1150件中 61 - 70件表示
  • 対米従属

    対米従属から見たイラク戦争イラク戦争

    アメリカ合衆国議会・政府が遂行したアフガニスタン戦争、イラク戦争に反対する人が、日本政府やイギリス政府やオーストラリア政府がアフガニスタン戦争やイラク戦争に協力することを対米従属だとするという評価対米従属 フレッシュアイペディアより)

  • デモ活動

    デモ活動から見たイラク戦争イラク戦争

    またよりデモを意義あるものにするため、例えば原水爆禁止を求めるデモでは8月6日(→広島市への原子爆弾投下)を、イラク戦争を非難するのに3月20日(米英連合軍が侵攻した日)を選ぶなど、デモに関係する記念日を選ぶことがある(10月21日の「国際反戦デー」関連は有名だった)。また場所は、大人数を収容できる広場やその行進に適した道幅の広い大通りが選ばれる。また、デモに関係する土地や施設の前で行われることも多く、例えば所定の国の政府の政策に抗議するために、その国の在外公館前でデモを行うなどがみられる。デモ活動 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・バイデン

    ジョー・バイデンから見たイラク戦争イラク戦争

    2003年から始まったイラク戦争においては、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ政権が武力行使を表明した際には、これを容認する姿勢を示し、前述の「イラクに対する武力行使容認決議」にも賛成票を投じている。しかしながら、ブッシュ政権が目指したサッダーム・フセイン独裁体制の排除には反対を表明していた。また、ブッシュ政権の一国主義的な行動や、「自衛のための先制攻撃」を許容するブッシュ・ドクトリンについても批判している。このように、ブッシュ政権を批判しつつも、当初はイラク戦争開戦に肯定的だったバイデンだが、その後イラク国内の情勢が泥沼化の様相を呈してくると、一転して反対に転じ、2007年初めに政府が提案したイラクへの米軍増派法案についても反対した。ジョー・バイデン フレッシュアイペディアより)

  • 告発のとき

    告発のときから見たイラク戦争イラク戦争

    『告発のとき』(原題:In the Valley of Elah)は、2007年公開のアメリカ映画。イラク戦争の現実を描いた作品。告発のとき フレッシュアイペディアより)

  • エリック・シンセキ

    エリック・シンセキから見たイラク戦争イラク戦争

    陸軍参謀総長として出席した上院軍事委員会の公聴会(2003年2月)で、イラク戦争における運用兵力の規模を巡って「イラクの戦後処理には「数十万人」の米軍部隊が必要」との見解を述べ、少数精鋭論を唱えたラムズフェルド国防長官らと対立する。このためシンセキはラムズフェルドにより退任・退役に追い込まれた。この退任を巡って、アメリカマスコミの一部には、ラムズフェルドによる人種差別・偏見(アジア系の人物がアメリカ陸軍のトップであることを許さなかったこと)による「解任」であるとの報道も散見された。また、通常であれば大将クラスの高位の軍人については退任・退役式典が催され、その式典に国防長官が出席することが慣例であるが、ラムズフェルド本人はシンセキの退任・退役式典を欠席、さらには国防長官欠席時には代理を務めることが一般的なはずのポール・ウォルフォウィッツ国防副長官(当時)も出席しないなど、最後まで異例の「非礼」とも言える扱いをとった。エリック・シンセキ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マケイン

    ジョン・マケインから見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争については「フセイン独裁打倒」という点から支持、2002年にはジョー・リーバーマンらと共に、イラクへの武力行使を可能とする決議を提出した。具体的なイラク政策においては、ドナルド・ラムズフェルド前国防長官を「米国史上最悪の国防長官」として強く非難したことがあるが、これは「少数精鋭・ハイテク兵器至上主義戦争論」に対し向けられたもので、マケインは一貫してイラク平定には数十万人の兵力が不可欠と主張し続けており、2007年の増派も強く支持した(後述)。兵力増強については、米軍とりわけ米国陸軍が開戦前から主張しながらラムズフェルドにことごとく退けられてきた経緯があり、ブッシュ政権初期の際に陸軍参謀長を務めていたエリック・シンセキは兵力増強を巡るラムズフェルドとの対立からその職を辞している。ジョン・マケイン フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ大統領就任式

    バラク・オバマ大統領就任式から見たイラク戦争イラク戦争

    1月19日、大統領を乗せた車列が、東部時間午前8時33分、ブレアハウスを出発してウォルター・リード軍事医療センターへ向かった。オバマは、そこで1時間強の間、イラク戦争とアフガン戦争で負傷して治療中の兵士ら(そしてその家族)と私的に懇談した。バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • イラクの歴史

    イラクの歴史から見たイラク戦争イラク戦争

    1990年代以降、湾岸戦争、イラク戦争の二度の戦争の後、現在は新しく民主議会選挙による政府が発足している。イラクの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム教徒による宗教的迫害

    イスラーム教徒による宗教的迫害から見たイラク戦争イラク戦争

    イラクでは米英軍の侵攻に依り世俗的独裁政権であるサダム政権が崩壊し、宗教勢力が伸張したため国内の少数派であるアッシリア東方教会などのキリスト教徒が、地域によっては地元のイスラム共同体からジズヤの支払いを要求されている場合もある。イスラーム教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

  • 右翼

    右翼から見たイラク戦争イラク戦争

    共和党は伝統的には、自由主義や小さな政府を掲げ、国際連合や連邦政府による干渉の最小化(州権主義)、大企業への規制緩和や民営化を推進しており、国民皆保険制度も反対の立場をとっている。また、環境問題においても地球温暖化問題よりも経済効率を優先する傾向がある。外交政策においては反共主義の立場から強硬路線をとりパナマ侵攻、湾岸戦争、アフガニスタン侵攻、イラク戦争など各国の紛争への介入や戦争を行った。右翼 フレッシュアイペディアより)

1150件中 61 - 70件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード

  • 三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜

  • 三匹のおっさん3 〜正義の味方、みたび!!〜

  • 三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび〓〜