3173件中 31 - 40件表示
  • ペルシア語

    ペルシア語から見たイランイラン

    ペルシア語(ペルシアご、, ; Fārsī, Pārsī)は、イランを中心とする中東地域で話される言語。ペルシャ語、ファールシー語、パールシー語ともいう。ペルシア語 フレッシュアイペディアより)

  • イランの女子サッカー

    イランの女子サッカーから見たイランイラン

    本項目ではイランの女子サッカーについて概説する。イラン国内ではサッカーは非常に人気がある。長年にわたってサッカーはイランの人々の生活の一部に溶け込み、学校や路上のストリートサッカー、サッカークラブなど様々なレベルでサッカーが行われている。イランの女性は徐々にサッカーをプレーするようになっており、インフラ整備、発展を前に女子サッカー人口の増加は時間の問題となっている。サッカーイラン女子代表はアジアサッカー連盟 (AFC) などの国際大会にも出場している。イランの女子サッカー フレッシュアイペディアより)

  • トゥーラーン

    トゥーラーンから見たイランイラン

    ペルシアの叙事詩シャー・ナーメでは、イーラーンがアールヤー - Āryaの土地を意味するように、トゥーラーンという単語 (トゥールヤー - Tūryaの土地を意味する) はイラン東部の境界、アムダリヤ川の対岸より先に居住する住民を表していた。シャー・ナーメに収録されている創世神話によれば、フェリドゥーン王は3人の息子を儲けた、サルムとトゥール、であり、彼らは世界を三分し、小アジアはサルムにトゥーラーンはトゥールに、 イーラーンはイーラジュに与えられた。兄2人は1番年下の弟を殺害したが、彼らは弟の孫により復讐され、イーラーンの支配者となった。しかし、シャー・ナーメでは戦争は世代を超えて継続されたと記されており、トゥーラーンという単語は約150回使用され、イーラーンという単語は約750回使用されている。トゥーラーン フレッシュアイペディアより)

  • インドライオン

    インドライオンから見たイランイラン

    インドライオン(学名'''')は、哺乳綱食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されるライオンのひとつの亜種で、アフリカに生息するライオンと比較すると小柄であり、体色も薄い。かつてはインドから、中東アジアまで分布していたが、イランや中東アジアでは絶滅した。現在では保護されたものがインド北西部のグジャラート州、カーティヤーワール半島のギル森林国立公園 野生生物保護区で523頭が生息しているだけとなっている。インドライオン フレッシュアイペディアより)

  • ITU地域

    ITU地域から見たイランイラン

    第三地域(Region 3) - イラン以東のアジア(旧ソ連を除く)・オセアニアITU地域 フレッシュアイペディアより)

  • 対テロ戦争

    対テロ戦争から見たイランイラン

    イランでは、1979年にそれまでの親米路線のパフレヴィー2世政権への反発が広がり、宗教指導者であるホメイニがイラン革命を起こした。また1991年、湾岸戦争で有志連合がクウェートに侵攻したイラク軍を攻撃したが、イスラム教の聖地があるサウジアラビアに米軍が駐留したことによって中東地域における反米気運が高まった。対テロ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たイラン・イスラム共和国イラン

    ファイル:Littleamba-iran.JPG|イラン・イスラム共和国大使館とのリトルアンバサダーの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • パフラヴィー朝

    パフラヴィー朝から見たイランイラン

    パフラヴィー朝(パフラヴィーちょう、)は1925年から1979年までイランを統治した、イラン最後の王朝である。パフレヴィー朝、パーレビ朝、パーラヴィ朝とも呼ばれる。パフラヴィー朝 フレッシュアイペディアより)

  • イラク

    イラクから見たイランイラン

    イラク共和国(イラクきょうわこく、、)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダードで、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。イラク フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム哲学

    イスラーム哲学から見たイランイラン

    最初にイスラーム哲学史に登場する人物はアラブ人哲学者ヤアクーブ・イブン・イスハーク・アル=キンディー(801年頃 - 866年頃)ある。彼は別称として「アラブの哲学者」と呼ばれている。いちいち、アラブ人であることを言及されるのは、前述のように、長らく哲学などの思想関係ではシリア系やイラン系といった人々の活躍が目立ち、純粋にアラブ系の出身者はむしろ稀なケースであったからである。イスラーム哲学 フレッシュアイペディアより)

3173件中 31 - 40件表示

「イラン」のニューストピックワード