1405件中 51 - 60件表示
  • 第25歩兵師団 (アメリカ軍)

    第25歩兵師団 (アメリカ軍)から見たイラク戦争イラク戦争

    第25歩兵師団(だいにじゅうごほへいしだん、U.S.Army 25th Infantry Division)は、アメリカ陸軍の師団の1つ。1941年、ハワイ師団を母体として編成されたのち、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、不朽の自由作戦、イラク戦争に参加した歴戦の師団である。師団司令部はハワイ州スコフィールド・バラックスに所在。第25歩兵師団 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • 第7騎兵連隊 (アメリカ軍)

    第7騎兵連隊 (アメリカ軍)から見たイラク戦争イラク戦争

    第1戦闘群と、第2、第5大隊はベトナム戦争後に非活性化され、第3、第5大隊はそれぞれ第3歩兵師団と第2歩兵師団の師団付偵察中隊として存続した。この頃の第3、第5大隊はM551シェリダンやM48パットンなどの戦車、M113やM114などの装甲車を装備していた。また、どちらの大隊もUH-1などの偵察・攻撃ヘリコプターで編成された航空騎兵部隊を有し、この部隊はデルタ中隊(Delta Troop)と通称された。1963年、第3大隊は第3歩兵師団の師団付騎兵大隊となり、西ドイツ・シュヴァインフルトのレッドワード&コーン兵舎(Ledward & Conn Barrack)に移った。この段階で、大隊は3個地上小隊と1個航空小隊、そして本部小隊によって構成されていた。1992年11月16日、大隊はドイツで非活性化され師団への所属が解かれた。1992年12月16日、第3大隊の大隊本部は本部小隊と統合され、小隊の正式な名称を第7騎兵隊第3大隊本部および本部中隊(Headquarters and Headquarters Troop, 3rd Squadron, 7th Cavalry)と改める。1996年2月16日、第18空挺軍団所属の第3歩兵師団付騎兵大隊としてジョージア州のフォート・スチュアートにて再び活性化される。その後、クウェートにおける砂漠の嵐作戦やボスニアにおけるジョイント・フォージ作戦、そしてイラクにおけるイラクの自由作戦などに派遣された。2004年には、大隊は第3歩兵師団第2旅団戦闘団(2nd Brigade Combat Team)と改名され、その役割は旅団付の装甲偵察大隊と位置づけられた。2005年2月4日にイラクの自由作戦IIIが始まると、大隊はバグダード南東のラスタミヤ作戦基地(Operating Base Rustamiyah)に移動した。大隊はチグリス川東側(ルサファ側)の警備任務に従事したほか、師団補給線の警備も行なった。第7騎兵連隊 (アメリカ軍) フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・A・ザンビェック

    ダグラス・A・ザンビェックから見たイラク戦争イラク戦争

    ダグラス・アレクサンダー・ザンビェック(Douglas Alexander Zembiec, 1973年4月14日 - 2007年5月11日)は、アメリカ合衆国の軍人。アメリカ海兵隊の隊員で、イラク戦争(「イラクの自由」作戦)の最中に戦死した。彼の名は(「慎重な解決」作戦)での活動について特に知られ、の著書『No True Glory: A Front-line Account of the Battle of Fallujah』でも言及されているほか、ザンビェックの死後ウォール・ストリート・ジャーナル紙が掲載した記事でも触れられている。最終階級は少佐。ダグラス・A・ザンビェック フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ポパディッチ

    ニック・ポパディッチから見たイラク戦争イラク戦争

    ニコラス・A・ポパディッチ(Nicholas A. Popaditch, 1967年7月2日 - )は、アメリカの軍人、政治家。アメリカ海兵隊の隊員として湾岸戦争、イラク戦争などに従軍して銀星章や名誉戦傷章を受章した後、傷痍除隊を果たした。最終階級は先任軍曹(Gunnery Sergeant)。2010年にはカリフォルニア州から共和党候補として出馬したが、現職の民主党議員に敗れた。また2012年にはから再び出馬したものの、やはり現職の民主党議員に敗れた。ニック・ポパディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ノーザン・ウォッチ作戦

    ノーザン・ウォッチ作戦から見たイラクの自由作戦イラク戦争

    ノーザン・ウォッチ作戦(Operation Northern Watch)は、アメリカ欧州軍合同任務部隊(Combined Task Force (CTF))による、イラク上空北緯36度以北、飛行禁止空域における監視作戦。クルド人支援作戦であるの後継として、1997年1月に開始され、2003年3月より始まるイラクの自由作戦まで続けられた。ノーザン・ウォッチ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • パット・ティルマン

    パット・ティルマンから見たイラク戦争イラク戦争

    彼は弟のケビン(プロ野球選手になる夢を断念した。)と共に入隊し、訓練を受けた後、第75レンジャー連隊に配属されて、2003年のイラク戦争に参加した。その後アフガニスタンに派遣されていた彼は2004年4月22日にパトロール中、友軍の誤射で亡くなった。当初彼の死について軍はパキスタン国境付近の幅の狭い峡谷付近で武装勢力により頭部を撃たれて殺害されたと発表していた。彼の葬儀は全米に向けて放送された。死後5週間経過するまで彼が誤射により亡くなった事実は遺族に伏せられた。2007年4月に行われた政府改革委員会の公聴会ではアブグレイブ刑務所での捕虜虐待などの不祥事に続き事実が明らかにされた場合にイラク戦争やアフガニスタンでの軍の活動への支持低下を懸念したのではないかということが弟のケビンから指摘された。彼の死の際には義務づけられている検死解剖も行われず身につけていた装備品などがすぐさま処分されていたことも明るみになった。また2007年8月に行われた公聴会ではドナルド・ラムズフェルド元国防長官はペンタゴンが事実の隠蔽工作を行った疑いを否定した。パット・ティルマン フレッシュアイペディアより)

  • 偽情報

    偽情報から見たイラク戦争イラク戦争

    2003年3月、イラク戦争が勃発するが、イラク攻撃とフセイン政権転覆は安保理決議を根拠とする以前に既定の方針だった事が、当時の高官達により暴露され始めている(イラク戦争)。偽情報 フレッシュアイペディアより)

  • M88装甲回収車

    M88装甲回収車から見たイラク戦争イラク戦争

    1960年代に開発され、ベトナム戦争に投入された他、改良を受け湾岸戦争やイラク戦争でも運用されている。イラク戦争では、アメリカ軍のバグダッド占領時に当時のフセイン大統領の銅像を引き倒す装甲車の映像が世界中に配信されたが、この時に銅像を引き倒していたのがM88の最新型であるM88A2"ハーキュリーズ"装甲回収車である。M88装甲回収車 フレッシュアイペディアより)

  • Mark77爆弾

    Mark77爆弾から見たイラク戦争イラク戦争

    公式には2001年以降アメリカ軍は保有していないはずのナパーム弾がイラク戦争で使用されたとマスメディアで報道されたが、実際に使用されたのはこのMark77爆弾だった。Mark77爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • IFAV

    IFAVから見たイラク戦争イラク戦争

    IFAVは1999年11月からアメリカ海兵隊への配備が開始された。総計157両を調達し、その一部はイラク戦争やアフガニスタン紛争への派遣部隊でも使用されている。IFAV フレッシュアイペディアより)

1405件中 51 - 60件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード