1405件中 71 - 80件表示
  • ピーター・ヒッチェンズ

    ピーター・ヒッチェンズから見たイラク戦争イラク戦争

    2000年に政治理念の違いと新聞社の売却を理由にDaily Expressを退任 。 間もなくThe mail on Sundayに入社して、週刊のコラムとウェブログを任され、国際事情をさらに活発に取材をするようになった。ロシア連邦、ウクライナ、ガザ地区、イラク戦争、イラン、中国、北朝鮮等の現実を取材。他にThe Spectator、The Guardian、Prospect、The New Statesmanで記事を書いたことがある。ピーター・ヒッチェンズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョージアとロシアの関係

    ジョージアとロシアの関係から見たイラク戦争イラク戦争

    1つは2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件であり、ロシアはテロリズムとの戦いをかかげるジョージ・W・ブッシュの政権に協力し、一時的には好転した。それは対ターリバーン政権のため、ロシアの裏庭にあたる中央アジアに米軍基地が置かれたほどであったが、のちに起こったイラク戦争などで再び米露関係は悪化した。ジョージアとロシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国大統領のドクトリン

    アメリカ合衆国大統領のドクトリンから見たイラク戦争イラク戦争

    ニクソン政権は、イランやサウジアラビアへの軍事援助を通じて、ペルシャ湾岸地域でもドクトリンを行使し、これらのアメリカの同盟国はこの地域における平和と安定を確保する責任を引き受けた。「血と油:アメリカの石油外交の危険性とその後(2004年、ニューヨークのヘンリー・ホルト社刊)」の著者マイケル・クレアによれば、ニクソン・ドクトリンの行使はアメリカのペルシャ湾岸地域の同盟国への軍事援助というカーター・ドクトリンとその後の湾岸戦争とイラク戦争というアメリカの直接軍事介入の「水門の扉を開いた」という。アメリカ合衆国大統領のドクトリン フレッシュアイペディアより)

  • 告発のとき

    告発のときから見たイラク戦争イラク戦争

    『告発のとき』(こくはつのとき、In the Valley of Elah)は、2007年のアメリカ合衆国のドラマ映画。米国内で実際に起きた事件をもとに、イラク戦争の現実を描いた作品。告発のとき フレッシュアイペディアより)

  • ルート・アイリッシュ

    ルート・アイリッシュから見たイラク戦争イラク戦争

    『ルート・アイリッシュ』(Route Irish)は2010年のイギリス・フランス・イタリア・ベルギー・スペイン合作のドラマ映画。民間軍事会社に雇われてイラク戦争に参加した「コントラクター(民間兵)」を題材に軍事ビジネスの実態を描いた社会派作品である。2010年5月20日に第63回カンヌ国際映画祭にて初上映された。ルート・アイリッシュ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーイラク代表

    サッカーイラク代表から見たイラク戦争イラク戦争

    ガルフカップ優勝3回。1980年のモスクワ五輪、1984年のロサンゼルス五輪、1986年のメキシコW杯に出場するなど1970年代後半から80年代半ばにかけてアジア最強の一角を占めていたが、1980年から8年間続いたイラン・イラク戦争、1991年の湾岸戦争とその後の国際的経済制裁さらに2003年のイラク戦争の影響でサッカーを取り巻く環境が著しく悪化した。サッカーイラク代表 フレッシュアイペディアより)

  • M249軽機関銃

    M249軽機関銃から見たイラク戦争イラク戦争

    大規模な運用は、1991年の湾岸戦争が始まってからであった。以後、1993年のソマリア介入()、1994年のボスニア紛争、1999年のコソボ紛争、2001年からのアフガン紛争、2003年からのイラク戦争など、アメリカ軍が参加した多くの紛争・戦争に投入された。M249軽機関銃 フレッシュアイペディアより)

  • アブグレイブ刑務所における捕虜虐待

    アブグレイブ刑務所における捕虜虐待から見たイラク戦争イラク戦争

    アブグレイブ刑務所における捕虜虐待は2004年にアブグレイブ刑務所で発覚したイラク戦争における大規模な虐待事件である。米国国防省は、17人の軍人及び職員を解任した。2004年5月から2005年9月までの間に、7人の軍人が軍法会議で有罪となった。アブグレイブ刑務所における捕虜虐待 フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・バイデン

    ジョー・バイデンから見たイラク戦争イラク戦争

    2003年から始まったイラク戦争においては、ジョージ・ウォーカー・ブッシュ政権が武力行使を表明した際には、これを容認する姿勢を示し、前述の「イラクに対する武力行使容認決議」にも賛成票を投じている。しかしながら、ブッシュ政権が目指したサッダーム・フセイン独裁体制の排除には反対を表明していた。また、ブッシュ政権の一国主義的な行動や、「自衛のための先制攻撃」を許容するブッシュ・ドクトリンについても批判している。このように、ブッシュ政権を批判しつつも、当初はイラク戦争開戦に肯定的だったバイデンだが、その後イラク国内の情勢が泥沼化の様相を呈してくると、一転して反対に転じ、2007年初めに政府が提案したイラクへの米軍増派法案についても反対した。ジョー・バイデン フレッシュアイペディアより)

  • バローゾ委員会

    バローゾ委員会から見たイラク戦争イラク戦争

    プローディ委員会の任期は2004年10月末で満了することになっていたため、同年の欧州議会議員選挙の実施後に委員長候補の検討が開始された。アイルランド、フランス、ドイツは「信念を持ったヨーロッパ人であり、戦士でもある」と考えていたベルギーの首相ヒー・フェルホフスタット(欧州自由民主改革党所属)を強く支持していた。ところがこの連邦主義的な傾向が強いフェルホフスタットはイラク戦争に強く反対し、また欧州憲法条約で神に言及することにも拒否していたことから、スペイン、イギリス、イタリア、ポーランドがフェルホフスタットの委員長任命に反対した。フェルホフスタット以外にもアイルランドの首相であるバーティ・アハーン(諸国民のヨーロッパ連合)も候補に挙がったが、アハーンは委員長就任を望まなかった。バローゾ委員会 フレッシュアイペディアより)

1405件中 71 - 80件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード