335件中 71 - 80件表示
  • イラク

    イラクから見たエジプト

    現イラクの国土は、歴史上のメソポタミア文明が栄えた地とほとんど同一である。メソポタミア平野はティグリス川とユーフラテス川により形成された沖積平野で、両河の雪解け水による増水を利用することができるため、古くから農業を営む定住民があらわれ、西のシリア地方およびエジプトのナイル川流域とあわせて「肥沃な三日月地帯」として知られている。紀元前4000年ごろからシュメールやアッカド、アッシリア、そしてバビロニアなど、数々の王国や王朝がこのメソポタミア地方を支配してきた。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たニーナワー県

    メソポタミア文明は技術的にも世界の他地域に先行していた。例えばガラスである。メソポタミア以前にもガラス玉のように偶発的に生じたガラスが遺物として残っている。しかし、ガラス容器作成では、まずメソポタミアが、ついでエジプトが先行した。Qattara遺跡 (現イラクニーナワー県の) からは紀元前16世紀のガラス容器、それも4色のジグザグ模様をなすモザイクガラスの容器が出土している。高温に耐える粘土で型を作成し、塊状の色ガラスを並べたあと、熱を加えながら何らかの圧力下で互いに溶け合わせて接合したと考えられている。紀元前15世紀になると、ウルの王墓とアッシュールからは西洋なし型の瓶が、遺跡からはゴブレットの破片が見つかっている。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たアラブ人

    イラークという地名は伝統的にメソポタミア地方を指す「アラブ人のイラーク」(al-‘Irāq al-‘Arabī) と、ザグロス山脈周辺を指す「ペルシア人のイラーク」(al-‘Irāq al-Ajamī) からなるが、現在イラク共和国の一部となっているのは「アラブ人のイラーク」のみで、「ペルシア人のイラーク」はイランの一部である。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たナジャフ

    10世紀末にブワイフ朝のエミール・は、第4代カリフのアリーの墓廟をナジャフに、またシーア派の第3代イマーム・フサインの墓廟をカルバラーに作った。のーんききいいきいいきいきいイラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見た湾岸戦争

    1990年8月にクウェート侵攻後、1991年に湾岸戦争となり敗北した。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たナツメヤシ

    ザグロス山中に分け入るとバロニアガシ Quercus aegilips が有用。樹皮を採取し、なめし革に用いる。やはり創世記に記述がある。自然の植生ではないが、イラクにおいてもっとも重要な植物はナツメヤシである。戦争や塩害で激減するまではイラクの人口よりもナツメヤシの本数の方が多いとも言われた。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たイラン

    イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たクウェート

    イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たスンナ派

    ハーシム王家はイギリスの支援のもとで中央集権化を進め、スンナ派を中心とする国家運営を始め、1932年にはイラク王国として独立を達成した。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たイラン・イラク戦争

    1979年7月16日にサッダームが大統領に就任した。1980年にイラン・イラク戦争が開戦して1988年まで続けられた。イラク フレッシュアイペディアより)

335件中 71 - 80件表示

「イラク」のニューストピックワード