1405件中 31 - 40件表示
  • オーストラリア

    オーストラリアから見たイラク戦争イラク戦争

    戦後はヨーロッパが人口激減と経済復興を経験したこともあり、白人移民は減り続けた。国力の基礎となる人口増加が鈍化したため、1980年代からは白豪主義を撤廃し、世界中から移民を受け入れる「多文化主義」へと移行した。朝鮮戦争やベトナム戦争にも積極的に参加し、アメリカと共に戦い、その後ベトナム難民を数多く受け入れた。1975年、ニューギニア信託統治地域がパプアニューギニアとして独立した。英米と協同歩調を取った2003年のイラク戦争にも参加した。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • T-72

    T-72から見たイラク戦争イラク戦争

    T-72は、旧共産主義圏にて、1970年代からソ連崩壊の1991年までもっとも多く使われた戦車であり、ワルシャワ条約機構加盟国以外にもフィンランド・イラン・イラク・シリアなどにも輸出され、インドやユーゴスラビアなど他の多くの国でもライセンス生産やコピー品が作られた。当時ワルシャワ条約機構に所属していたポーランドとチェコスロバキアでもライセンス生産されたが、オリジナルより装甲面などで性能が低下した代物だった。例えば、ポーランドで生産されたT-72Gはソ連軍のT-72では複合装甲だった砲塔前半部が410mmの通常装甲となっていた。ソ連でも1990年までに自国製の輸出用モデルが開発され、アラブ諸国を中心に大量輸出した。これもやはり装甲や砲弾の威力などが大幅スペックダウンした、いわゆるモンキーモデルであった。80年代にはイラクに対しチェコやポーランド、ソ連がT-72完成品を輸出。後には、半完成部品をイラクで組上げるノックダウン生産も行われ、自称「国産型」の"Assad Babyl"(バビロンのライオン)と命名された。またイラン・イラク戦争で使用した直輸入T-72の砲身寿命が短く、ソ連からの交換部品の供給も滞ったことから、イラク国内に砲身工場を作ることになり、これがライセンス生産化の始まりであったという。なお、ユーゴスラビア型のM-84はクウェートに輸出され湾岸戦争で対イラク戦に使用され、後にイラク戦争後の新生イラク軍(イラク治安部隊)にも導入されている。T-72 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マケイン

    ジョン・マケインから見たイラク戦争イラク戦争

    著名な海軍提督の祖父と父を持ち、マケイン自身もアメリカ合衆国海軍航空士官としてベトナム戦争に従軍。1967年にハノイ市上空を飛行中に撃墜され、5年間に渡ってハノイ市のホアロー捕虜収容所(別名:ハノイ・ヒルトン)で、ベトナム民主共和国の捕虜となった。最初の2年は北ベトナム兵から厳しい拷問を受けながらも、拷問に耐えたエピソードで英雄視されており、その人気から2008年のアメリカ大統領選挙では共和党の大統領候補として指名を受けた。息子はアメリカ合衆国海兵隊に所属し、イラク戦争に出征している。ジョン・マケイン フレッシュアイペディアより)

  • 三浦瑠麗

    三浦瑠麗から見たイラク戦争イラク戦争

    東京大学理科I類ではクラス50人中女子は2人しかいなかったため、男子学生とは話も合わず試験プリントが回ってこないこともあり、自然とキャンパスから足が遠のいていったという。その後、地球環境問題を学ぶために農学部地域環境工学専修を専攻。しかし、想像していた勉強と違っていたため進路を考えるために留年。他学部の授業を受けているうちに船橋洋一ゼミで政治学に関心を持ち、文系に転身して公共政策学教育部専門職学位課程に1期生として入学。その頃に始まったイラク戦争で、アメリカの軍人たちが反対していたことに興味を持ち、博士論文でシビリアンコントロールの研究を始める。三浦瑠麗 フレッシュアイペディアより)

  • 対テロ特別班

    対テロ特別班から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争でクウェートに近いバスラ県に潜入し、大統領警護隊と戦った経験がある。戦闘で女子供を巻き添えにしたことで軍法会議にかけられそうになった。そのためか、人権屋嫌いで共和党びいきである。対テロ特別班 フレッシュアイペディアより)

  • 特別共和国防衛隊

    特別共和国防衛隊から見たイラク戦争イラク戦争

    特別共和国防衛隊(????? ???????? ??????? ?????,アル=ハリス・アル=ジュムフーリー・アル=ハーッス)は、フセイン政権時代の旧イラク軍の最精鋭部隊の名称。湾岸戦争後に非ティクリート系の共和国防衛隊の反乱が発生し、共和国防衛隊には信を置けなくなったため、1992年(別情報によれば1995年)に改めて創設された。イラク戦争でイラク軍の主力戦力となって戦い、戦争終結後解体された。特別共和国防衛隊 フレッシュアイペディアより)

  • ナイトライン

    ナイトラインから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争では、当時63歳のコッペル自身が陸軍第3歩兵師団に従軍取材。戦争開始から1年経った2004年4月、イラク戦争で死亡したアメリカ兵全員の名前を読み上げるだけの番組を放送し、議論を招いた。ナイトライン フレッシュアイペディアより)

  • イラク統治評議会

    イラク統治評議会から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク統治評議会(مجلس الحكم العراقي マジュリス=ル=フクム=ル=イラーキー)は、対米戦争後のイラクの暫定統治を行なったイラク人による初の機関。アメリカ軍の占領下において、新政府が樹立されるまでの統治や大臣・大使の任命、新憲法制定などを行なった。イラク統治評議会 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年イギリス総選挙

    2005年イギリス総選挙から見たイラク戦争イラク戦争

    前回行われた2001年7月の総選挙以来4年ぶりに行われた選挙で、低失業率や堅調な個人消費で好調な英国経済の中、労働党のブレア首相が5年ある下院議員の任期を一年前倒しする形で下院を解散して行われた。2003年に勃発したイラク戦争への参戦の是非などが主な争点として争われた。選挙の結果、労働党は結党以来初めてとなる3期連続の政権を維持することには成功したが、前回より40議席以上も議席を減らす結果となった。2005年イギリス総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ターハー・ヤースィーン・ラマダーン

    ターハー・ヤースィーン・ラマダーンから見たイラク戦争イラク戦争

    ターハー・ヤースィーン・ラマダーン・アッ=ジズラーウィー(طه ياسين رمضان الجزراوي Tāhā Yāsīn Ramadān al-Jizrāwī, 1938年2月22日 - 2007年3月20日)は、イラクの元政治家で、第1副首相(1979年-1991年)、副大統領(1991年-2003年)。日本の報道等では「ラマダン(元)副大統領」と呼ばれることが一般的である。2003年に開始されたイラク戦争により、サッダーム・フセイン政権が崩壊した後に拘束され、シーア派アラブ人市民の虐殺に関与したとして裁判にかけられ、死刑判決を受けて処刑された。ターハー・ヤースィーン・ラマダーン フレッシュアイペディアより)

1405件中 31 - 40件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード