1812件中 51 - 60件表示
  • イラク武装解除問題

    イラク武装解除問題から見たイラクイラク

    イラク武装解除問題(イラクぶそうかいじょもんだい)とは、湾岸戦争停戦に際して、停戦条件として国際連合安全保障理事会によって大量破壊兵器の破棄を義務付けられたイラクと、他の諸国の間に生まれた緊張関係を指す。この記事では湾岸戦争停戦後の1991年からイラク戦争が勃発する2003年までの事件を記す。イラク武装解除問題 フレッシュアイペディアより)

  • ならずもの国家

    ならずもの国家から見たイラクイラク

    1990年代末において、米国政策担当者は北朝鮮、イラク、イラン、アフガニスタンおよびリビアを「ならずもの国家」と認識していた。2001年10月からのアメリカのアフガニスタン侵攻に伴い同国は「ならずもの国家リスト」から除外され、2003年3月からのアメリカを中心とした多国籍軍のイラク侵攻作戦によって、イラクも同リストから外れた。一方、リビアは外交交渉および、その後のアラブの春におけるカダフィ政権の崩壊によって、現在では米国の「ならずもの」認定からは除外されたと考えられている。ならずもの国家 フレッシュアイペディアより)

  • ジュノー (ドック型輸送揚陸艦)

    ジュノー (ドック型輸送揚陸艦)から見たイラクイラク

    イラク軍のクウェート侵攻後、ジュノーは揚陸艦グループ3の僚艦12隻と共に1990年12月、砂漠の嵐作戦に参加するためペルシャ湾に向けて出航した。揚陸艦グループ2の艦が加わり、ジュノーは朝鮮戦争時の仁川上陸作戦以来最大の上陸作戦部隊のメンバーであった。1991年2月24日、ジュノーはサウジアラビアのラス・アル・ミシャブにクウェート南部からイラク軍を攻撃する部隊員と装備および弾薬を陸揚げした。ジュノー (ドック型輸送揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

  • ファーテメ・バラガーニー

    ファーテメ・バラガーニーから見たイラクイラク

    ファーテメはモッラー・モハンマド・サーレフ・バラガーニーの娘として、テヘランの近くのカズヴィーンで育った。13歳のとき、同地でいとこのモハンマド・イブン・モハンマド・タギーと結婚し、二人の息子と一人の娘をもうけた。父から宗教的教育を受け、やがてイラクのアタバート(シーア派聖廟都市)で全盛期にあるシャイヒー運動指導者らとのやりとりを始める。最終的に彼女は自分でその地へと赴いた。ファーテメ・バラガーニー フレッシュアイペディアより)

  • ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)

    ダビューク (ドック型輸送揚陸艦)から見たイラクイラク

    1990年8月のイラクのクウェート侵攻でダビュークは砂漠の盾作戦に参加しペルシャ湾に展開した。同艦は揚陸準備グループBの主力として、多国籍軍創設初期に海兵隊上陸チームをサウジアラビアのアル・ジャビルに揚陸した。ダビューク (ドック型輸送揚陸艦) フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア回廊

    ペルシア回廊から見たイラクイラク

    1941年のドイツのソビエト連邦侵攻により、イギリスとソビエトは同盟関係となった。両者はイランへ注目した。イギリスとソビエトは、新しく開業したイラン縦貫鉄道をペルシア湾からソビエト連邦へ物資を輸送するための魅力的なルートとして考えた。イギリスとソビエトはイランへ圧力を加え干渉することにより、イラン(及びイギリスの場合イラクも)を軍事及び輸送手段に利用する許可を得ると言う譲歩を引き出そうとした。特にイギリスとの緊張の増加はテヘランで親ドイツの暴動を引き起こした。1941年8月レザー・シャーは、ドイツ人の国民を国外退去させることを拒否し、明確にドイツ側につこうとした。そのため、イギリスとソビエトはイランに侵攻してシャーを逮捕し、南アフリカに亡命させた。これにより、両国はイランにおける鉄道の支配を得ることができた。ペルシア回廊 フレッシュアイペディアより)

  • 小川郷太郎 (外交官)

    小川郷太郎 (外交官)から見たイラクイラク

    小川 郷太郎(おがわ ごうたろう 1943年7月1日 - )は静岡県静岡市出身の日本の元外交官。イラクやアフガニスタンの復興支援のために尽力した。現在、高校生の留学を支援する財団法人エイ・エフ・エス日本協会の理事長や三井住友海上火災保険の顧問を務めている。小川郷太郎 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 国際連合安全保障理事会決議678

    国際連合安全保障理事会決議678から見たイラクイラク

    国際連合安全保障理事会決議678(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ678、)は、1990年11月29日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR678。国際連合安全保障理事会決議678 フレッシュアイペディアより)

  • バグダードの戦い

    バグダードの戦いから見たイラクイラク

    現在のイラクの首都であるバグダードは、当時はアッバース朝第37代カリフのムスタアスィムが統治するアッバース朝の首都であった。バグダードの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 死のハイウェイ

    死のハイウェイから見たイラクイラク

    死のハイウェイ(しのハイウェイ、Highway of Death)とは、湾岸戦争中の1991年2月26日から27日に掛けての夜間に、撤退するイラク軍がアメリカ軍の航空機に攻撃された、クウェートの首都・クウェートシティとイラク側のバスラを結ぶ道路のことである。西側のニュースはこの道路を、クウェートシティから国境の町であるクウェートのアブダリとイラクのサフワンを経由し、バスラへと向かう「ハイウェイ80」として報道した。この道路は1990年代の終わりに修復され、イラク戦争の初期段階において米英連合軍のイラクへの侵攻に使われた。死のハイウェイ フレッシュアイペディアより)

1812件中 51 - 60件表示

「イラク」のニューストピックワード