2413件中 91 - 100件表示
  • 小川正二

    小川正二から見たイラクイラク

    東京都出身。1971年に東京大学経済学部を中退し、外務省入省。サウジアラビア在勤、国際連合日本政府代表部参事官、1991年外務省外務大臣官房領事移住部邦人保護課長、1994年日本輸出入銀行営業第三部参事役、1997年在スリランカ日本国大使館公使兼モルディブ公使、2000年在アイルランド日本国大使館公使、2002年在デンマーク日本国大使館公使兼リトアニア公使を経て、2004年(平成16年)7月から2005年2月まで、自ら希望して在クウェート日本国大使館公使兼イラク公使と兼務して在サマーワ外務省連絡事務所長を務めた。2005年(平成17年)アトランタ総領事を経て、2008年(平成20年)から2010年(平成22年)までイラク駐箚特命全権大使。退官後はイラク関係のビジネスコンサルト業を行っており、日立製作所のアドバイザーなどを務める。小川正二 フレッシュアイペディアより)

  • 乾燥ライム

    乾燥ライムから見たイラクイラク

    イラクではバスラレモンという意味のnoomi basra、イランではオマーンライムを意味するlimoo amani(リムアッマニ)、オマーンではlimooと呼ばれる。レモンと呼ばれているが、実際にはレモンではなくライムである。乾燥ライム フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見たイラクイラク

    5月20日 - イラクでフセイン政権崩壊後、約3年ぶりに正式政府が発足。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ウルク (メソポタミア)

    ウルク (メソポタミア)から見たイラクイラク

    場所はシュメールの最南部に当たり、イラクという国名の由来になったとも言われている。都市が起こった当時は他都市の2倍を超える250ヘクタールほどの面積であったと推察され、シュメール地方の都市国家では最大の広さを誇った。ウルク (メソポタミア) フレッシュアイペディアより)

  • ガーセム・ソレイマーニー

    ガーセム・ソレイマーニーから見たイラクイラク

    1980年9月22日、当時のイラクのサッダーム・フセイン大統領がイランに侵攻した際、ガーセム・ソレイマーニーは、イランのイスラム革命防衛隊の中尉だった。しかし戦争の勃発とともに、敵陣地に潜入しての大胆な偵察作戦で名をはせる。それによって急速に昇進を果たし、30歳にして第41タサララ師団の司令官に任命される。ガーセム・ソレイマーニー フレッシュアイペディアより)

  • イツハーク・モルデハイ

    イツハーク・モルデハイから見たイラクイラク

    イツハーク・モルデハイ(Yitzhak Mordechai、ヘブライ語:???? ?????)は、1944年11月22日・イラク北部出身のイスラエルの政治家、軍人。同国の国防相をつとめた。クルド系ユダヤ人である。イツハーク・モルデハイ フレッシュアイペディアより)

  • アッシリア人

    アッシリア人から見たイラクイラク

    主にイラク北部とシリア北東部、イラン北西部、トルコ東南部にまたがる地域に住み、自身はこの地域をベート・ナハライン(アラム語: Bet Nahrain。「2つの川(=ティグリス川とユーフラテス川)に挟まれた地域」の意。ギリシア語のメソポタミア()の語源)と呼ぶ。同時にこの地域はクルド人の住むクルディスタンとほぼ重なっている。アッシリア人 フレッシュアイペディアより)

  • イラク日本人外交官射殺事件

    イラク日本人外交官射殺事件から見たイラクイラク

    イラク日本人外交官射殺事件(イラクにほんじんがいこうかんしゃさつじけん)は、2003年11月29日、イラクへ派遣されていた日本人外交官2人が、バグダード北西140kmに位置するティクリート近郊にて、日本大使館の車両で移動中、何者かに射殺された事件である。2015年現在も犯人逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。イラク日本人外交官射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • ムンタゼル・アル=ザイディ

    ムンタゼル・アル=ザイディから見たイラクイラク

    ムンタザル・アッ=ザイディー(アラビア語:????? ?????? 、Munta?ar az-Zaydī、1979年11月12日 - )は、イラクのジャーナリスト。ムンタゼル・アル=ザイディ フレッシュアイペディアより)

  • ルスタム朝

    ルスタム朝から見たイラクイラク

    740年代のマグリブではイスラム教のハワーリジュ派の思想が広がっていた750年にアッバース朝が建国されるとハワーリジュ派はイラクでの活動に困難をきたし、ハワーリジュ派の一派であるイバード派はマグリブに共同体を建設するため、757年から758年にかけて5人の宣教師を派遣した。宣教師の代表者(イマーム)であるアブー・アル=ハッターブはカイラワーンをスフリ派から奪還し、町の支配をイブン・ルスタムに委任した。758年から761年にかけてイブン・ルスタムはハワーリジュ派の信徒を率いてカイラワーンを支配するが、761年にカイラワーンはアッバース朝の軍隊によって制圧される。同年にイブン・ルスタムはフッワーラ族をはじめとするトリポリタニアのザナータ系ベルベル人の協力を得てティアレを征服し、ティアレから西に10km離れた場所にターハルトの町を建設した。777年/78年にイブン・ルスタムはイバード派唯一のイマームに推戴され、自身が建設したターハルトを都とした。ルスタム朝 フレッシュアイペディアより)

2413件中 91 - 100件表示

「イラク」のニューストピックワード