2342件中 41 - 50件表示
  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たイランイラン

    チャベスはブッシュ政権に対して反米路線をとり、反ブッシュ発言により世界中から注目を置かれる存在となり、チャベスはアメリカと距離を置くラテンアメリカ諸国やイラン、ロシア、中華人民共和国などと積極的に友好関係を結び、反米路線を広めようとしている。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • 反米

    反米から見たイランイラン

    イランのモハンマド・モサッデク政権をCIAがクーデターで倒す(:en:Operation Ajax、アーバーダーン危機も参照)反米 フレッシュアイペディアより)

  • ヒズボラ

    ヒズボラから見たイランイラン

    ヒズボラ(, 翻字: )は、1982年に結成されたレバノンのシーア派イスラム主義の政治組織、武装組織。日本の報道機関では「ヒズボラ」と表記される事が多いが、アラビア語の発音ではヒズブッラー、ヒズボッラー。アラビア語で「神の党」を意味する。イランとシリアの政治支援を受け、その軍事部門はアラブ・イスラム世界の大半で抵抗運動の組織と見なされています。米国、オランダ、バーレーン、エジプト、英国、豪州、カナダ、イスラエルは、ヒズボラの全体または一部をテロ組織に指定している。ヒズボラ フレッシュアイペディアより)

  • 対テロ戦争

    対テロ戦争から見たイランイラン

    イランでは、1979年にそれまでの親米路線のパフレヴィー2世政権への反発が広がり、宗教指導者であるホメイニがイラン革命が起こした。また1991年、湾岸戦争で有志連合がクウェートに侵攻したイラク軍を攻撃したが、イスラム教の聖地があるサウジアラビアに米軍が駐留したことによって中東地域における反米気運が高まった。対テロ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • おしん

    おしんから見たイランイラン

    スリランカ、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、ベトナム、アフガニスタン、シンガポール、エジプト、イランなど世界66か国や地域で放送され、苦難に遭いつつも決してあきらめず、明治、大正、昭和を生きた主人公・おしんの姿が、日本だけでなく世界各国で人々の共感を呼び、「おしんドローム」という言葉を生み出した。2011年現在、「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされ今もなおファンが多く根強い人気がある。おしん フレッシュアイペディアより)

  • ピスタチオ

    ピスタチオから見たイランイラン

    原産は地中海沿岸。農耕文明の初期以来、この地に自生していた原種を食用に栽培してきたものである。主な生産地はイラン、アメリカ、トルコ、シリアなどであり、現在の生産量はイランが世界一である。中国では新疆ウイグル自治区が主産地。ピスタチオ フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム女子競技大会

    ムスリム女子競技大会から見たイランイラン

    イスラームが保守的に解釈された場合、女性は親族以外の男性に手と顔以外に自分の体を見せることが禁じられるため、選手、審判、役員、観客等、競技に関わる者がすべて女性に限られている。第1回大会は、1993年にイランのテヘランにおいて、イラン大統領ハーシェミー・ラフサンジャーニーの娘ファーエゼ・ハシェミが中心になり開かれた。以降4年おきにイラン国内で開催されている。ムスリム女子競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • サーイパー

    サーイパーから見たイランイラン

    サーイパー(SAIPA, Société Anonyme Iranienne de Production Automobile)は、イランの自動車メーカー。1966年設立。シトロエン・ディアーヌのノックダウン(ライセンス)生産から始まった。サーイパー フレッシュアイペディアより)

  • タミー・ストロナッハ

    タミー・ストロナッハから見たイランイラン

    タミー・ストロナッハ(Tami Stronach 本名:Tamara Stronach 1972年7月31日 - )は、イラン・テヘラン生まれのダンサー・振り付け師及び女優。タミー・ストロナッハ フレッシュアイペディアより)

  • イスラエルサッカー協会

    イスラエルサッカー協会から見たイランイラン

    1954年第2回マニラアジア大会がきっかけで、大会中の1954年5月8日に他の12か国と共にアジアサッカー連盟(AFC)を設立したが、加盟はしなかった(なお、アジアサッカー連盟(AFC)は政治的配慮から現在もなお、イスラエルをAFC創設メンバーとしては認めていない)。それから2年後の1956年にイスラエルサッカー協会はAFCに加盟した。サッカーイスラエル代表はアジア代表として1970年FIFAワールドカップ・メキシコ大会に出場した。だが、イスラエル=アラブ紛争(パレスチナ問題及び中東戦争等)により周辺アラブ諸国との関係が悪化し、アラブ諸国(ほかにインドネシアや北朝鮮や中国)を中心としたボイコット(対戦拒否、大会参加拒否)が激化していった。それにより、AFCに所属しながらも1972年よりAFCアジアカップへの出場を辞退せざるを得なくなった。1973年10月6日に第四次中東戦争が起こると、もはや対戦不可能な状態に陥った。そして、1974年9月14日、テヘランアジア大会の開催期間中にイランの首都テヘランで開催されたAFC総会で除名された。なお、このテヘランアジア大会サッカー競技でイスラエルは決勝でイランと対戦しており、0-1で敗れた。この試合がAFCとしての最後の試合となった。AFC除名以降は、地域連盟未所属のまま活動することになった。イスラエルサッカー協会 フレッシュアイペディアより)

2342件中 41 - 50件表示

「イラン」のニューストピックワード

  • オニオングラタンスープ

  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

  • THE ROOTS 〜偉大なる歌謡曲に感謝