3173件中 71 - 80件表示
  • OPECバスケット価格

    OPECバスケット価格から見たイランイラン

    イラニアンヘビー (イラン)OPECバスケット価格 フレッシュアイペディアより)

  • アーリヤー航空

    アーリヤー航空から見たイランイラン

    アーリヤー航空(; Havāpeimā'ī-ye Ariyā)はイランのテヘランを拠点とする航空会社。国際線および国内線の旅客運送を行っている。主な拠点空港はメヘラーバード国際空港である。アーリヤー航空 フレッシュアイペディアより)

  • ファールーデ

    ファールーデから見たイランイラン

    ファールーデ(、ラテン文字:Faloodeh、原音はパールーデ、ラテン文字:PaloodehもしくはPālūde)はコーンスターチから作る薄いヴェルミチェッリという麺に半冷凍状態のローズシロップをかけて作るイランの冷たい菓子である。ファールーデはライムジュースとともに提供される事が多いが、ピスタチオとともに提供されることもある。ファールーデはイランの伝統的なデザートであり、隣国のパキスタンにおいても古くから作られている菓子である。ファールーデはイランのシーラーズ発祥の料理であり、イラン国内ではシーラーズ・ファールーデとして特に有名である。ファールーデ フレッシュアイペディアより)

  • サフダル・ジャング

    サフダル・ジャングから見たイランイラン

    1708年頃、ミールザー・ムキーム・ハーンの息子として、イランのホラーサーン地方、ニーシャープールに生まれた。サフダル・ジャング フレッシュアイペディアより)

  • クズルバシュ

    クズルバシュから見たイランイラン

    クズルバシュ(ペルシア語:、トルコ語:、キジルバーシュ、クズルバシ、キジルバシとも)はサファヴィー教団(イランに存在した、サファヴィー朝の前身となるイスラームの宗教団体)の信徒、および信徒の多数を占めるアナトリア高原に居住するトルコ系遊牧民である。現在のイランとその周辺に現存する、彼らの子孫とされる民族集団もこの名前で呼ばれる。オスマン帝国、シャイバーニー朝ではサファヴィー朝の領土を「クズルバシュの国」、サファヴィー朝のシャー(王)を「クズルバシュの王」と呼んでいた。クズルバシュ フレッシュアイペディアより)

  • ハリーム

    ハリームから見たイランイラン

    ハリーム (ラテン文字:Haleem, Halim、, , , ) とは、、イラン料理、パキスタン料理、ベンガル料理、インド料理などで見られる、肉の入った濃厚なシチューである。また、アナトリア半島、イラン、コーカサス地方やイラク北部では、違った種類のハリームが見られ、やと呼ばれ親しまれている。この他、インドで好んで食べられているやもハリームのバリエーションの1つである。これらのように地域によって使う食材にバリエーションが見られるものの、ハリームには、コムギ、オオムギ、レンズマメ、肉だけは必ず用いられる。ハリーム フレッシュアイペディアより)

  • E80号線

    E80号線から見たイランイラン

    E80号線 () または欧州横断自動車道 () は、東欧と西欧を結ぶ欧州自動車道路のAクラス幹線道路。ポルトガルのリスボンから途中に8か国を経由してイランとの国境に面するトルコのまで延びている。全長は約5,700km。クロアチアのドゥブロヴニクからコソボのプリシュティナまではE65と重複する。東端でアジアハイウェイの1号線に接続し、日本に至る。E80号線 フレッシュアイペディアより)

  • ムスリム女子競技大会

    ムスリム女子競技大会から見たイランイラン

    イスラームが保守的に解釈された場合、女性は親族以外の男性に手と顔以外に自分の体を見せることが禁じられるため、選手、審判、役員、観客等、競技に関わる者がすべて女性に限られている。第1回大会は、1993年にイランのテヘランにおいて、イラン大統領ハーシェミー・ラフサンジャーニーの娘ファーエゼ・ハシェミが中心になり開かれた。以降4年おきにイラン国内で開催されている。ムスリム女子競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァーンク教会

    ヴァーンク教会から見たイランイラン

    ヴァーンク教会(Kelisa-ye Vank)とは、イラン・エスファハーンのジョルファ地区に13箇所あるアルメニア使徒教会の聖堂の一つである。1605年創建で、現在の建物は1655年に再建されたものである。ヴァーンク教会 フレッシュアイペディアより)

  • イスラーム聖戦 (パレスチナ)

    イスラーム聖戦 (パレスチナ)から見たイランイラン

    1970年代、ガザ地区で元ムスリム同胞団のファトヒー・シャカーキーを中心に組織された組織。組織形態はしっかりした組織というより、ゆるやかに提携する諸派で形成されている。聖戦を通じて、イスラム教パレスチナ国家を作り出し、イスラエルを滅ぼすことを目的としている。攻撃対象はイスラエルの他にはアメリカ合衆国、穏健派アラブ諸国。主な活動としてはインティファーダ中の攻撃や、1995年10月のファトヒー・シャカーキー殺害に対してのパレスチナ自治区や、イスラエルでの自爆テロが知られる。 しかしシャカーキー死亡後は勢力が衰えてしまった。イランやシリアの支援を受けており、ヒズボラやハマースとは協力関係にある。イスラーム聖戦 (パレスチナ) フレッシュアイペディアより)

3173件中 71 - 80件表示

「イラン」のニューストピックワード