3173件中 51 - 60件表示
  • インド洋

    インド洋から見たイランイラン

    またサウジアラビア、イラン、インド、西オーストラリア沿岸部には豊富な石油・天然ガスの埋蔵が確認されている。世界の海上石油生産の約40%はインド洋で行われている。インド洋 フレッシュアイペディアより)

  • 絨毯

    絨毯から見たイランイラン

    現代における絨毯製造の中心は、トルコ、北アフリカ、コーカサス、イラン、ネパール、トルクメニスタン、チベット、セルビアのピロットである。絨毯 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件

    アメリカ同時多発テロ事件から見たイランイラン

    また、欧米諸国だけではなく、日本や大韓民国、サウジアラビア、インドなどのアジア諸国もアメリカ合衆国を支持し、さらに1980年代にパンアメリカン航空機に対するテロを支援した過去のあるリビアや、タリバーンの公然たる後援者であったパキスタン、イランアメリカ大使館人質事件以来アメリカとは犬猿の仲であるイラン、北朝鮮のような反米とされる国でさえ犯人グループを非難し、アメリカ合衆国に対する支援に同意した(但し、アメリカ合衆国はこの後、後述するようにアフガニスタン、イラクに侵攻するが、これが中東の反米感情を刺激したことを原因として2007年にはイランがイラク国内の過激派に武器を供与している疑いがあると報道された)。アメリカ同時多発テロ事件 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴロイド

    モンゴロイドから見たイランイラン

    近年のDNA分析によれば、モンゴロイドはアフリカからアラビア半島を経由した出アフリカ集団のうち、イラン付近からアルタイ山脈周辺へ北ルートで移住した人々が、周囲の自然環境により他の「人種」との交流を絶たれ、その結果独自の遺伝的変異及び環境適応を経た結果誕生した「人種」であるとされる。その原初の居住地は、ヒマラヤ山脈及びアラカン山脈よりも東及び北側である。モンゴロイド フレッシュアイペディアより)

  • F-14 (戦闘機)

    F-14 (戦闘機)から見たイランイラン

    イラン向けF-14は、搭載されたアビオニクスのうち電子戦装置の周波数変調速度、ならびに各種プロセッサの動作が1/100秒遅れるというダウングレードを施されたが、空軍仕様のハーネスと酸素供給装置に変更された以外はタイヤ径や空気圧、着艦フックも含めてアメリカ海軍に納入されたブロック90(初期契約の30機)ならびにブロック95(追加の50機)と同一である(米海軍向けはイラン向けの生産ののち、エンジンを新型のTF30-414Aに交換している)。F-14 (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • シリア騒乱

    シリア騒乱から見たイランイラン

    内戦と呼ばれることが多いため、シリア国民同士の紛争と思われがちだが、実際にはシリア国外からの参戦も多い。また、当初はアサド政権派のシリア軍と反政権派勢力の民兵との衝突が主たるものであったが、ジハード主義勢力のアル=ヌスラ戦線とシリア北部のクルド人勢力の間での衝突も起こっている。現在は反政権派勢力間での戦闘、さらに混乱に乗じ過激派組織ISILやアル=ヌスラ戦線、またクルド民主統一党 (PYD/Partiya Yekitiya Demokrat) をはじめとしたシリア北部のクルド人勢力が参戦したほか、アサド政権の打倒およびISIL掃討のためにアメリカやフランスをはじめとした多国籍軍やロシアやイランもシリア領内に空爆を行っており、内戦は泥沼化している。また、トルコ、サウジアラビア、カタールもアサド政権打倒のために反政府武装勢力への資金援助、武器付与等の軍事支援を行い内戦に介入している。シリア騒乱 フレッシュアイペディアより)

  • 中央アジア

    中央アジアから見たイランイラン

    広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップ、ジュンガル盆地、チベット、モンゴル高原、アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む。UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタン、イラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアのシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。中央アジア フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ ブラックオプス2

    コール オブ デューティ ブラックオプス2から見たイランイラン

    中国を盟主に、北朝鮮・モンゴル・中央アジア諸国(ストーリーの進行次第ではインド・イラン・ロシア・アフガニスタンも加盟)により構成される軍事同盟。アメリカと対立し、第二の冷戦を引き起こしている。モデルは上海協力機構。コール オブ デューティ ブラックオプス2 フレッシュアイペディアより)

  • ベンヤミン・ネタニヤフ

    ベンヤミン・ネタニヤフから見たイランイラン

    また、ここ数年脅威が高まるイランの核武装については、極めて強硬な立場で、メナヘム・ベギン元首相が1981年にイラクのオシラク原子炉爆撃を断行したバビロン作戦を引き合いに出し、イスファハーンなど核関連施設への先制攻撃も辞さない考えを示している。ベンヤミン・ネタニヤフ フレッシュアイペディアより)

  • 中央情報局

    中央情報局から見たイランイラン

    第二次世界大戦終了後、アレン・ダレスはドイツから多数のナチス将校を招聘して、CIAのソ連東欧での情報収集と工作活動の本格化を図った。1950年代から1960年代にかけては、社会主義・共産主義化しつつあったイラン、グアテマラ、コンゴ、キューバなどに対してクーデター・要人暗殺などを含んだ工作活動を積極的に展開した。中央情報局 フレッシュアイペディアより)

3173件中 51 - 60件表示

「イラン」のニューストピックワード