2413件中 71 - 80件表示
  • 国際連合安全保障理事会決議1546

    国際連合安全保障理事会決議1546から見たイラクイラク

    国際連合安全保障理事会決議1546(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1546、)は、2004年6月8日に国際連合安全保障理事会で採択されたイラク・クウェート情勢に関する決議。略称はUNSCR1546。国際連合安全保障理事会決議1546 フレッシュアイペディアより)

  • M102 105mm榴弾砲

    M102 105mm榴弾砲から見たイラクイラク

    M102榴弾砲は、米陸軍の第一線部隊からはほぼ姿を消し、各州の陸軍州兵に移管されたが、2001年からのアフガニスタンへの出兵と2003年からのイラク戦争においては、多くの州兵部隊がアフガニスタンやイラクに派遣されるようになった。このため、装備の更新が遅れていた州兵部隊の中には、派遣先にM102榴弾砲を持ち込んだ事例もある。一例として、アーカンソー陸軍州兵の第39歩兵旅団戦闘団が2004年にイラクのCamp Tajiに派遣された際、同旅団所属の第1/206野戦砲兵大隊(第206野戦砲兵連隊第1大隊)が、17門のM102榴弾砲をイラクに持ち込んだ。M102 105mm榴弾砲 フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・デンプシー

    マーティン・デンプシーから見たイラクイラク

    デンプシーは、1974年に士官学校を卒業すると機甲部隊の将校に任命され、尉官として第2機甲騎兵連隊第1大隊第1中隊長を務めた。彼は、第3機甲師団第3旅団の将校として砂漠の盾作戦・砂漠の嵐作戦に参加した。1992年から1995年までドイツのヘッセン州フリードバーグに位置する 第1機甲師団第67装甲連隊第4大隊長を務めた。2003年6月に、第1機甲師団長に任命された。デンプシーが第1機甲師団長だった2005年7月までの中で、2003年6月から2004年7月までの13ヶ月間はイラクでの勤務であった。2007年3月27日に、デンプシーは、中央軍副司令官、フロリダ州のマケディル空軍基地の副司令官などを経て、イラクの多国籍軍の司令官に任命された。2008年2月5日にデンプシーはアメリカ上院の承認を受け大将に昇進し、アメリカ欧州陸軍司令官に任命された。2008年3月11日にアメリカ中央軍のウィリアム・J・ファロン海軍大将が退役したことにより、3月24日にロバート・ゲイツ国防長官から司令官代行に任命された。2008年3月13日からアメリカ第7陸軍の司令官に任命された。2008年12月8日にはアメリカ陸軍訓練教義軍団司令官に任命された。マーティン・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • アンバール県

    アンバール県から見たイラクイラク

    アンバール県(アンバールけん、アラビア語:محافظة الأنبار Muḥāfaẓat al-'Anbār)は、イラクの県。県都はラマーディー。アンバール県 フレッシュアイペディアより)

  • イーラーム州

    イーラーム州から見たイラクイラク

    イーラーム州(ペルシア語: ????? ????? Ostān-e Īlām)はイランの州(オスターン)。国土の南西部、イラクとの国境に位置する。州都はイーラーム。面積は19,086km?、管下にイーラーム、メフラーン、デフロラーン、ダッレ・シャフル、シールワーン・チャルダーヴォル、アイヴァーン、アーブダーナーンの各市(シャフル)がある。周囲は南でフーゼスターン州、東にロレスターン州、北にケルマーンシャー州があり、西では425kmにわたってイラクとの国境線を形成する。1996年現在、人口は488,000人。イーラーム州 フレッシュアイペディアより)

  • アリー・アクバル・サーレヒー

    アリー・アクバル・サーレヒーから見たイラクイラク

    アリー・アクバル・サーレヒー(、Alī Akbar ?āle?ī、1949年4月24日 - )はイラク・カルバラー生まれのイランの政治家、外交官、研究者。アリー・アクバル・サーレヒー フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見たイラクイラク

    新世紀となった2001年(平成13年)にイスラム過激派がアメリカ同時多発テロ事件を起こして、自爆テロと対テロ戦争が吹き荒れた時代となった。アメリカ一極体制の下に悪の枢軸(イラク・イラン・北朝鮮)への強硬外交を推進し、イラク戦争やアフガニスタン紛争など対テロ戦争を主導した。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • トルコ・クルド紛争

    トルコ・クルド紛争から見たイラクイラク

    ウベイドゥッラーはイラクの北部、モスル出身の宗教的指導者であり、露土戦争 (1877年-1878年)ではオスマン帝国軍のクルド人部隊の司令官を務めた。この戦争の結果締結されたベルリン条約 (1878年)には、オスマン帝国に暮らすアルメニア人とネストリウス派キリスト教徒に一定の権利を認めており、ウベイドゥッラーはこれをアルメニア国家、キリスト教国家建設の下準備であると考え危機感を強めた。ウベイドゥッラーの主導により、クルド人部族の間で政治的、軍事的同盟が組織された。この種の同盟としてははじめてのクルド人部族間での同盟となった。露土戦争の結果浮上したアルメニア問題に関してはオスマン帝国もクルド人と同様に不満を抱えていたが、帝国は武力での解決は望まなかった。結果1879年、クルド人による反乱が発生し、オスマン帝国軍により鎮圧される。この時の反乱ではウベイドゥッラーは主導的役割を果たさなかったとして罪を問われることはなかった。しかし翌年、ウベイドゥッラーはガージャール朝ペルシアに対して攻撃を仕掛ける。このペルシアへの侵入は失敗に終わったものの、ウベイドゥッラーは独立クルド国家の建設を目指したものと考えられており、クルド人ナショナリズムの最初の火を灯すことに成功している。トルコ・クルド紛争 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の政治

    2005年の政治から見たイラクイラク

    1月30日 - イラク国民議会選挙が行われる。2005年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年の政治

    1993年の政治から見たイラクイラク

    1月13日 - (イラク)米英仏軍、イラクのミサイル基地爆撃。1993年の政治 フレッシュアイペディアより)

2413件中 71 - 80件表示

「イラク」のニューストピックワード