257件中 11 - 20件表示
  • イラク

    イラクから見た佐藤次高

    佐藤次高(編)『新版世界各国史8 西アジア史I アラブ』山川出版社、2002年 (ISBN 4634413809)イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たアブドルカリーム・カーシム

    ハーシム王家はイギリスの支援のもとで中央集権化を進め、スンナ派を中心とする国家運営を始め、1932年にはイラク王国として独立を達成した。1958年にはエジプトとシリアによって結成されたアラブ連合共和国に対抗して同じハーシム家が統治するヨルダンとアラブ連邦を結成したが、同年7月14日、アブドルカリーム・カーシムとアブドゥッサラーム・アーリフ大佐率いる自由将校団のクーデターによって倒され、共和制となった。そのカーシム政権も1963年にバアス党将校団のクーデタで倒れる。かくしてバアス党による政権が発足し、1968年にアフマド・ハサン・アル=バクル、続いて1979年にサッダーム・フセインが大統領に就任した。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たバッシャール・アル=アサド

    シリアとはアラブ諸国内での勢力争いや互いの国への内政干渉問題、ユーフラテス川の水域問題、石油輸送費、イスラエル問題への態度などをめぐって対立。レバノン内戦においてはPLOへの支援を行ない、1980年代後半には反シリアのキリスト教徒のアウン派への軍事支援も行なった。これに対してシリアはイラクのクウェート侵攻に際して国交を断絶し、多国籍軍に機甲部隊と特殊部隊を派遣し、レバノンからも親イラクのアウン派を放逐した。1990年代は冷めた関係が続いた。2000年になってバッシャール・アル=アサドが大統領になると石油の密輸をめぐる絆が強くなったが、外交面では依然として距離をおいた関係になっている。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見た大塚和夫

    大塚和夫ほか(編)『岩波イスラーム辞典』岩波書店、2002年 (ISBN 4000802011)イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たファーラービー

    ウードは西洋なしを縦に半分に割ったような形をした弦楽器である。現在の研究では3世紀から栄えたササン朝ペルシア時代の弦楽器バルバトが起源ではないかとされるが、アル=ファーラービーによれば、ウードは旧約聖書創世記に登場するレメクによって作られたのだと言う。最古のウード状の楽器の記録は紀元前2000年ごろのメソポタミア南部(イラク)にまで遡る。ウードはフレットを使わないため、ビブラート奏法や微分音を使用するアラブの音階・旋法、マカームの演奏に向く。弦の数はかつては四弦で、これは現在においてもマグリブ地方において古形を見出す事が出来るが、伝承では9世紀にキンディー(あるいはズィリヤーブとも云う)によって一本追加され、五弦になったとされる。現在では五弦ないし六弦の楽器であることが多い(正確には複弦の楽器なので五コースないし六コースの十弦?十一弦。五コースの場合、十弦で、六コースの場合、十一弦。六コース目の最高音弦は単弦となる)。イラクのウード奏者としては、イラク音楽研究所のジャミール・バシールJamil Bachir、バグダード音楽大学のナシル・シャンマNaseer Shamma、国際的な演奏活動で知られるアハメド・ムクタールAhmed Mukhtarが著名である。スターとしてウード奏者のムニール・バシールMunir Bashirも有名。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たアリストテレス

    ガザーリー(Al-Ghazali、1058年-1111年)は、ペルシア人であったがバクダードのニザーミーヤ学院で教え、イスラーム哲学を発展させた。「イスラム史上最も偉大な思想家の一人」と呼ばれる。アシュアリー学派、シャーフィイー学派の教えを学び、シーア派のイスマーイール派などを強く批判した。後に、アリストテレスの論理学を受け入れ、イスラーム哲学自体に批判を下していく。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たカルバラー

    細密画、アラビア書道、モスク建築、カルバラーやナジャフなどのシーア派聖地。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たハス

    ティグリス・ユーフラテスの上流から中流にかけてはカンゾウが密生しており、やはり樹液が取引されている。両河川の下流域は湿地帯が広がり、クコ、ハス、パピルス、ヨシが密生する。土手にはハンノキ、ポプラ、ヤナギも見られる。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たガザーリー

    ガザーリー(Al-Ghazali、1058年-1111年)は、ペルシア人であったがバクダードのニザーミーヤ学院で教え、イスラーム哲学を発展させた。「イスラム史上最も偉大な思想家の一人」と呼ばれる。アシュアリー学派、シャーフィイー学派の教えを学び、シーア派のイスマーイール派などを強く批判した。後に、アリストテレスの論理学を受け入れ、イスラーム哲学自体に批判を下していく。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見た反ユダヤ主義

    国連の統計によれば、住民はアラブ人が79%、クルド人16%、アッシリア人3%、トルコマン人(テュルク系)2%である。ユダヤ人も存在していたが、イスラエル建国に伴うアラブ民族主義の高まりと反ユダヤ主義の気運により迫害や虐殺を受けて、国外に追放され、大半がイスラエルに亡命した。ただしクルド人については難民が多く、1ポイント程度の誤差があるとされている。各民族は互いに混住することなくある程度まとまりをもって居住しており、クルド人は国土の北部に、アッシリア人はトルコ国境に近い山岳地帯に、トゥルクマーンは北部のアラブ人とクルド人の境界付近に集まっている。それ以外の地域にはアラブ人が分布する。気候区と関連付けると砂漠気候にある土地はアラブ人が、ステップ気候や地中海性気候にある土地にはその他の民族が暮らしていることになる。イラク フレッシュアイペディアより)

257件中 11 - 20件表示

「イラク」のニューストピックワード