1150件中 51 - 60件表示
  • JDAM

    JDAMから見たイラク戦争イラク戦争

    比較的低価格で運用上の制約もあまり無いために、今後使用される機会が多いと考えられている。この装置はアメリカ空軍と海軍の共同計画によって開発された。既にイラクやアフガニスタンで使用され、米国と友好な数ヶ国へも輸出販売されている。JDAM フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マリア・アスナール

    ホセ・マリア・アスナールから見たイラク戦争イラク戦争

    社会労働党のフェリーペ・ゴンサーレス政権が不正蓄財などの疑惑で倒れたあと、1996年に首相に就任。在職中にはユーロ導入など欧州統合の深化、コソボ紛争、アメリカ同時多発テロ、アフガニスタン紛争、イラク戦争などがあった。ホセ・マリア・アスナール フレッシュアイペディアより)

  • ウエストボロ・バプティスト教会

    ウエストボロ・バプティスト教会から見たイラク戦争イラク戦争

    この教会は名誉毀損防止同盟により監視され、またSouthern Poverty Law Centerにより扇動集団に分類されている。ゲイ・パレードといったイベント等の場でピケを張ることでも知られているが、イラク戦争で亡くなった兵士達の葬儀の場にたびたび押しかけたうえで、『神よ、米兵を殺して頂いた御英断に心からの感謝を送ります。』『神よ、9/11に感謝致します。』などといったピケを張る、更には息子の葬儀に涙を流す母親に対して『なにを泣いている。お前の息子はホモの国(アメリカ合衆国)のために戦ったゆえに神の天罰で死んだのだ。』などと叫ぶなど、その過激な言動をもって広く知られるようになった。ウエストボロ・バプティスト教会 フレッシュアイペディアより)

  • M113装甲兵員輸送車

    M113装甲兵員輸送車から見たイラク戦争イラク戦争

    特にベトナム戦争で多用され、メディアにも多く登場して有名となった。湾岸戦争・イラク戦争でも活躍している。M113装甲兵員輸送車 フレッシュアイペディアより)

  • 産経新聞の報道

    産経新聞の報道から見たイラク戦争イラク戦争

    2003年のイラク戦争の“大義”をめぐり、時の産経抄筆者・石井英夫は、開戦当時「大量破壊兵器の廃棄を目指す戦いだ」と主張した。大量破壊兵器の捜索が難航するにつれ「独裁政権打倒の是非が、この戦争の大義を問う鍵である」と主張を変え、発見が絶望的になると「戦争に大義や正義を主張するのは無意味」と主張した。小林よしのりは、イラク戦争中数度にわたって『新・ゴーマニズム宣言』の中で石井の主張を批判している。産経新聞の報道 フレッシュアイペディアより)

  • 田中宇

    田中宇から見たイラク戦争イラク戦争

    2001年(平成13年)のアメリカ同時多発テロ事件や2003年(平成15年)のイラク戦争以降、多くの書籍を出版している。田中宇 フレッシュアイペディアより)

  • 黒鷺死体宅配便

    黒鷺死体宅配便から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争、堀江貴文、赤ちゃんポストなどの時代を風刺したネタや、中国奥地の達者、コインロッカーベビー、杉沢村などの都市伝説を元にしたネタがあり、猟奇的な描写も見られる。黒鷺死体宅配便 フレッシュアイペディアより)

  • F-15E (航空機)

    F-15E (航空機)から見たイラク戦争イラク戦争

    マクドネル・ダグラス社(当時)がF-111の後継機として開発した、F-15制空戦闘機の改良・派生型で、第4.5世代ジェット戦闘機に分類される直列複座(後席は兵装システム士官)の戦闘爆撃機である。1986年の初飛行後、1989年より量産機の運用を開始した。湾岸戦争やイラク戦争などの実戦にも参加している。F-15E (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見たイラク戦争イラク戦争

    多くの西側諸国の政治家たちは、NATOによる作戦はアメリカによる侵略、帝国主義であるとみなし、加盟国の安全保障の利益と一致しないとして批判した。ノーム・チョムスキーやエドワード・サイード、ジャスティン・レイモンド、タリク・アリなどの古参の反戦活動家らによる反戦活動も目立った。しかし、イラク戦争に対する反戦運動と比べると、コソボ紛争介入に対するものは多くの支持を集めることはなかった。テレビに映し出されるコソボ難民たちの姿は、NATOの活動を単純化し、また西側諸国による紛争介入の大きな動機であった。このような中で、コソボ解放軍による蛮行は矮小化されていた。また、イラク戦争時と比べると、介入に踏み切った国々の指導者たちの顔ぶれも大きく異なっていた。このときの各国の指導者たちの多くは中道左派、あるいは穏健なリベラル主義の政治家たちであった。主だった者として、アメリカの大統領はビル・クリントン、イギリスの首相はトニー・ブレア、カナダの首相はジャン・クレティエン、ドイツの首相はゲアハルト・シュレーダー、イタリアの首相はマッシモ・ダレマであった。反戦活動家たちの多くは、リベラル右派、極左、セルビア系移民、そのほか人道主義団体の支援を受けた各種の左翼主義者たちであった。ベオグラードに対するドイツの攻撃(20世紀で3度目のことである)は、オスカー・ラフォンテーヌが連邦金融大臣やドイツ社会民主党(SPD)議長の地位を退く理由のひとつであった。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • バグダード国際空港

    バグダード国際空港から見たイラク戦争イラク戦争

    バグダード国際空港(、)は、イラクの首都、バグダードにある国際空港である。イラク戦争以前は当時の大統領サッダーム・フセインにちなみ「サッダーム国際空港(Saddam International Airport)」の名称であった。旧IATA空港コードはSDA、旧ICAOコードは、ORBSであった。バグダード国際空港 フレッシュアイペディアより)

1150件中 51 - 60件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード