302件中 51 - 60件表示
  • イラク戦争

    イラク戦争から見た国防総省

    2008年3月、国防総省は正式に「フセインとアルカーイダの関係を示す決定的証拠はない、認められるのはパレスチナ武装勢力との関係のみ」とする報告書をまとめた。なお、報告全文は当初インターネットでの公開が予定されていたが、直前になって突如文書頒布のみに切り替えられた。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たアメリカ国防総省

    イラク戦争は5月1日の『戦闘終結宣言』によって、連合軍は圧倒的勝利という姿で、形式的にはイラクへの攻撃を終了した。イラクはアメリカ軍のバグダッド進攻によるフセイン政権崩壊以降、国連安保理決議1483に基づいてアメリカ国防総省人道復興支援室および連合国暫定当局(CPA)の統治下に入って復興業務が行われることとなった。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た自衛隊イラク派遣

    日本:800人(戦闘終結宣言後に派遣、陸上自衛隊600人は2006年7月末撤収 航空自衛隊も前述国連決議に基づき2008年末撤収)→参照:自衛隊イラク派遣イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た傭兵

    アメリカ兵の犠牲者は4,000人を突破し、これに加えて、軍に従事する民間軍事会社の契約要員(米軍から民間委託分野として警備や輸送業務に従事し、治安作戦への参加も指摘されている。実態として傭兵に近い)が、これまでに少なくとも1,000人以上が死亡していると報じられている(そのなかには、軍事経験のある日本人の契約要員が1名いる)。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た自衛官

    イラクに派遣された自衛隊は戦死者が一人も出ていないと公式に発表されている。ただし、イラクを含む海外派遣任務に就いた1万9700人の自衛官のうち35人が在職中に何らかの原因で死亡している。内訳は海上自衛隊員が20人、陸上自衛隊員が14人、航空自衛隊員が1人となっており、死因は事故・死因不明が12人、自殺が16人、病死が7人と発表されている。「在職中」には任務から帰国して以降も含まれており、イラク国内で死亡した自衛官の数はわかっていない、また、武装勢力側は、複数名の自衛官殺害戦果を主張している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た中国人民解放軍

    事前の大方の予想を裏切り、アメリカの陸上部隊も迅速にバグダードまで進軍することに成功した。このことはアメリカの圧倒的軍事力を一時的なイメージだけであれ世界中に見せつける結果となった。軍事大国アメリカの存在感をいっそう高め、中東を始め世界各国に改めて示すことができた訳である。開戦前から戦争が泥沼化すると予想していた研究者もいたが、この初期の圧勝によって彼らの主張は全く受け入れられなかった。この軍事的成功はC4ISR化(指揮・統制・監視・偵察のIT化とコンピュータ化)をいっそう促し、RMA(軍事革命)という考え方が台頭する。中国人民解放軍もこうした新しい戦争には着目し、ハイテク環境下における局地戦や、三打三防戦略といったドクトリンを生み出している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た自衛隊

    イラクに派遣された自衛隊は戦死者が一人も出ていないと公式に発表されている。ただし、イラクを含む海外派遣任務に就いた1万9700人の自衛官のうち35人が在職中に何らかの原因で死亡している。内訳は海上自衛隊員が20人、陸上自衛隊員が14人、航空自衛隊員が1人となっており、死因は事故・死因不明が12人、自殺が16人、病死が7人と発表されている。「在職中」には任務から帰国して以降も含まれており、イラク国内で死亡した自衛官の数はわかっていない、また、武装勢力側は、複数名の自衛官殺害戦果を主張している。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たバグダッド

    フセイン政権崩壊後、政権の中枢に躍り出たのが、これまで支配下に置かれていたイスラム教・シーア派勢力である。イラク戦争から5年を迎えた2008年3月に入ると、そのシーア派内で内部抗争が勃発。同派の強硬派であるムクタダー・サドル一派と政府との対立が表面化。政府軍とマフディー軍が、同月25日にバスラで衝突したのを皮切りに、クート、ヒッラ、バグダッドに拡大。ヌーリ・マリキ首相自身が陣頭指揮を執った、25日のバスラでの戦闘では双方合わせて31名が死亡した。26日にマリキ首相は、28日までのマフディー軍の武装解除を要求、一方のサドルも前日のナジャフでの声明で徹底抗戦の構えを見せている。27日には両者の先頭でバスラ近郊の石油パイプラインが爆破された。また同日には、米国のジョージ・ブッシュ大統領がオハイオ州での演説で政府軍支持を鮮明にした。更に、同日深夜にはバグダードで外出禁止令が発令された。翌・28日には政府軍に同調した米軍が南部・バスラのマフディー軍施設を空爆した。同日にマリキ首相は、マフディー軍の武装解除期限を4月8日まで延長すると発表した。30日にはサドル自身がマフディー軍に対し戦闘中止を呼びかけ、31日にはバグダードの外出禁止令が解除された。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見た陸上自衛隊

    また、この戦争中、並びに、ブッシュ政権による大規模戦闘の終結宣言後の一連の戦闘においても、米軍は、湾岸戦争やボスニア紛争、コソボ紛争時など以上に、大量の劣化ウラン弾を使用したといわれている。陸上自衛隊が人道支援・戦後復興支援のために派遣され駐留したイラク南部のサマーワ近郊周辺からも、実際に、この戦争で米軍が使用したものと見られる劣化ウラン弾(複数)が発見されている。これら大量の劣化ウラン弾から漏れる放射線による癌患者の増加や奇形児が問題となっている。1開戦国以外の国々により、これらは比較的初期の段階で非難されていたが、米国内では教育の程度の低い中流階級以下の層ではほとんど知られていないのが現状である。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

  • イラク戦争

    イラク戦争から見たウラン

    ニジェール疑惑 - プレイム事件(ニジェール疑惑はイラクがニジェールからウランを買い求めようとした疑惑。なお、結果的に偽情報であった事が確認された。プレイム事件はこの疑惑絡みで、イラク戦争において大量破壊兵器プロパガンダを指導するブッシュ政権を批判した外交官の妻がCIAエージェントであると暴露した事件。2007年3月6日有罪評決)。イラク戦争 フレッシュアイペディアより)

302件中 51 - 60件表示

「イラク戦争」のニューストピックワード