1405件中 61 - 70件表示
  • 久間章生

    久間章生から見たイラク戦争イラク戦争

    2006年12月8日(真珠湾奇襲の日)の午前の記者会見で、前日(12月7日)の参院外交防衛委員会において「小泉純一郎前首相がイラク戦争を支持したのは非公式」とした自らの発言について「不勉強で間違いだった」と訂正し、撤回した。内閣総理大臣(当時)小泉は開戦時に緊急記者会見して「武力行使を理解し、支持する」と表明、首相談話も閣議決定していた。なお、上記の訂正記者会見においても、久間自身はイラク戦争を支持しないことを明言している。防衛庁長官を2回務めた政治家であるが、イラク戦争についてはハト派的な外交防衛認識の持ち主であった。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・シンセキ

    エリック・シンセキから見たイラク戦争イラク戦争

    陸軍参謀総長として出席した上院軍事委員会の公聴会(2003年2月)で、イラク戦争における運用兵力の規模を巡って「イラクの戦後処理には「数十万人」の米軍部隊が必要」との見解を述べ、少数精鋭論を唱えたラムズフェルド国防長官らと対立する。このためシンセキはラムズフェルドにより退任・退役に追い込まれた。この退任を巡って、アメリカのマスコミの一部には、ラムズフェルドによる人種差別・偏見(アジア系の人物がアメリカ陸軍のトップであることを許さなかったこと)による「解任」であるとの報道も散見された。また、通常であれば大将クラスの高位の軍人については退任・退役式典が催され、その式典に国防長官が出席することが慣例であるが、ラムズフェルド本人はシンセキの退任・退役式典を欠席、さらには国防長官欠席時には代理を務めることが一般的なはずのポール・ウォルフォウィッツ国防副長官(当時)も出席しないなど、最後まで異例の「非礼」とも言える扱いをとった。エリック・シンセキ フレッシュアイペディアより)

  • 大西洋主義

    大西洋主義から見たイラク戦争イラク戦争

    21世紀に入り、大西洋主義はテロリズムやイラク戦争を通じて重大な変化を経験している。参加国の安全保障に北米地域以外の同盟活動が必要となってきているなど、その理念自体に疑いが生じている。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件後、NATOは加盟国に対するいかなる攻撃も同盟全体に対する攻撃とみなすとする北大西洋条約の第5条を発動した。NATOの多国籍AWACS部隊が米国上空を飛行して軍用航空の管制を行った。欧州諸国は兵員と装備を配備した。2006年、NATO理事会は、NATOの最優先課題はアフガニスタンの平和と安定化への貢献であると宣言した。2006年末までにNATOはアフガニスタンに32,000人を派兵した(米軍の11,000人のアメリカ人を含む)。しかしイラク戦争は、米国と西欧諸国、そしてポーランドのような東欧諸国との間に亀裂を生じさせた。スペインやイタリアのようなイラク戦争を支持した国々では、その後の選挙でイラク戦争に賛成した政権が下野した。しかしトニー・ブレアはジョージ・W・ブッシュとの関係にもかかわらず再選され、イラク戦争を支持した。2003年から2005年にかけてのルーマニアとポーランドのCIAの秘密の監禁施設との関係(両国ともそのような監禁施設の存在を否定している)は、大西洋主義の理念を傷つけた。しかしその後、ドイツおよびフランスでは、イラク戦争への幅広い反対意見にもかかわらず、大西洋主義の指導者たちが当選した。ターリバーンの制圧が思うように進まず、米国と欧州連合との間の政治的内紛によりNATO内部は緊張したが、ロシアとグルジアの間で起こった南オセチア紛争では関係改善が見られた。大西洋主義 フレッシュアイペディアより)

  • バグダッドの少年

    バグダッドの少年から見たイラク戦争イラク戦争

    バグダッドの少年(ばぐだっどのしょうねん、原題:BOY of BAGHDAD)はイラク戦争を経て混乱の続くバグダッドに暮らす少年を描いたドキュメンタリー映画。2004年作。バグダッドの少年 フレッシュアイペディアより)

  • CVR(T)

    CVR(T)から見たイラク戦争イラク戦争

    2003年のイラク戦争でのテリック作戦がCVR(T)にとっての次の戦場だった。第一陣である王室騎兵連隊もCVR(T)を装備していた。CVR(T) フレッシュアイペディアより)

  • M110狙撃銃

    M110狙撃銃から見たイラク戦争イラク戦争

    アメリカ陸軍によりM24 SWSの代替として導入された狙撃銃で、イラク戦争において市街戦が多発した結果、従来のボルトアクション方式の単発狙撃銃では命中精度は高くとも交戦距離の短い近接戦闘が多発する事態においては連射速度の遅さから、イスラム過激派や反米勢力の用いる半自動式狙撃銃ドラグノフに対し不利である、とされたことから、半自動(セミオート)式の高精度自動小銃が狙撃銃として必要であるとの前線部隊からの要望により、SASS(Semi-Automatic Sniper System:半自動狙撃銃システム)の計画名で半自動方式の狙撃銃の選定が行われた。M110狙撃銃 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・スタン

    ブライアン・スタンから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争における活躍に対し、米軍の勲章としては三番目に高位である(シルバースター)を2006年に授与されている。ブライアン・スタン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国とイランの関係

    アメリカ合衆国とイランの関係から見たイラク戦争イラク戦争

    2005年11月、マイケル・クレア・ハンプシャー大学平和・世界安全保障学教授は、ジョージ・W・ブッシュ政権によるイラン攻撃への主な要因として、国内における政治的困難からの目をそらさせ、政権支持を増加させる欲求があると指摘している。2003年の合衆国によるイラク侵攻ではブッシュ政権に対する支持率はおよそ10%増加し、数か月後にもとの支持率に低下している。アメリカ合衆国とイランの関係 フレッシュアイペディアより)

  • プレイム事件

    プレイム事件から見たイラク戦争イラク戦争

    プレイム事件(プレイムじけん、Plame Affair)は、アメリカの元外交官ジョゼフ・ウィルソンの妻であるヴァレリー・ウィルソン(結婚前の姓名はヴァレリー・プレイム)が、実は米中央情報局(CIA)のエージェントであることがマスコミに漏洩、暴露された事件である。別名プレイムゲート(Plamegate)、CIAリーク事件(CIA leak case)。当時ブッシュ政権は「サッダーム・フセイン体制が大量破壊兵器を保有している」というイラク戦争の正当性を示す内容のプロパガンダを流しており、ジョゼフ・ウィルソンはこれを情報操作であると批判していた。プレイム事件 フレッシュアイペディアより)

  • 綿井健陽

    綿井健陽から見たイラク戦争イラク戦争

    綿井 健陽(わたい たけはる、1971年 - ) は、大阪府出身のフリージャーナリスト、映画監督。アジアプレス・インターナショナル所属。主たる取材テーマは戦争被害・人権であり、イラク戦争報道により、「ロカルノ国際映画祭」人権部門・最優秀賞を受賞、2003年度「ボーン・上田記念国際記者賞」特別賞、2003年度「ギャラクシー賞」報道活動部門、2005年「JCJ(日本ジャーナリスト会議)賞」大賞などを受賞。日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、アジアプレス・インターナショナル、アジア記者クラブ会員。綿井健陽 フレッシュアイペディアより)

1405件中 61 - 70件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード