1405件中 81 - 90件表示
  • ジョー・リーバーマン

    ジョー・リーバーマンから見たイラク戦争イラク戦争

    その後発足した、ブッシュJr大統領とは大統領選のしこりがあり、政権発足当初は険悪だったが、9・11の直前に宗教団体への公的助成を可能とする法案に賛同したことから関係が修復。ゼル・ミラーと共に、民主党内の最右派として積極的にブッシュ政権を支える立場となる。9・11の後は「イラク討つべし」の論陣を張り、イラク戦争に関してはジョン・マケイン上院議員と共に自ら決議案を提出、ブッシュ大統領がローズガーデンで演説した際にはマケインと共にブッシュの両脇に陣取り、国民合意を演出した。ジョー・リーバーマン フレッシュアイペディアより)

  • 落下傘連隊 (イギリス陸軍)

    落下傘連隊 (イギリス陸軍)から見たイラク戦争イラク戦争

    イギリス軍の精鋭とされる空挺連隊であり、特殊作戦の補助を行う1個大隊と、通常の空挺部隊である2個大隊、予備役1個大隊によって構成されている。第二次世界大戦、北アイルランド問題、シエラレオネ内戦、イラク戦争とイギリスが関与した戦争の多くに参加した。落下傘連隊 (イギリス陸軍) フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ政権の外交政策

    バラク・オバマ政権の外交政策から見たイラク戦争イラク戦争

    イラク戦争を責任をもって終わらせ、広範囲にわたる重大な挑戦に再び集中する、」バラク・オバマ政権の外交政策 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バラク・オバマ大統領就任式

    2009年バラク・オバマ大統領就任式から見たイラク戦争イラク戦争

    1月19日、大統領を乗せた車列が、東部時間午前8時33分、ブレアハウスを出発してウォルター・リード軍事医療センターへ向かった。オバマは、そこで1時間強の間、イラク戦争とアフガン戦争で負傷して治療中の兵士ら(そしてその家族)と私的に懇談した。2009年バラク・オバマ大統領就任式 フレッシュアイペディアより)

  • 新冷戦

    新冷戦から見たイラク戦争イラク戦争

    中央アジア諸国は独立以来、独立国家共同体に加盟しロシアと友好関係を築いていた。しかし、アメリカのアフガニスタン侵攻や対テロ戦争以降アメリカへ接近する国が相次ぎ、ロシアの反対していたイラク戦争を支持・派兵したカザフスタンをはじめアメリカ軍の駐留を認めるなど脱ロシアの傾向が見られる。しかし、キルギスのチューリップ革命やウズベキスタンの反政府運動にアメリカの影がちらついた事で、アメリカと距離を置く国が続出。上海協力機構設立などにより再び親露傾向へ向かっている。新冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • 汎アラブ主義

    汎アラブ主義から見たイラク戦争イラク戦争

    近年、対外的に汎アラブ主義を全面にかかげ、欧米・イスラエルとの対決姿勢を崩さなかったのは、イラクのサッダーム・フセイン大統領が率いるバアス党政権であった。この政権は、2003年、アメリカのブッシュ大統領(息子)によるイラク戦争に敗北し、党と政権は解体し、サッダーム及び政権幹部は拘束後、処刑や禁固刑に処された。汎アラブ主義 フレッシュアイペディアより)

  • ウダイ・サッダーム・フセイン

    ウダイ・サッダーム・フセインから見たイラク戦争イラク戦争

    1997年、イラクは、第1シードとして、仏W杯アジア1次予選グループ9でカザフスタンとパキスタンと同じ組になったが、カザフスタンがイラクの成績を上回り、イラクの予選敗退が決まった。1997年6月29日、1次予選最終戦のアウェイでのカザフスタン戦でイラクが敗退し、イラク代表選手たちが帰国すると、イラクサッカー協会会長を兼務していたウダイが代表選手たちを軍事施設に連行し、鞭打ちした。また、コンクリートむき出しの狭い拷問部屋(立って歩けない程の低い天井で、狭く、更に部屋中に無数のコンクリートの柱がひしめき合うように立っていた)に選手を閉じ込めたりした。この事件をイギリスの新聞がセンセーショナルに報道したことで、後に国際サッカー連盟(FIFA)が調査したが、「暴行は無かった」と報告した。しかし、2003年のイラク戦争で、フセイン政権が倒れると、報道されたウダイの拷問の全てが事実であったことが判明した。ウダイ・サッダーム・フセイン フレッシュアイペディアより)

  • コソボ紛争

    コソボ紛争から見たイラク戦争イラク戦争

    多くの西側諸国の政治家たちは、NATOによる作戦はアメリカによる侵略、帝国主義であるとみなし、加盟国の安全保障の利益と一致しないとして批判した。ノーム・チョムスキーやエドワード・サイード、ジャスティン・レイモンド、タリク・アリなどの古参の反戦活動家らによる反戦活動も目立った。しかし、イラク戦争に対する反戦運動と比べると、コソボ紛争介入に対するものは多くの支持を集めることはなかった。テレビに映し出されるコソボ難民たちの姿は、NATOの活動を単純化し、また西側諸国による紛争介入の大きな動機であった。このような中で、コソボ解放軍による蛮行は矮小化されていた。また、イラク戦争時と比べると、介入に踏み切った国々の指導者たちの顔ぶれも大きく異なっていた。このときの各国の指導者たちの多くは中道左派、あるいは穏健なリベラル主義の政治家たちであった。主だった者として、アメリカの大統領はビル・クリントン、イギリスの首相はトニー・ブレア、カナダの首相はジャン・クレティエン、ドイツの首相はゲアハルト・シュレーダー、イタリアの首相はマッシモ・ダレマであった。反戦活動家たちの多くは、リベラル右派、極左、セルビア系移民、そのほか人道主義団体の支援を受けた各種の左翼主義者たちであった。ベオグラードに対するドイツの攻撃(20世紀で3度目のことである)は、オスカー・ラフォンテーヌが連邦金融大臣やドイツ社会民主党(SPD)議長の地位を退く理由のひとつであった。コソボ紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 自由のフライ

    自由のフライから見たイラク戦争イラク戦争

    自由のフライ()は、2003年頃にアメリカ合衆国で一時期流行ったフライドポテトの別名。米国ではフライドポテトをフレンチフライ(French fries 「たっぷりの油で揚げたフライ」の意)というが、フランスがイラク戦争への加担を拒否したため、これに腹を立てた一部の米国民が不買運動などの反仏活動を行い、その一環としてフレンチフライドポテトを「自由のフライ」と言い換えた。自由のフライ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国51番目の州

    アメリカ合衆国51番目の州から見たイラク戦争イラク戦争

    イギリスは、冷戦終結後もアメリカの強力な同盟者であり、レーガンとサッチャーの時代に続いて、ジョージ・W・ブッシュによる2003年のイラク侵攻については、トニー・ブレア英国首相が強く支持することで裏付けられた。ブッシュ・ブレア両首脳が会する時の友好的な雰囲気がそれを示していた。テロリズムに対抗し、情報を共有し合うためにUKUSA協定が創られた。アメリカ合衆国51番目の州 フレッシュアイペディアより)

1405件中 81 - 90件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード