302件中 31 - 40件表示
  • イラク戦争

    イラク戦争から見た久間章生

    一方、大量破壊兵器が発見されなかったことで、イラク戦争を支持した同盟国にも動揺が走った。最大の同盟国であるイギリスでは、ブレア首相が開戦前に「フセイン政権が生物化学兵器の使用を決定した場合、45分以内に配備できる」という報告書を提出し、情報の真偽を巡って自殺者まで出していたため「国民を騙した」として支持率が急落、任期を残しての早期退陣に追い込まれた。デンマークのイエンスビュ国防相も開戦前に「大量破壊兵器問題をめぐる報告書」を提出してイラク戦争を支持したため辞任を余儀なくされた。また、ポーランドのクワシニエフスキ大統領は「アメリカに騙された」と批判し、日本の久間章生防衛相も「大量破壊兵器があると決め付けて、戦争を起こしたのは間違いだった」と発言し物議を醸した。オーストラリアのブレンダン・ネルソン国防相にいたっては、「原油の確保がイラク侵攻の目的だった」と開き直る発言をして批判を浴びている。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たポール・オニール (実業家)

    後に元財務長官のポール・オニールが「政権開始当初からイラク戦争の計画はあった」と「暴露」イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たデビッド・ケイ

    2004年1月28日には、当時のデビッド・ケイ大量破壊兵器調査団長(CIA 顧問)が米上院軍事委員会の公聴会で「私を含めてみんなが間違っていた。調査活動が85%ほど終了した今、生物・化学兵器が発見される可能性はもうないだろう」と証言した。同年10月にはアメリカが派遣した調査団が「イラクに大量破壊兵器は存在しない」との最終報告を提出。大量破壊兵器の情報の信憑性が薄いものであったことが明らかになった。この事に関してサッダーム・フセインは、拘束後のFBIの取調べで、イラクが査察に非協力的だったのは「大量破壊兵器を保持している事をほのめかす事でイランや国内の反政府勢力を牽制しようとした」ためで、化学兵器などの大量破壊兵器は「湾岸戦争後の国連の査察ですべて廃棄させられたため最初から無かった」と証言している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たムハンマド・サイード・アル=サハフ

    全土の攻略に1ヶ月強というすさまじい速さでの占領であった。その迅速さは戦争開始前後から積極的にメディア工作をおこなっていたサッハーフ情報大臣がバグダッドの平穏を強弁しているその後ろを米軍戦闘車両が通過する、といった映像が放映される一幕を演出するほどであった。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たウィンストン・チャーチル

    イギリスのブレア首相は政府声明として、アメリカの武力行使を支持し、共に参戦すると表明。参戦の際の声明では、かつてウィンストン・チャーチル元首相が発した「陸海空から」という文言が用いられた。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たムアンマル・アル=カッザーフィー

    リビアは、2003年12月に最高指導者カッザフィー大佐が大量破壊兵器の放棄を宣言した。この行動はイラク戦争後に自国が標的にされる可能性があったためであると解釈する論説と、カッザーフィーがアフリカ連合へと活動の主軸を移した事による大量破壊兵器の必要性低下と偶然に時期が合致しただけだとの論説がある。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たハンス・ブリクス

    2003年1月9日、UNMOVICのハンス・ブリクス委員長とIAEAのモハメド・エルバラダイ事務局長は安全保障理事会に調査結果の中間報告を行った。この中で、大量破壊兵器の決定的な証拠は発見されていないものの、昨年末に行われたイラク側の報告には「非常に多くの疑問点」があり、申告書には「矛盾」(を参照)があるとした。また、イラク側が国連ヘリコプターによる飛行禁止区域の査察を拒否するなど、査察非協力も明らかになった1月16日には申告書に記載されていなかった化学兵器搭載可能なミサイル12基がUNMOVICによって発見された。このためアメリカとイギリスは、イラクが安保理決議1441に違反したものとして攻撃の準備を始めた。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たジョージ・ウォーカー・ブッシュ

    2007年1月10日、ジョージ・ブッシュ米大統領は「イラクの混乱の原因はすべて私にある」とテレビ演説し、陸軍5個師団・1万7500人、海兵隊2個大隊・4000人から成る、最大で米兵2万2000人のイラクへの一時増派を明らかにした。兵力増強をブッシュに進言したのはジョン・マケイン上院議員だとされる。2月にはイラク駐留米軍の司令官にデービッド・ペトレイアスが就任した。具体的には、1万数千人がバグダードで治安維持に当たるほか、治安悪化の著しい西部の州にも7000人程度が派遣され、ゲリラ掃討に当たるというものであった。また、この戦争と占領によって、米本国の陸軍と海兵隊の人員が不足したことから、数万人規模で増員した。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たターリク・ミハイル・アズィーズ

    2月14日から2月16日にかけてカトリック教徒でもあるイラクのターリク・ミハイル・アズィーズ副首相はバチカン、イタリアに渡りローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と会談するなどして戦争回避姿勢を国際社会にアピールした。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たドミニク・ガルゾー・ド=ビルパン

    4月1日、フランスのド=ビルパン外相は、テレビのインタビューで米英への支持を表明、良好な関係を保つことの重要性を強調した。また、フランスは開戦前にフランス領空のアメリカ空軍機の自由通過を承認。開戦後にフランス海軍、ドイツ海軍はサウジアラビア近海に展開。ロシア海軍も開戦から1か月以上経ってからサウジアラビア近海及びインド洋に展開した。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

302件中 31 - 40件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード