2342件中 31 - 40件表示
  • 中央アジア

    中央アジアから見たイランイラン

    広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップ、ジュンガル盆地、チベット、モンゴル高原、アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む。UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタン、イラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアのシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。中央アジア フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見たイランイラン

    1979年にブレジネフは、隣するアフガニスタンの共産主義政権がアメリカと関係を結ぼうとしたためにアフガニスタン侵攻を行ったものの、結果的にパキスタン、サウジアラビア、イラン等といった一部のイスラム諸国および西側諸国による猛反発を受け、翌年に行われたモスクワオリンピックの大量ボイコットを招くことになった。この侵攻は1989年まで続き、国際社会からの孤立を招いただけでなく、莫大な戦費を10年間の長きにわたり浪費することや多くの戦死者を出すことによって、ただでさえ傾きかけていた経済をますます圧迫する結果になった。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • イスラエル

    イスラエルから見たイランイラン

    2006年12月5日、アメリカ上院軍事委員会公聴会で、次期国防長官に決定したロバート・ゲーツが「(イランが核兵器開発を進めるのは)核保有国に囲まれているからだ。東にパキスタン、北にロシア、西にイスラエル、ペルシャ湾には我々(アメリカ)がいる」と発言。アメリカ側が初めてイスラエルの核保有を公言したことになるため、注目された。イスラエルはペレス特別副首相が「イスラエルは核保有をこれまで確認したことはない」と従来の見解を繰り返した(イスラエル:秘密の核保有を米ゲーツ氏が“公表” 騒動に)。イスラエル フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たイランイラン

    また、欧米諸国だけではなく、日本やサウジアラビア、インドなどのアジア諸国もアメリカ合衆国を支持し、1980年代にパンアメリカン航空機に対するテロを支援した過去のあるリビアや、タリバーンの公然たる後援者であったパキスタン、イランアメリカ大使館人質事件以来アメリカとは犬猿の仲であるイランでさえ犯人グループを非難し、アメリカ合衆国に対する支援に同意した(但し、アメリカ合衆国はこの後、後述するようにアフガニスタン、イラクに侵攻するが、これが中東の反米感情を刺激したことを原因として2007年にはイランがイラク国内の過激派に武器を供与している疑いがあると報道された)。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • グノーシス主義

    グノーシス主義から見たイランイラン

    またグノーシス主義は、地中海世界を中心とするもの以外にイランやメソポタミアに本拠を置くものがあり、ヘレニズムによる東西文化のシュンクレティズムのなかから生まれてきたものとも云える。代表的なグノーシス主義宗教はマニ教であるが、マニ教の場合は紀元15世紀まで中国で存続したことが確認されている。グノーシス主義 フレッシュアイペディアより)

  • パフラヴィー朝

    パフラヴィー朝から見たイランイラン

    パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝とも呼ばれる。パフラヴィー朝 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル帝国

    モンゴル帝国から見たイランイラン

    1218年からは中央アジアのオアシス農業地帯に対する大規模な遠征軍を発し、スィル川(シルダリア川)流域からイランまでを支配する大国ホラズム・シャー朝に侵攻した。モンゴル軍はサマルカンド、ブハラ、ウルゲンチ、ニーシャープール、ヘラートなど中央アジアの名だたる大都市に甚大な被害を与え、ホラズム・シャー朝は壊滅した。チンギス・カンの本隊はガズニーを領有していたホラズム・シャー朝の王子ジャラールッディーンを討伐するためにアフガニスタン方面へ進軍し、ホラーサーンのバルフやバーミヤーンなどの大都市をことごとく殲滅しながら南下して行った。しかし、バーミヤーンではチャガタイの長男モエトゥゲンが戦死し、アフガニスタン中南部のパルワーンでは駐留していたボルテの養子シギ・クトクの軍がジャラールッディーンの軍に壊滅させられるなど手痛い反撃を受けた(パルワーンの戦い)。チンギスはトルイを殿軍としてホラーサーンに駐留させて自らの本軍とジョチ、チャガタイ、オゴデイ率いる諸軍を引き連れ、マーワラーアンナフルから南下してジャラールッディーンをインダス川のほとりまで追い落として捕縛は出来なかったものの撃退することには成功した。(インダス河畔の戦い)モンゴル帝国 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たイランイラン

    対テロ戦争の動きは更に、イラン、イラク、北朝鮮の3ヵ国をテロ支援国家であるとするブッシュ米大統領の「悪の枢軸発言」に発展し、2003年3月にはイラク戦争が始まった。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • 計画都市

    計画都市から見たイランイラン

    ソルターニーイェ(イラン) - 2005年、世界文化遺産に登録された。計画都市 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・チャーチル

    ウィンストン・チャーチルから見たイランイラン

    一方チャーチルはドイツの同盟国イタリアによるギリシャ侵攻、イギリス半植民地エジプトへの侵攻の撃退に力を注ぐも、精強なドイツ軍の介入で苦戦を強いられ、ギリシャではドイツ軍に惨敗(ギリシャ・イタリア戦争)、北アフリカ戦線でもエルヴィン・ロンメル将軍率いるドイツ軍に追い込まれていった。しかし1941年6月からヒトラーがバルバロッサ作戦を発動して独ソ戦を開始したことで、スターリンが独裁するソビエト連邦と同盟関係になった。1941年8月にはソ連とともにイランへ侵攻し、同国の石油資源を確保するとともにソ連支援ルートを作った。ウィンストン・チャーチル フレッシュアイペディアより)

2342件中 31 - 40件表示

「イラン」のニューストピックワード