日である4月25日はANZACの日として国民の祝日となっている。第二次世界大戦では日本軍の爆撃や特殊潜航艇によるシドニー港攻撃を受け、ニューギニアやボルネオで日本軍と戦い、日本占領にも参加した。戦後、ヨーロッパからの白人移民は減り続け、国力となる人口増加は鈍った。そこで1980年代からは白豪主義を撤廃し、世界中から移民を受け入れることとし、「多文化主義」へと移行した。ベトナム戦争にも積極的に参加し、アメリカと共に戦い、その後ベトナム難民を数多く受け入れた。1975年、ニューギニア信託統治地域がパプアニューギニアとして独立した。2003年のイラク戦争にも参加した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • T-72

    T-72から見たイラク戦争イラク戦争

    1980年代にはイラクに対しチェコスロバキアやポーランド、ソ連がT-72の完成品を輸出した。後には、半完成部品をイラクで組上げるノックダウン生産も行われ、自称「国産型」の"Assad Babyl“(バビロンのライオン)と命名された。またイラン・イラク戦争で使用した直輸入品のT-72の砲身寿命が短く、ソ連からの交換部品の供給も滞ったことから、イラク国内に砲身工場を作ることになり、これがライセンス生産化の始まりであったという。なおユーゴスラビア型のM-84はクウェートに輸出され湾岸戦争でイラクに対する戦闘に使用され、後にイラク戦争後の新生イラク軍(イラク治安部隊)にも導入されている。T-72 フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たイラク戦争イラク戦争

    2003年3月、フセイン政権はアメリカとのイラク戦争に敗れ、バアス党政権に終止符が打たれた。イラク フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国

    アメリカ合衆国から見たイラク戦争イラク戦争

    2002年には、イラン、イラク、北朝鮮を「悪の枢軸」や「テロ支援国家」と名指しで非難し、世界規模での「テロとの戦い」を宣言した。2003年3月には、イラクをテロ支援と大量破壊兵器保有を理由にイラク戦争に踏み切ったが、大量破壊兵器は見つからず「石油を狙った侵略行為」と批判する声があがった。ジョージ・W・ブッシュ大統領はイラクの大量破壊兵器保有の情報が誤りであったことを認めた。アメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • ディック・チェイニー

    ディック・チェイニーから見たイラク戦争イラク戦争

    アメリカのハリバートン社の経営にも1995年-2000年までCEOとして参加していた。ハリバートンは世界最大の石油掘削機の販売会社であり、イラク戦争後のイラクの復興支援事業や、アメリカ軍関連の各種サービスも提供していることから、湾岸戦争とイラク戦争で巨額な利益を得た。なおチェイニーは、この会社の最大の個人株主でもある。ディック・チェイニー フレッシュアイペディアより)

  • 名誉勲章

    名誉勲章から見たイラク戦争イラク戦争

    名誉勲章は1973年のベトナム撤退以降その全ては戦死後の授与(追贈)となっていた。例えば、ランディ・シュガート一等軍曹とゲイリー・ゴードン曹長の2人(いずれも陸軍デルタフォース所属)は、1993年のモガディシュの戦闘で墜落したUH-60 ブラックホークのパイロット、マイケル・デュラント陸軍准尉の救助活動中に戦死し、その功績に対して授与された。また、イラクの自由作戦において初の名誉勲章受章者となったポール・R・スミス一等軍曹は、同作戦展開中の2003年4月、バグダッド国際空港での攻防戦において負傷者の撤退を支援するため、ほぼ単独で50名以上のイラク兵を倒した功績に対して授与された。ジェイソン・ダンハム伍長は2004年4月、敵から投げつけられた手榴弾の爆発から僚友を救うために、とっさの判断で手榴弾にヘルメットを被せ、その上に自分自身の体を乗せることで爆発の拡大を防いで戦死、その功績に対して2007年1月11日にジョージ・W・ブッシュ大統領より授与された。名誉勲章 フレッシュアイペディアより)

  • スペインの歴史

    スペインの歴史から見たイラク戦争イラク戦争

    2002年 - 7月、。9月、ホセ・マリア・アスナール首相イラク戦争を非常任理事国として支持。スペインの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たイラク戦争イラク戦争

    新世紀となった2001年(平成13年)にイスラム過激派がアメリカ同時多発テロ事件を起こして、自爆テロと対テロ戦争が吹き荒れた時代となった。アメリカ一極体制の下に悪の枢軸(イラク・イラン・北朝鮮)を名指してイラク戦争やアフガニスタン紛争など対テロ戦争を主導したアメリカは泥沼化でしだいに苦境に追い込まれていく。資源価格の高騰により、アラブ首長国連邦などの資源国やブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)・南アフリカ共和国(South Africa)のBRICs諸国が台頭した。日本では小泉内閣が聖域なき構造改革と称して政治改革や経済構造のアメリカナイゼーションを一層強めた。輸出産業の好転によって一時的に経済状況が好転したが、富裕層や外需関連業種を除いて景気回復の実感はなく、格差社会の到来が叫ばれた。一方、中国の経済発展により、日本の最大貿易相手国がアメリカから中国に変わった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーマニズム宣言

    ゴーマニズム宣言から見たイラク戦争イラク戦争

    『戦争論』内において、元日本兵の弁護の為小林は大東亜戦争(太平洋戦争)における日本の軍事行動を自存自衛として肯定、大東亜共栄圏を肯定、南京大虐殺をほぼ「なかった」論を展開して論争を巻き起こした。続く『戦争論2』では同時多発テロを非難するならばアメリカの空爆も非難されるべきだと問題提起。それまで小林の言動を支持していた親米保守派の中から、一転批判に転じる者もあった。小林も親米保守派をポチ保守と批判し、これ以降「真正保守」を自認する立場から反米の立場を取る。イラク戦争後に発売された『戦争論3』ではさらに反米色を強め、アングロサクソンの歴史的残虐性を指摘。日本とアメリカの対決は運命であったと主張。『戦争論』シリーズはこの3をもって完結。イラク戦争に関しては、アメリカ追従の言論人を批判し、独立自尊の精神を持てと主張した。それにより親米派が大半である保守系右派の言論人と袂を分かち、手厳しく批判している。ゴーマニズム宣言 フレッシュアイペディアより)

1150件中 11 - 20件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード