2413件中 31 - 40件表示
  • 併合

    併合から見たイラクイラク

    武力を背景とした一方的な併合の場合、第三国が併合を承認せず、地図上では併合前の国境が用いられることもある。イスラエルによる東エルサレム併合や、イラクによるクウェート併合などでその例が見られる。併合 フレッシュアイペディアより)

  • ティムールの征服戦争

    ティムールの征服戦争から見たイラクイラク

    ティムールの征服戦争では、1370年から1405年までのティムールの征服事業について解説する。モンゴル帝国再興を目指してティムールは中央アジア、トルキスタン、ペルシア、イラク、シリア、南ロシア、インドへの征服戦争に生涯を費やし一大帝国を築く。これはユーラシア規模の最後の征服戦争であった。ティムールの征服戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 東方諸教会

    東方諸教会から見たイラクイラク

    主にエジプト・イスラエル・ヨルダン・シリア・レバノン・イラクといった中東、ならびにスーダン・エチオピア・エリトリアといった北東アフリカに分布する。エジプトでは人口の1割がコプト正教会に属し、エチオピアでは人口の半数以上がエチオピア正教会に属しており、その規模は小さくない。また米国・西欧諸国への移民達の間でも信仰されており、そうした移民等を通じて近年、中東・北東アフリカ以外の地域への広がりをみせつつある。東方諸教会 フレッシュアイペディアより)

  • クーガー装甲車

    クーガー装甲車から見たイラクイラク

    底面がV型成形されたモノコック構造の車体が機関室まで延長されており、車体下方からの爆風の直射を受け流す。本車の空調は二重化されており、イラクの気温摂氏37.8度以上の環境でも重装備した歩兵が熱中症を起こすことなく活動することができた。クーガー装甲車 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史的シリア

    歴史的シリアから見たイラクイラク

    歴史的シリア(れきしてきシリア)は、大シリア、シリア地方ともいわれ、現在のシリア・アラブ共和国およびレバノン、ヨルダン、パレスチナ、イスラエルを含む地域の歴史的な呼称。西は地中海に面し、北は現在のトルコの一部、東はゴラン高原などの山地をはさんでイラクと接し、南は紅海およびアラビア半島に通じる。イスラーム勃興時代からアラビア語でシャーム地方(bilād al-Shām)と呼ばれた地域はほぼこの範囲に該当する。歴史的シリア フレッシュアイペディアより)

  • 国際緊急経済権限法

    国際緊急経済権限法から見たイラクイラク

    (2003年-)旧イラクのバース党の元職員国際緊急経済権限法 フレッシュアイペディアより)

  • イラク治安部隊

    イラク治安部隊から見たイラクイラク

    イラク治安部隊(イラクちあんぶたい、Iraqi Security Forces)は、イラクの軍隊(イラク軍)、内務省が管理する部隊(準軍事組織・警察)、各政府機関が管理する部隊(施設警備部隊)、および政府と契約した民間軍事会社の契約警備員らの、イラク駐留多国籍軍側の総称。イラク治安部隊 フレッシュアイペディアより)

  • イランの国際関係

    イランの国際関係から見たイラクイラク

    イラクとの関係は歴史的に良好であったことがないが、1980年にはイラクがイランに侵攻し、さらに悪化することになる。侵攻の理由として明示されたのはアルヴァンド川(シャットルアラブ川)水面上における両国国境の確定問題であった。しかしながら明示されていない諸要因がより説得的なものである。すなわち、イラン・イラク両国が双方国内の分離主義運動を支援し、相互の干渉を行ってきていたことなどである。このような行動は1975年のアルジェ合意で停止されたが、イランは革命後にイラク領クルディスタンにおけるゲリラ活動支援を再開していた。イランの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • シーア派

    シーア派から見たイラクイラク

    シーア派の信者はイスラム教徒全体の10%から20%を占めると推定される。2009年には、信徒数は約2億人と推定される.。信徒は世界中に分布するが、イラン、イラク(国内のムスリムは全人口の95%、全人口の3分の2がシーア派)、レバノン(政治的理由から公式資料なし〔レバノン内戦参照〕だが、人口の半数を超えているといわれる)、アゼルバイジャン(85%)では特にシーア派住民が多い。またイエメン(45%)、パキスタン(20%)、サウジアラビアの東部(10%)、バーレーン(70%)、オマーン、アフガニスタン(ハザーラ人など)にも比較的大きな信徒集団が存在する。シーア派 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊海外派遣

    自衛隊海外派遣から見たイラクイラク

    1991年(平成3年)6月5日?9月11日。自衛隊法99条に基づき、海上自衛隊のペルシャ湾派遣掃海部隊を派遣。ペルシャ湾(公海・イラク領海・イラン領海・クウェート領海・サウジアラビア領海)で機雷掃海を実施。自衛隊海外派遣 フレッシュアイペディアより)

2413件中 31 - 40件表示

「イラク」のニューストピックワード