1812件中 61 - 70件表示
  • イラク日本人外交官射殺事件

    イラク日本人外交官射殺事件から見たイラクイラク

    イラク日本人外交官射殺事件(イラクにほんじんがいこうかんしゃさつじけん)は、2003年11月29日、イラクへ派遣されていた日本人外交官2人が、バグダッド北西140kmに位置するティクリート近郊にて、日本大使館の車両で移動中、何者かに射殺された事件である。イラク日本人外交官射殺事件 フレッシュアイペディアより)

  • OPECバスケット価格

    OPECバスケット価格から見たイラクイラク

    バスラライト (イラク)OPECバスケット価格 フレッシュアイペディアより)

  • イツハーク・モルデハイ

    イツハーク・モルデハイから見たイラクイラク

    イツハーク・モルデハイ(Yitzhak Mordechai、ヘブライ語:???? ?????)は、1944年11月22日・イラク北部出身のイスラエルの政治家、軍人。同国の国防相をつとめた。クルド系ユダヤ人である。イツハーク・モルデハイ フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル航空宇宙軍

    イスラエル航空宇宙軍から見たイラクイラク

    1967年の第三次中東戦争でのイスラエル空軍は、戦闘の初日に対立するアラブ空軍に大打撃を与えることによって絶対的航空優勢を獲得した。6月5日の朝3時間の攻撃(フォーカス作戦)でまだ離陸前のエジプト空軍機の大部分を破壊し、その日のうちにシリア・ヨルダン空軍にも同様に大打撃を与え、さらにイラクまで攻撃した。イスラエル航空宇宙軍 フレッシュアイペディアより)

  • RQ-2 パイオニア

    RQ-2 パイオニアから見たイラクイラク

    1991年の湾岸戦争で、戦艦ミズーリが行ったファイラカ島への艦砲射撃後、本機が戦艦ウィスコンシンから発進し、投降するイラク兵を映し出したことは有名である。湾岸戦争後もボスニア、コソボ、イラク等で使用された。RQ-2 パイオニア フレッシュアイペディアより)

  • ムスティエ文化

    ムスティエ文化から見たイラクイラク

    一方でイラクのシャニダール遺跡では『花の供えられた埋葬』で有名であるが、ここで発見されたムスティエ文化期の石器はウズベキスタンのテシク・タシュ遺跡と文化的には同一なものである。シャニダールでは他にも洞穴の崩落で押しつぶされた人々が発見されているが、シャニダール4号の人物は岩を掘りぬいた墓の中に南枕で埋葬されていた。調査の結果、遺体は花のベッドの上に安置されて埋葬されていることが明らかになり、キク科、ユリ科、マオウ科、アオイ科の花粉が発見されている。ムスティエ文化 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン同時爆破事件

    ロンドン同時爆破事件から見たイラクイラク

    犯行後、アラブ首長国連邦の衛星テレビやインターネット上に「欧州の聖戦アルカーイダ組織」を名乗る犯行声明が寄せられた。声明には、アラブ・イスラム諸国はアフガニスタンやイラクで虐殺に加担しているイギリス政府に対して起ち上がる時であるという呼びかけがあり、また、デンマーク政府やイタリア政府など、アフガニスタン・イラクに軍隊を派遣している各国政府に対して撤退しなければ同じ目に遭うという警告があった。その後、その掲示板に関与を否定する書込みが相次いだこと、この組織に活動実態がないこと、カナダの大停電など無関係なものに発せられる傾向があるため、信憑性が乏しいと考えられた。ロンドン同時爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • ラムジ・ユセフ

    ラムジ・ユセフから見たイラクイラク

    1992年9月にイラク国籍の偽造旅券でアメリカに入国、ニューヨーク州やニュージャージー州を精力的に周り、オマル・アブドゥル=ラフマーンとも連絡を取った。ユセフはメイアー・カハネを暗殺したエル・サイード・ノサイルの家に出入りしていたムハンマド・サラーマーやマフムード・アブー・ハリマらと爆弾を製造し、1993年2月に世界貿易センター爆破事件を引き起こした。ラムジ本人が事件後にニューヨークタイムズに出した犯行声明文では「日本の広島と長崎に投下した原子爆弾のお返しである」と書かれていた。犯行後、直ちにユセフはパキスタンのパスポートでイラクに逃亡した。ラムジ・ユセフ フレッシュアイペディアより)

  • ナージ・サブリー

    ナージ・サブリーから見たイラクイラク

    ナージ・サブリー・アフマド・アル=ハディーシー(アラビア語:???? ???? ???? ????????/英語:Naji Sabri Ahmad Al-Hadithi、1948年 - )はイラクの官僚、外交官、政治家。アラブ人。スンナ派イスラーム教徒。サッダーム・フセイン政権最後の外務大臣。「ナジ・サブリ」と日本語表記される事が多い。ナージ・サブリー フレッシュアイペディアより)

  • アリー・アクバル・サーレヒー

    アリー・アクバル・サーレヒーから見たイラクイラク

    アリー・アクバル・サーレヒー (; ‘Alī Akbar ?āle?ī; 1949年4月24日-; イラク・カルバラー生まれ)はイランの政治家、外交官、研究者。2010年12月13日より外務大臣を務める。それ以前には1997年から2005年まで国際原子力機関イラン代表部常任代表、2009年7月16日から2010年12月13日まで原子力庁長官を歴任。アリー・アクバル・サーレヒー フレッシュアイペディアより)

1812件中 61 - 70件表示

「イラク」のニューストピックワード