1405件中 41 - 50件表示
  • リチャード・マイヤーズ

    リチャード・マイヤーズから見たイラク戦争イラク戦争

    リチャード・ボウマン・マイヤーズ(Richard Bowman Myers, 1942年3月1日 - )はアメリカ空軍の軍人。最終階級は大将。第15代アメリカ軍統合参謀本部議長としてイラク戦争に従事した。2005年9月30日にピーター・ペース大将に議長を引き継ぎ退役した。リチャード・マイヤーズ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・リビー

    ルイス・リビーから見たイラク戦争イラク戦争

    英国のウィンストン・チャーチル元首相の熱烈な崇拝者で、補佐官時代には執務室にチャーチルの肖像画を掲げていたほどである。「奴隷の平和」を非とし、国防次官補の職にあった1992年にはポール・ウォルフォウィッツらと共に、圧政国家への先制攻撃や、ミサイル防衛の導入、WMDの拡散防止のため全ての選択肢を放棄しない、などを明記した国防文書・「国防政策指針」の作成に関与。同指針は、ブッシュ政権下で2002年に確立されたブッシュ・ドクトリンの原点となる。1993年の共和党下野後はアメリカ新世紀プロジェクトの立ち上げに関与。とりわけ、イラク戦争については当然ながらもっとも強硬にその大義を説き、アメリカ同時多発テロ事件直後に、プラハでモハメド・アッタとイラク諜報員との極秘接触が報じられると、即座に対イラク開戦の論陣を張った。ルイス・リビー フレッシュアイペディアより)

  • 従軍記者

    従軍記者から見たイラク戦争イラク戦争

    従軍記者(じゅうぐんきしゃ、)とは、戦争中に軍隊と行動を共にする記者のこと。軍隊と行動を共にすることで、その戦争に関するより詳しい記事やリポートをすることができる一方、その従軍している軍隊寄りの記事になる傾向があるのが難点である(イラク戦争におけるエンベデッド・ジャーナリズム)。また、軍隊と行動をともにしているため、命の危険が高く、戦闘に巻き込まれて命を落とすこともある。従軍記者 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ストロー

    ジャック・ストローから見たイラク戦争イラク戦争

    2001年からは外務大臣を務め、同時多発テロからアフガニスタン戦争、イラク戦争にいたる国際情勢に対処した。アメリカ追従の外交姿勢が英国内のムスリムの批判を受け2005年の議会選挙では労働党の議席減を招いたといわれる。2005年の第31回主要国首脳会議の際に発生したロンドン同時爆破事件の対応指揮のために一時、会議を欠席したブレア首相に代わり、議長として議事運行にあたった。ジャック・ストロー フレッシュアイペディアより)

  • 勇者たちの戦場

    勇者たちの戦場から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争から帰還したアメリカ兵たちの、PTSDに苦悩する姿を描いた戦争ドラマ。勇者たちの戦場 フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見たイラク戦争イラク戦争

    外交政策に関しては、不介入主義者である。国際連合と北大西洋条約機構からの脱退を支持。「絡み合った同盟関係」を断つべきであると主張している。2011年2月15日の共同通信との会見では、日本は米軍依存をやめるべきであり、在日米軍基地の撤退を強く主張した。さらに同会見では、米軍基地の抑止力と言うのは虚構に過ぎないとして、民主党のデニス・クシニッチとともに在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ。戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけであり、下院による宣戦布告なしでの開戦は許されないと主張している。イラク戦争に関しては、2002年の「イラクに対する兵力動員承認に関する法案」の下院での審議の際は徹底してイラクとの開戦に反対した。大統領になった暁には、イラクから即時に撤退すると表明している。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • アブグレイブ刑務所

    アブグレイブ刑務所から見たイラク戦争イラク戦争

    アブグレイブ刑務所( Abū Ghuraib、)は、イラクの首都バクダッドから西へ約32kmの場所に位置する施設。サッダーム・フセイン政権時代には反政府勢力をこの刑務所に収容し、拷問、処刑が行われていた。しかし、この施設の名前が一般に知られるようになったきっかけは、イラク戦争で戦犯となり、この施設に収容されたイラク人兵士に対し、この施設を監督していた米軍の関係者が、人間性を無視した非人道的取り扱い、拷問をしている現場の写真が2004年1月にマスコミによって公表されたことによる。現在この施設は、刑務所または収容所として使用されてはいない。アブグレイブ刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 有志連合

    有志連合から見たイラク戦争イラク戦争

    2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカはアルカーイダをはじめとするテロとの戦いを行なうと宣言した。国際連合加盟国189カ国はテロ非難決議に同調し、2003年2月8日当時の国防長官ドナルド・ラムズフェルドは「人類史上最大の連合」と評したが、アメリカのアフガニスタン侵攻では国際連合安全保障理事会決議1368による集団的自衛権をNATOは主張したものの、国連の事前の決議で承認されたものではないため、参加国軍は国連軍ではないことはもちろん、アメリカと特に同盟関係にはない国も参加していること、本来の同盟関係の国が参加していないことなど、多くの特徴を持ち合わせていたため、戦争に参加した国々とその連合的軍隊を呼ぶ適当な言葉はなかった。特にこの語が使われるようになったのはイラク戦争後である。有志連合 フレッシュアイペディアより)

  • ならずもの国家

    ならずもの国家から見たイラク戦争イラク戦争

    1990年代末において、米国政策担当者は北朝鮮、イラク、イラン、アフガニスタンおよびリビアを「ならずもの国家」と認識していた。2001年10月からのアフガニスタン紛争に伴い同国は「ならずもの国家リスト」から除外され、2003年3月からのアメリカを中心とした多国籍軍のイラク戦争によって、イラクも同リストから外れた。一方、リビアは外交交渉および、その後のアラブの春におけるカダフィ政権の崩壊によって、現在では米国の「ならずもの」認定からは除外されたと考えられている。ならずもの国家 フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見たイラク戦争イラク戦争

    チームリーダー、38歳。通称“ファズ”。ニューヨーク州ニューヨーク出身のアフリカ系アメリカ人。POST(Peace Officer Standards and Training:警察能力認定資格)取得者で、15年間、警察官勤務を続けながら陸軍予備役兵任務をこなす。9・11テロ事件の際には現場付近で救助活動を行い、アフガニスタン戦争、イラク戦争にも従軍した。ヘルメットの後頭部に「NYPD(New York City Police Department (en):ニューヨーク市警察の略号)」と記し、戦場にあっても治安維持に熱心。妻と2人の子どもが居る。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

1405件中 41 - 50件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード