1150件中 41 - 50件表示
  • ルイス・リビー

    ルイス・リビーから見たイラク戦争イラク戦争

    英国のウィンストン・チャーチル元首相の熱烈な崇拝者で、補佐官時代には執務室にチャーチルの肖像画を掲げていたほどである。「奴隷の平和」を非とし、国防次官補の職にあった1992年にはポール・ウォルフォウィッツらと共に、圧政国家への先制攻撃や、ミサイル防衛の導入、WMDの拡散防止のため全ての選択肢を放棄しない、などを明記した国防文書・「国防政策指針」の作成に関与。同指針は、ブッシュ政権下で2002年に確立されたブッシュ・ドクトリンの原点となる。1993年の共和党下野後はアメリカ新世紀プロジェクトの立ち上げに関与。とりわけ、イラク戦争については当然ながらもっとも強硬にその大義を説き、アメリカ同時多発テロ事件直後に、プラハでモハメド・アッタとイラク諜報員との極秘接触が報じられると、即座に対イラク開戦の論陣を張った。ルイス・リビー フレッシュアイペディアより)

  • ユダヤ系アメリカ人

    ユダヤ系アメリカ人から見たイラク戦争イラク戦争

    2004年の調査では大多数のユダヤ系アメリカ人が独立したパレスチナ国家を作ることを支持している一方、ヨルダン川西岸地区からは撤退するべきだと考えていることがわかった。中東諸国との緊張が絶えないイスラエルだがアメリカのイラク戦争に関してはアメリカ国民同様に反対している。また面白いことにアラブ系アメリカ人の多くがイラク戦争支持派であるのに対しユダヤ系は反対を表明している。ユダヤ系アメリカ人 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・アーミテージ

    リチャード・アーミテージから見たイラク戦争イラク戦争

    パウエル国務長官とともに、イラク戦争の開始に反対した。国務副長官を辞任した動機として、「ラムズフェルドを閣内に残してパウエルを辞めさせる政権にはついていけないと思ったから」と語っている。ただし、1998年に新保守派のシンクタンク「アメリカ新世紀プロジェクト」からクリントン大統領に宛てて出された、当時の米国の対イラク政策を批判し、フセイン政権を武力で打倒するよう求める書筒にラムズフェルドらと共に賛同人として署名している。リチャード・アーミテージ フレッシュアイペディアより)

  • フル スペクトラム ウォリアー

    フル スペクトラム ウォリアーから見たイラク戦争イラク戦争

    チームリーダー、38歳。通称“ファズ”。ニューヨーク州ニューヨーク出身のアフリカ系アメリカ人。POST(Peace Officer Standards and Training:警察能力認定資格)取得者で、15年間、警察官勤務を続けながら陸軍予備役兵任務をこなす。9・11テロ事件の際には現場付近で救助活動を行い、アフガニスタン戦争、イラク戦争にも従軍した。ヘルメットの後頭部に「NYPD(New York City Police Department (en):ニューヨーク市警察の略号)」と記し、戦場にあっても治安維持に熱心。妻と2人の子どもが居る。フル スペクトラム ウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフ

    ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争時、情報相として海外のメディアに対して連日記者会見を開き、イラク発表の公式情報を提供、一躍世界的に知られる存在となった。戦争末期の荒唐無稽な会見内容から、欧米メディアでは「コミカル・アル」、「バグダッド・ボブ」などと呼ばれた。ムハンマド・サイード・アッ=サッハーフ フレッシュアイペディアより)

  • パット・ティルマン

    パット・ティルマンから見たイラク戦争イラク戦争

    彼は弟のケビン(プロ野球選手になる夢を断念した。)と共に入隊し、訓練を受けた後、第75レンジャー連隊に配属されて、2003年のイラク戦争に参加した。その後アフガニスタンに派遣されていた彼は2004年4月22日にパトロール中、友軍の誤射で亡くなった。当初彼の死について軍はパキスタン国境付近の幅の狭い峡谷付近で武装勢力により頭部を撃たれて殺害されたと発表していた。彼の葬儀は全米に向けて放送された。死後5週間経過するまで彼が誤射により亡くなった事実は遺族に伏せられた。2007年4月に行われた政府改革委員会の公聴会ではアブグレイブ刑務所での捕虜虐待などの不祥事に続き事実が明らかにされた場合にイラク戦争やアフガニスタンでの軍の活動への支持低下を懸念したのではないかということが弟のケビンから指摘された。彼の死の際には義務づけられている検死解剖も行われず身につけていた装備品などがすぐさま処分されていたことも明るみになった。また2007年8月に行われた公聴会ではドナルド・ラムズフェルド元国防長官はペンタゴンが事実の隠蔽工作を行った疑いを否定した。パット・ティルマン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国とイランの関係

    アメリカ合衆国とイランの関係から見たイラク戦争イラク戦争

    2005年11月、マイケル・クレア・ハンプシャー大学平和・世界安全保障学教授は、ジョージ・W・ブッシュ政権によるイラン攻撃への主な要因として、国内における政治的困難からの目をそらさせ、政権支持を増加させる欲求があると指摘している。2003年の合衆国によるイラク侵攻ではブッシュ政権に対する支持率はおよそ10%増加し、数か月後にもとの支持率に低下している。アメリカ合衆国とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイラク代表

    サッカーイラク代表から見たイラク戦争イラク戦争

    ガルフカップ優勝3回。1980年のモスクワ五輪、1984年のロサンゼルス五輪、1986年のメキシコW杯に出場するなど1970年代後半から80年代半ばにかけてアジア最強の一角を占めていたが、1980年から8年間続いたイラン・イラク戦争、1991年の湾岸戦争とその後の国際的経済制裁さらに2003年のイラク戦争の影響でサッカーを取り巻く環境が著しく悪化した。サッカーイラク代表 フレッシュアイペディアより)

  • 大西洋主義

    大西洋主義から見たイラク戦争イラク戦争

    21世紀に入り、大西洋主義はテロリズムやイラク戦争を通じて重大な変化を経験している。参加国の安全保障に北米地域以外の同盟活動が必要となってきているなど、その理念自体に疑いが生じている。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件後、NATOは加盟国に対するいかなる攻撃も同盟全体に対する攻撃と見做すとする北大西洋条約の第5条を発動した。NATOの多国籍AWACS部隊が米国上空を飛行して軍用航空の管制を行なった、欧州諸国は兵員と装備を配備した。2006年、NATO理事会は、NATOの最優先課題はアフガニスタンの平和と安定化への貢献であると宣言した。2006年末までにNATOはアフガニスタンに32,000人を派兵した(米軍の11,000人のアメリカ人を含む)。しかしイラク戦争は、米国と西欧諸国、そしてポーランドのような東欧諸国との間に亀裂を生じさせた。スペインやイタリアのようなイラク戦争を支持した国々では、その後の選挙でイラク戦争に賛成した政権が下野した。しかしトニー・ブレアはブッシュ大統領との関係にもかかわらず再選され、イラク戦争を支持した。2003年から2005年にかけてのルーマニアとポーランドのCIAの秘密の監禁施設との関係(両国ともそのような監禁施設の存在を否定している)は、大西洋主義の理念を傷つけた。しかしその後、ドイツおよびフランスでは、イラク戦争への幅広い反対意見にもかかわらず、大西洋主義の指導者たちが当選した。ターリバーンの制圧が思うように進まず、米国と欧州連合との間の政治的内紛によりNATO内部は緊張したが、ロシアとグルジアの間で起こった南オセチア紛争では関係改善が見られた。大西洋主義 フレッシュアイペディアより)

  • 第25歩兵師団 (アメリカ軍)

    第25歩兵師団 (アメリカ軍)から見たイラク戦争イラク戦争

    第25歩兵師団(だいにじゅうごほへいしだん、U.S.Army 25th Infantry Division)は、アメリカ陸軍の師団の1つ。1941年、ハワイ師団を母体として編成されたのち、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、不朽の自由作戦、イラク戦争に参加した歴戦の師団である。師団司令部はハワイ州スコフィールド・バラックスに所在。第25歩兵師団 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

1150件中 41 - 50件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード