3173件中 91 - 100件表示
  • イスラエルサッカー協会

    イスラエルサッカー協会から見たイランイラン

    1954年第2回マニラアジア大会がきっかけで、大会中の1954年5月8日に他の12か国と共にアジアサッカー連盟(AFC)を設立したが、加盟はしなかった(なお、アジアサッカー連盟(AFC)は政治的配慮から現在もなお、イスラエルをAFC創設メンバーとしては認めていない)。それから2年後の1956年にイスラエルサッカー協会はAFCに加盟した。サッカーイスラエル代表はアジア代表として1970年FIFAワールドカップ・メキシコ大会に出場した。だが、イスラエル=アラブ紛争(パレスチナ問題及び中東戦争等)により周辺アラブ諸国との関係が悪化し、アラブ諸国(ほかにインドネシアや北朝鮮や中国)を中心としたボイコット(対戦拒否、大会参加拒否)が激化していった。それにより、AFCに所属しながらも1972年よりAFCアジアカップへの出場を辞退せざるを得なくなった。1973年10月6日に第四次中東戦争が起こると、もはや対戦不可能な状態に陥った。そして、1974年9月14日、テヘランアジア大会の開催期間中にイランの首都テヘランで開催されたAFC総会で除名された。なお、このテヘランアジア大会サッカー競技でイスラエルは決勝でイランと対戦しており、0-1で敗れた。この試合がAFCとしての最後の試合となった。AFC除名以降は、地域連盟未所属のまま活動することになった。イスラエルサッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • カスピトラ

    カスピトラから見たイランイラン

    カスピトラ(裏海虎、Panthera tigris virgata)は、食肉目ネコ科に属するトラの一亜種であり、カスピ海沿岸のカフカスからアラル海周辺、イラン・アフガニスタン・パキスタン北部の山岳地帯にかけて分布していたが、すでに絶滅した。別名ペルシャトラ。カスピトラ フレッシュアイペディアより)

  • サーイパー

    サーイパーから見たイランイラン

    サーイパー( SAIPA、 Société Anonyme Iranienne de Production Automobile)は、イランの自動車メーカー。CEOはAhmad Ghalehbani。サーイパー フレッシュアイペディアより)

  • AFCユース選手権1977

    AFCユース選手権1977から見たイランイラン

    AFCユース選手権1977は、1977年4月15日と4月28日にイランで開催されたAFCユース選手権である。AFCユース選手権1977 フレッシュアイペディアより)

  • クルト (食品)

    クルト (食品)から見たイランイラン

    イランでは、サワーミルクを撹拌してバターを取り出した後に残ったドゥーグ(バターミルク)をさらに撹拌し、固形分を乾燥させたものがキャシュクであり、さらに残ったホエーを高温で煮詰めた黒っぽいチーズをまたはキャラ・コーリート(????????、「黒いクルト」)と呼び、スープや魚料理、ソースに加えて利用する。クルト (食品) フレッシュアイペディアより)

  • アジャム

    アジャムから見たイランイラン

    イスラム帝国がサーサーン朝を滅ぼして中世ペルシア語を話していたこの地域の人々を支配下に組み入れると、アジャムとアジャミーはアラブ人にとって支配地域内で最大多数派の異族となった旧サーサーン朝治下の人々とその言葉、あるいは彼らの住むイラン方面の地域を指すようになった。アラブの人々とアジャムの人々が接しあって暮らしていたイラン・イラクの周辺では「アラブ」と「アジャム」の二項対立的な地域観が生まれ、セルジューク朝の時代にはイラン・イラク一帯のうち、メソポタミア方面を「イラーキ・アラブ」(アラブのイラク)、イラン高原西部を「イラーキ・アジャム」(アジャムのイラク)とする地域概念が一般化している。アジャム フレッシュアイペディアより)

  • ドム (民族)

    ドム (民族)から見たイランイラン

    推定220万人の大半がトルコ、エジプト、イランに居住しており、アフガニスタンとイラクにもかなりの数がいる。少数がリビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、ヨルダン、シリア、その他の中東諸国に居住している。ドム (民族) フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア湾呼称問題

    ペルシア湾呼称問題から見たイランイラン

    ペルシア湾呼称問題(ぺるしあわんこしょうもんだい 英語:Persian Gulf naming dispute)とは、イランと湾岸のアラブ諸国の間で発生しているペルシア湾の呼称問題である。ペルシア湾との表記を好まない立場からは「アラビア湾呼称問題」ともいう。ペルシア湾呼称問題 フレッシュアイペディアより)

  • クシュティー

    クシュティーから見たイランイラン

    クシュティー(Kushti。ペルシャ語: ????, ウルドゥー語: ????, ヒンディー語: ??????)とはイラン、インド、パキスタン、バングラデシュなどの南アジアや一部西アジアで行われている伝統武術・格闘技。ペルシャ語やヒンディー語でレスリングを表す普通名詞だが、特に伝統的な格闘技をさしていう。寝技がなく、インドの相撲といわれる。またはパハラワーニー (Pahlwani) という呼称もある。日本ではコシティー (Koshti) とも表記される。2年に1度、パハラワーニーレスリングワールドカップも行われる。クシュティー フレッシュアイペディアより)

  • アルメニア語

    アルメニア語から見たイランイラン

    東アルメニア語 - アルメニア共和国の公用語であり、またイラン国内におけるアルメニア人の共同体において話されている。アルメニア語 フレッシュアイペディアより)

3173件中 91 - 100件表示

「イラン」のニューストピックワード