3173件中 101 - 110件表示
  • ルドルフ・ジュリアーニ

    ルドルフ・ジュリアーニから見たイランイラン

    治安の回復を目標に掲げ、ニューヨーク市警のトップにウィリアム・ブラットンを据え、「割れ窓理論」を用いて犯罪率の減少に取り組んだ。RICO法に基づき、マフィアのトップを重点的に取り締まった。検事時代のと同じように、まずイタリアン・マフィアをターゲットにしてトップらを逮捕。その後、その代わりに台頭する中国やベトナム、カンボジアやイランなどのマフィア対策を各国別に練り、頂上作戦を展開して大きな成果を上げた。警官を大幅に増やし、マフィアの温床となるセックスビジネスの撲滅作戦に乗り出すなど様々な手を打ち、ニューヨークの安全化に務めた。汚職警官を次々と告発・追放するなど、一時はマフィアより汚いとされていた警官の規律を正した。各辻には警官が立つようになり、ハーレムの名物や出店も一掃される。風紀を正すため、所々で火を噴いていたタクシーは新型車両に交換した。ルドルフ・ジュリアーニ フレッシュアイペディアより)

  • 新グレート・ゲーム

    新グレート・ゲームから見たイランイラン

    大国がお互いの足掛かりを得ようと中央アジア全体に影響力を及ぼす一方で、イラン、トルコ、パキスタン、サウジアラビアのような小国、地域大国は、全て自分たちの個々の利害関係でこの「ゲーム」に参加している。米国の民間シンクタンク・国防情報センター(CDI)によると、過激派組織ウズベキスタン・イスラム運動(現トルキスタン・イスラム党)の共同設立者タヒル・ユルダシェフは、「サウジアラビア、イラン、トルコの情報部とイスラム慈善事業」から資金提供を受けている。4ヶ国政府の全てが、互いに競合する地域において、異なった政治・経済・文化事業を始めている。カザフスタンはまた、2006年12月の地震救援でキルギスに1億USドルの募金をしてその存在感を示したように、地域の主導権を握ろうともしている。インドとパキスタンの対立関係も、同様のものである。新グレート・ゲーム フレッシュアイペディアより)

  • ガズヴィーン

    ガズヴィーンから見たイランイラン

    ガズヴィーン(; Qazvīn、前近代ペルシア語ではカズウィーン)はイラン・ガズヴィーン州最大の都市で州都。人口は2005年の統計で331,409人1。ガズヴィーン フレッシュアイペディアより)

  • ホセイン・カエビ

    ホセイン・カエビから見たイランイラン

    ホセイン・カエビ(, Hossein Kaebi, 1985年9月23日 - )は、イラン出身で同国代表のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。ホセイン・カエビ フレッシュアイペディアより)

  • ナーセロッディーン・シャー

    ナーセロッディーン・シャーから見たイランイラン

    ナーセロッディーン・シャー(1831年7月16日 - 1896年5月1日、)は、ガージャール朝第4代シャー(在位:1848年9月17日 - 1896年5月1日)で、第3代シャーモハンマド・シャーの子。イランの歴史の中で、サーサーン朝のシャープール2世とサファヴィー朝のタフマースブ1世に次いで3番目に長く在位した君主で、治世は50年近くにわたる。シャーとしては初めて日記を刊行した人物でもある。ナーセロッディーン・シャー フレッシュアイペディアより)

  • アボルファズル・ジャリリ

    アボルファズル・ジャリリから見たイランイラン

    アボルファズル・ジャリリ(、1957年6月29日 - )は、イランの映画監督。ペルシア語では「ジャリーリー」と発音した方がより正確。アボルファズル・ジャリリ フレッシュアイペディアより)

  • マーハン・カリミ・ナセリ

    マーハン・カリミ・ナセリから見たイランイラン

    メフラーン・キャリーミー・ナーセリー ( ; Mehrān Karīmī Nā?erī 1942年 - )は、1988年8月8日以来フランスのシャルル・ド・ゴール空港の出発ロビーで生活をしていたことで知られる、イラン国籍の難民。サー・アルフレッド・マーハン ( Sir Alfred Merhan )とも称される。マーハン・カリミ・ナセリ ( Merhan Karimi Nasseri ) 、マーハン・カリミ・ナゼリ、アルフレッド・マーハン、アルフレッド・メーラン ( Alfred Mehran ) 、アルフレッド・メヘラン、などとも表記される。マーハン・カリミ・ナセリ フレッシュアイペディアより)

  • ホシムクドリ

    ホシムクドリから見たイランイラン

    ヨーロッパ東部、スカンジナビア半島、ロシア西部からバイカル湖周辺までの広い地域で繁殖し、冬季は中央アジアやイラン、アラビア半島、アフリカの地中海沿岸の地域に渡り越冬する。ホシムクドリ フレッシュアイペディアより)

  • イスマーイール・ハーン

    イスマーイール・ハーンから見たイランイラン

    1995年、イスマーイール・ハーンはマスードと協力してヘラートをターリバーンから防衛することに成功し、ターリバーンの本拠地カンダハールに攻撃を仕掛けすらした。その後、イスラム協会の友軍だったウズベク人のドスタム将軍がターリバーンに寝返り、ヘラートを攻撃した。イスマーイール・ハーンは8,000人の配下とともにイランに逃れざるを得ず、ヘラートは陥落した。その2年後、ファーリヤーブ州でターリバーンに対する抵抗運動を組織中、イスマーイール・ハーンはかつてのドスタム将軍の属将で、当時タリバンに身を投じていたアブドゥル・マリク将軍に謀られ捕われてしまう。その後、1999年3月に脱獄を果たすまで、彼はカンダハールの監獄に繋がれた。アメリカによるアフガニスタン侵攻の間、北部同盟の一員として、イスマーイール・ハーンはターリバーンと戦闘を繰り広げた。2001年11月、部隊はヘラートを奪還し、ハーンはヘラートの知事の座に返り咲いた。イスマーイール・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • ソハール

    ソハールから見たイランイラン

    9世紀から10世紀にかけてアッバース朝の権威が衰退するとオマーンの海上交易は活発化し、ソハールは商業の中心地として繁栄した。ソハールの遺跡からは中国製の陶器が多く出土している。しかし、ソハールはイラン・イラクで勢力を拡大するブワイフ朝の攻撃を受けて船舶は破壊され、多くの住民が殺害される。その後もセルジューク朝やオマーン内陸部の部族勢力の攻撃に晒され、14世紀のソハールは荒廃した村落となっていた。ソハール フレッシュアイペディアより)

3173件中 101 - 110件表示

「イラン」のニューストピックワード