3173件中 111 - 120件表示
  • 1907年の政治

    1907年の政治から見たイランイラン

    10月8日 - イランで三権分立を盛り込んだ憲法補則を公布。1907年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • モフセン・レザーイー

    モフセン・レザーイーから見たイランイラン

    1954年9月9日 - )は、イランの政治家・経済学者・元イスラム革命防衛隊司令官である。現在は公益判別会議書記を務めている。イランにおいては少数民族であるアラブ人に属する。モフセン・レザーイー フレッシュアイペディアより)

  • ハラージュ

    ハラージュから見たイランイラン

    イランの都市ハラージュー(Kharājū、?????:東アーザルバーイジャーン州マラーゲ郡)。ハラージュ フレッシュアイペディアより)

  • 小牧昌平

    小牧昌平から見たイランイラン

    小牧 昌平(こまき しょうへい、1953年5月12日 - )は、日本のイラン研究者、上智大学教授。小牧昌平 フレッシュアイペディアより)

  • マヤル・モンシプール

    マヤル・モンシプールから見たイランイラン

    マヤル・モンシプール(Mahyar Monshipour、1975年3月21日 - )は、フランスの男性プロボクサー。イラン・テヘラン出身。元WBA世界スーパーバンタム級王者。マヤル・モンシプール フレッシュアイペディアより)

  • アララト山

    アララト山から見たイランイラン

    アララト山(アララトさん)は、トルコ共和国の東端にある標高5,137mの山であり成層火山である。アルメニア語表記は??????、ペルシア語表記は??????、クルド語表記はÇiyayê Araratで、トルコ語ではアール山()と呼ぶ。主峰の東南にあたる標高3,896mの頂上を小アララト山()と呼んでおり、それに対して標高5,137mの主峰は公式には大アララト山()という。アルメニアとの国境から32km、イランとの国境から16kmである。アララト山 フレッシュアイペディアより)

  • ペルシア哲学

    ペルシア哲学から見たイランイラン

    マズダク(生年不詳 - 524年/528年)はイランの原始社会主義的改革者で、サーサーン朝のカワード1世の治世に大きな影響力を得た。彼は自分が神の預言者だと主張し、財産共有制と社会福祉計画を始めた。ペルシア哲学 フレッシュアイペディアより)

  • タフテ・ソレイマーン

    タフテ・ソレイマーンから見たイランイラン

    タフテ・ソレイマーン( Takht-e Soleymān)は、イラン・西アーザルバーイジャーン州のタカブの近郊にあるゾロアスター教及びサーサーン朝の聖地。2003年7月3日、ユネスコの世界遺産に登録された。名称はペルシア語で「ソロモンの玉座」を意味する。タフテ・ソレイマーン フレッシュアイペディアより)

  • シクヴァル

    シクヴァルから見たイランイラン

    現代では他の国々でもスーパーキャビテーション魚雷の開発が行われている。アメリカ海軍とドイツ海軍の両者はそのような計画を持っており、後者は2004年にバラクーダと命名されたプロトタイプを製作した。中国海軍もロシアからVA-111システムのサンプルを40発購入したと言われているが、これについてはまだ公式には確認されていない。また、イランも2006年4月にフートと呼ばれる類似の兵器の実験に成功したと発表した。シクヴァル フレッシュアイペディアより)

  • 王の道

    王の道から見たイランイラン

    バビロン近くより、二つのルートに分岐し、一方は北東方向に走行して、そこから東へと進んでエクバタナを通過して、シルクロードへと繋がっていた。他方のルートは、そのまま東へと進み、後にペルシア帝国の首都となったスーサ(今日のイランに位置する)を通過して、南東に走りペルセポリスへと至っていたと信じられている。王の道 フレッシュアイペディアより)

3173件中 111 - 120件表示

「イラン」のニューストピックワード