3173件中 41 - 50件表示
  • H&K G3

    H&K G3から見たイランイラン

    なお、ドイツの他、ポルトガル、ギリシャ、デンマーク、ノルウェー、トルコや中東・アフリカ諸国など40ヶ国以上で採用されている。また、ミャンマーやイランではライセンス生産が行なわれ、とくにミャンマーは「BAシリーズ」として国産化された。H&K G3 フレッシュアイペディアより)

  • オマーン

    オマーンから見たイランイラン

    オマーンは湾岸協力会議(GCC)の一員ではあるが、イランと良好な関係を有している。オマーン フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たイランイラン

    チャベスはブッシュ政権に対して反米路線をとり、反ブッシュ発言により世界中から注目を置かれる存在となった。チャベスはアメリカと距離を置くラテンアメリカ諸国やイラン、ロシア、中華人民共和国などと積極的に友好関係を結んだ。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • 300 〈スリーハンドレッド〉

    300 〈スリーハンドレッド〉から見たイランイラン

    サウンドトラックはタイラー・ベイツによって制作され、イラン出身の歌手アザム・アリを起用してアビー・ロード・スタジオで録音された。2007年3月6日発売。300 〈スリーハンドレッド〉 フレッシュアイペディアより)

  • トルコの国際関係

    トルコの国際関係から見たイランイラン

    第一次世界大戦後の共和国建国から、第二次世界大戦までは国際関係の中で中立を基本的な路線としていた。建国当初はソビエト政権と友好的でイギリスとは緊張関係にあったが、1930年代に入ると対外進出を図るイタリアとの関係が悪化したため、イギリス・フランスとの接近を図るようになった。また近隣諸国との関係を改善するべく、1934年にバルカン協商(トルコ、ギリシャ、ユーゴスラヴィア、ルーマニア)を、1937年にサーダーバード条約(トルコ、イラン、イラク、アフガニスタン)を結んだ。現在ではトルコ共和国の国の標語のように使われている建国の父ケマル・アタテュルクの言葉「内に平和、外に平和」は、第二次世界大戦直前頃のトルコの外交路線をあらわしたものといえる。トルコの国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • おしん

    おしんから見たイランイラン

    スリランカ、インドネシア、フィリピン、台湾、香港、ベトナム、アフガニスタン、シンガポール、エジプト、イランなど世界68ヶ国や地域で放送され、苦難に遭いつつも決してあきらめず、明治、大正、昭和を生きた主人公・おしんの姿が、日本だけでなく世界各国で人々の共感を呼び、「オシンドローム」という言葉を生み出した。「世界で最もヒットした日本のテレビドラマ」とされ、なおファンが多く根強い人気がある。おしん フレッシュアイペディアより)

  • アゼルバイジャン

    アゼルバイジャンから見たイランイラン

    アゼルバイジャン共和国(アゼルバイジャンきょうわこく、)、通称アゼルバイジャン は、南コーカサスに位置する共和制国家。東ヨーロッパに含められることもある。北はロシア、北西はジョージア(グルジア)、西はアルメニア、南はイランと国境を接し、東はカスピ海に面する。アルメニアをまたいで西南方に飛地のナヒチェヴァン自治共和国があり、アルメニア、イランおよびトルコと接している。首都はバクー。アルメニア人が多数居住する西部のナゴルノ・カラバフ地方は、事実上独立した状態となっている。アゼルバイジャン フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たイランイラン

    対テロ戦争の動きは更に、イラン、イラク、北朝鮮の3ヵ国を悪の枢軸であるとするブッシュ米大統領の発言に発展し、2003年3月にはイラク戦争が始まった。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • ヒズボラ

    ヒズボラから見たイランイラン

    ヒズボラ(, 翻字: )は、1982年に結成されたレバノンのシーア派イスラム主義の政治組織、武装組織。日本の報道機関では「ヒズボラ」と表記される事が多いが、アラビア語の発音ではヒズブッラー、ヒズボッラー。アラビア語で「神の党」を意味する。イランとシリアの政治支援を受け、その軍事部門はアラブ・イスラム世界の大半で抵抗運動の組織と見なされている。日本、欧州連合、米国、オランダ、バーレーン、エジプト、英国、豪州、カナダ、イスラエルは、ヒズボラの全体または一部をテロ組織に指定している。ヒズボラ フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム建築

    イスラーム建築から見たイランイラン

    サーサーン朝が君臨していた現在のイラン、イラクをその勢力下においたアッバース朝は、サーサーン朝以来のペルシア建築の伝統を引き継いだ。アッバース朝の時代には、ウマイヤ朝由来の陸屋根を多くの円柱で支える多柱室形式のモスクが各地に建設されはじめたが、宮殿に採用された四分割中庭とドームに通じるイーワーンはペルシアの職人によって建設されたもので、おそらくペルシア建築に由来するものと考えられている。イスラーム建築 フレッシュアイペディアより)

3173件中 41 - 50件表示

「イラン」のニューストピックワード