前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
360件中 1 - 10件表示
  • イラク戦争

    イラク戦争から見たディック・チェイニー

    またプレイム事件などの裁判などでも、ブッシュ政権におけるブッシュ大統領やディック・チェイニー副大統領ら複数の政府高官らによる情報操作とその関わりについて 裁判の中で語られている。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た盧武鉉

    韓国は3月21日の臨時閣議で、600人以内の建設工兵支援団と100人以内の医療支援団を派遣することを決定。だがその後、議会で反対に遭い、与党の分裂などもあって派遣が実現するかどうかは不透明化した。4月2日の国会での演説で、盧武鉉大統領は再び派兵の承認を議会に要請。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たヒラリー・クリントン

    ブッシュ大統領は退任直前のインタビューで「私の政権の期間中、最も遺憾だったのが、イラクの大量破壊兵器に関する情報活動の失敗だった」と述べたが、大量破壊兵器を保有していないことを事前に知っていれば、イラク侵攻に踏み切らなかったのではという質問に対しては、「興味深い質問だ」と述べただけで、明確な返答を避けた。また、イラク戦争に賛成したヒラリー・クリントンは、2014年に侵攻は誤りだったと述べている。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たコンドリーザ・ライス

    2006年4月に入ると、エジプトやサウジアラビアの要人が相次いで「イラクは内戦である」と発言し、これに対してイラク移行政府が強く反発した。しかし国内はシーア派とスンナ派による抗争が過激化し、連日テロや殺戮が起こっていた。スンナ派が反発したのは移行政府首相がシーア派過激派のと親密だったからである。4月22日、シーア派系議員連合「」(UIA)は、首相にヌーリー・マーリキーを擁立した。スンナ派とクルド人も容認し、連邦議会が再開した。4月26日には早くもアメリカ政府からラムズフェルド国防長官とコンドリーザ・ライス国務長官が相次いでイラク入りし、これを歓迎した。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たトニー・ブレア

    また、アメリカに合わせて武力行使を積極支持したイギリス・ブレア政権では、閣僚が相次いで辞任を表明し、政府の方針に反対した。3月17日ロビン・クック枢密院議長兼下院院内総務、3月18日保健担当、内務担当両政務次官が辞任(BBCニュースの記事に更に詳細なリストがある)。結果としてブレア首相は議会の承認を早急に採りつける必要に迫られた。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たコリン・パウエル

    これは、湾岸戦争後にコリン・パウエルによって提唱された「パウエル・ドクトリン」と呼ばれる戦争のスタイル(圧倒的な兵力を投入し、短期間での勝利を目指すもの)と対照的である。各国の軍事専門家の間でもイラク戦争における米軍の戦術がどの程度功を奏するかについては注目され、あるいは心配されていた。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たコフィー・アナン

    また、国連においてもイラク関連人道支援事業石油食料交換プログラムに関わる汚職が後に問題となった。これは経済制裁を受けていたイラクが石油と食料や衣料品を交換するという国連の事業であり、この計画に関与したブトロス・ブトロス=ガーリ元事務総長のファミリー企業や事務次長(当時)、コフィー・アナン元事務総長の長男コジョが密輸やイラク政府、関連企業からの賄賂によって利益を得ていたという事件である。フセイン政権がこの計画で不正に得た収益は19億ドルにのぼるとされており、そのための賄賂と見られている。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たさいとう・たかを

    さいとう・たかを『ゴルゴ13』「ラストグレートゲーム」イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たヌーリー・マーリキー

    連合軍はイラクと講和したわけでも、停戦協定を結んだわけでもなく、いわばアメリカがクーデター(しかも起こる兆候さえなかった)に手を貸して旧体制を転覆、一方的に終結を宣言したに過ぎず(初期のヌーリー・マーリキー政権は米英の傀儡政権である)、前述したように、イラク軍やイラク政府が地下に潜ってしまった為である。また、戦闘が終結したことにすると、復興事業に乗り出すことができ、戦闘には参加できない国も兵力を差し向け易くできると言った政治的な意味合いが強かった。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たレジェップ・タイイップ・エルドアン

    これに対しPKKは激しく抵抗、クルド自治区もペシュメルガにトルコ軍との遭遇した場合には応戦するよう命じ、情勢は一触即発の事態にまで進展した。しかし、トルコ軍は結局アメリカ政府の強い圧力の下に初期の目的を果たせぬまま撤退を余儀なくされ、イラク政府は3月1日までにトルコ軍越境部隊の撤収を確認し、危機は一応の収束を迎えた。また、同軍の越境攻撃に関してはレジェップ・タイイップ・エルドアン首相は消極的であったとされるが、ケマル・アタテュルク以来の国是である政教分離を守ろうとする軍部と首相の所属政党でイスラム主義を標榜する公正発展党の内部から突き上げられ、両者との板ばさみになっている側面もある。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
360件中 1 - 10件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード