2413件中 11 - 20件表示
  • クルド人

    クルド人から見たイラクイラク

    トルコ・イラク北部・イラン北西部・シリア北東部等、中東の各国に広くまたがる形で分布する、独自の国家を持たない世界最大の民族集団である。人口は2,500万?3,000万人といわれている。中東ではアラブ人・トルコ人・ペルシャ人(イラン人)の次に多い。宗教はその大半がイスラム教に属する。一方、宗派については、イスラム教のスンニ派(トルコのクルド人のあいだではスンナ派シャーフィー法学派が多数)、アレヴィー派の順に多く、ヤズィーディー(Yazidi)や(ペルシア語:、あるいはヤルサン クルド語: とも)なども存在する。言語的にはインド・ヨーロッパ語族イラン語派のクルド語に属する。主な生業は牧畜で、この地のほかの民族と同じく遊牧民として生活する者が多かったが、近年トルコ等を中心に都市へ流入し、都市生活を送る割合も相当数存在する。アイユーブ朝の始祖サラーフッディーン(サラディン)はクルド人の出自と見られている。クルド人 フレッシュアイペディアより)

  • イランの歴史

    イランの歴史から見たイラクイラク

    かつてハカーマニシュ朝の発祥地となり、その記憶も深く残るファールス(ペルスィス)地方では特にこのような主張は強く、208年には支配者パーパクの元でアルシャク朝に対する反乱が起きた。パーパクの反乱は間もなくアルシャク朝によって鎮圧されたが、アルシャク朝では間もなくヴォロガセス6世とアルダヴァーン4世(アルタバヌス4世)による内乱が発生した。アルシャク朝の内乱の最中、ファールスで新たに支配者となったアルダシール1世は再びアルシャク朝に対する反乱を起こした。アルダシール1世は226年までに二人のアルシャク朝の王を相次いで倒し、新たにサーサーン朝を建てた。サーサーン朝は間もなく旧アルシャク朝の領域のほぼ全てを支配下に置いて諸王の王を称するようになり、更に西ではローマ皇帝を捕虜とする大勝利を収め、東ではクシャーナ朝を支配下においた。そしてその中心都市はイラクのクテシフォンに置かれた。イランの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たイラクイラク

    5月20日 - イラクでフセイン政権崩壊後、約3年ぶりに正式政府が発足。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • イラン

    イランから見たイラクイラク

    イラン・イスラム共和国(イラン・イスラムきょうわこく、)、通称イランは、西アジア・中東のイスラム共和制国家。ペルシア、ペルシャともいう。北にアゼルバイジャン、アルメニア、トルクメニスタン、東にパキスタン、アフガニスタン、西にトルコ、イラクと境を接する。また、ペルシア湾をはさんでクウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦に面する。首都はテヘラン。イラン フレッシュアイペディアより)

  • パックボット

    パックボットから見たイラクイラク

    パックボット(PackBot)は、米iRobot社がゲンギスの包摂アーキテクチャ(Subsumption Architecture; SA)理論を取り入れて開発した人工知能搭載の軍用遠隔操作多目的ロボットであり、911テロ事件での捜索、イラクやアフガニスタンなど戦場での偵察や爆弾処理などに使用され実績を挙げている。パックボット フレッシュアイペディアより)

  • イラクの文化

    イラクの文化から見たイラクイラク

    イラクは世界でも有数の古い文化の歴史を持つ。イラクは古代メソポタミア文明が興った場所であり、その遺産は旧世界の文明の発展に大きな影響を与えた。文化的に見て、イラクは非常に多くの遺産を持つ。イラクは詩や絵画、彫刻においてアラブ世界でも屈指の質の高さを誇り、それらの幾つかは世界でも屈指のものである。イラクはラグやカーペットを含む工芸製作でも知られている。イラクの建築はバグダードの広大な都市にも見ることができる。多くの建物は戦争による破壊行為により新しく造営されたものであるが、精巧な古代の建築や数々の遺跡も見ることができる。イラクの文化 フレッシュアイペディアより)

  • スタファン・デ・ミストゥラ

    スタファン・デ・ミストゥラから見たイラクイラク

    1997年3月から8月まで、イラクで国連人道調整官を務めた。スタファン・デ・ミストゥラ フレッシュアイペディアより)

  • ジャラル・タラバニ

    ジャラル・タラバニから見たイラクイラク

    ジャラール・タラバーニー (クルド語:ソラニー:????? ???????? / Celal Talebanî アラビア語:???? ???????, Jalāl Tālabānī、1933年11月12日 - 2017年10月3日)は、イラクのクルド人政党のクルド愛国同盟議長、2005年にイラク共和国大統領に就任。ジャラル・タラバニ フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たイラクイラク

    また、ソ連は1970年代に世界的に勢力を伸ばし、統一ベトナム、カンボジア、ラオス、エチオピアの共産主義政府と協力関係を築き、アンゴラ、モザンビーク、南イエメンでは共産主義勢力に加担して紛争に介入した。ほかにビルマ、アルジェリア、コンゴ、イラクといった、アメリカが近づきにくい国に接近し、友好関係を築いた。ソ連の影響力は1980年代にかけて第三世界に広がった。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • アラウィー派

    アラウィー派から見たイラクイラク

    10世紀の12イマーム派ウラマーたちは、9世紀のイラクでアリー・ハーディー(10代イマーム)の支持者ムハンマド・ブン・ヌサイル・アン・ナーミリーに従い、アリーや歴代イマームを崇拝したナーミリー派について言及している。この「ムハンマド・ブン・ヌサイル・アン・ナーミリー」がアラウィー派の創始者ヌサイルと同一視され、19世紀以降の西欧人研究者たちはナーミリー派をアラウィー派の起源とみなした。ただし、ナーミリー派はアリー・ハーディーとハサン・アスカリー(11代イマーム)を崇拝する集団とみなされており、アリーを崇拝する現在のアラウィー派との関係は不明である。アラウィー派 フレッシュアイペディアより)

2413件中 11 - 20件表示

「イラク」のニューストピックワード