2342件中 71 - 80件表示
  • イスラーム世界の少年愛

    イスラーム世界の少年愛から見たイランイラン

    イスラーム期のイランについて、ルイス・クロンプトンは「少年愛は目を見張るほどの隆盛をきわめた」といい、文学にも少年愛的トポス、すなわちバッチェ・バーズィー(少年遊び)という言葉が頻繁に用いられた。ウマル・ハイヤーム(1123年没)のルバイヤートや、アッタール(1220年没)、ルーミー(1273年没)、サアディー(1291年没)の「薔薇園(ゴレスターン)」、ハーフィズ・シーラーズィー(1389年没)のガザル、さらにはイーラジ・ミールザー(1926年没)でさも、「美少年、あるいは行為そのものへの露骨な言及とともに、同性愛的暗喩に満ちた」作品をものしている。イスラーム世界の少年愛 フレッシュアイペディアより)

  • イラク王国

    イラク王国から見たイランイラン

    1258年2月10日にモンゴル帝国のフレグがバグダードを占領し、カリフのムスタアシムを虐殺。今のイラン地域を中心にイル・ハン国を樹立するとイラクは完全に「イラン(イル・ハン国)とエジプト(マムルーク朝)の間」の国境地帯に転落する。イラク王国 フレッシュアイペディアより)

  • ムッラー

    ムッラーから見たイランイラン

    ムッラー ()はイスラム教の法や教義に深く精通したイスラム教徒の男性に対する尊称である。'教区牧師'と'保護者'の両方を意味するアラビア語"mawla"から派生した言葉で、イスラム圏の中でも特にイラン、ボスニア、アフガニスタン、トルコ、中央アジアとインド亜大陸において、イスラム聖職者やモスクでのリーダー格の人物を呼称するために使われている言葉である。ムッラー フレッシュアイペディアより)

  • ナグシェ・ロスタム

    ナグシェ・ロスタムから見たイランイラン

    ナグシェ・ロスタム(ペルシャ語: ??? ????、英語:Naqsh-e Rustam)とは、イランのペルセポリスの北にある巨岩の遺跡。岩壁にはアケメネス朝時代の墓標やサーサーン朝時代のレリーフなどが刻まれている。付近にはもある。ナグシェ・ロスタム フレッシュアイペディアより)

  • スタックスネット

    スタックスネットから見たイランイラン

    2010年6月17日、ベラルーシのVirusBlokAda社により初めて報告され、以後、ユーラシア圏を中心に世界中で報告が相次いだ。感染に地域的な偏りが生じていることが特徴であり、報告例の6割弱がイランに集中している。スタックスネット フレッシュアイペディアより)

  • イーワーン

    イーワーンから見たイランイラン

    それに対して、イラン独特の内部装飾としては、エスファハーンのイマーム・モスクや金曜モスク、シーラーズのヴァーキル・モスクの入口イーワーンにみられるムカルナス(鍾乳石飾り)がある。これは、建物の壁体に対し斜めに架け渡したアーチ曲線が隅で重なり合い、交わることによってできる持ち送り状の凹面をともなった立体的な装飾である。イーワーン フレッシュアイペディアより)

  • イスマーイール・ハーン

    イスマーイール・ハーンから見たイランイラン

    1995年、イスマーイール・ハーンはマスードと協力してヘラートをターリバーンから防衛することに成功し、ターリバーンの本拠地カンダハールに攻撃を仕掛けすらした。その後、イスラム協会の友軍だったウズベク人のドスタム将軍がターリバーンに寝返り、ヘラートを攻撃した。イスマーイール・ハーンは8,000人の配下とともにイランに逃れざるを得ず、ヘラートは陥落した。その2年後、ファーリヤーブ州でターリバーンに対する抵抗運動を組織中、イスマーイール・ハーンはかつてのドスタム将軍の属将で、当時タリバンに身を投じていたアブドゥル・マリク将軍に謀られ捕われてしまう。その後、1999年3月に脱獄を果たすまで、彼はカンダハールの監獄に繋がれた。アメリカによるアフガニスタン侵攻の間、北部同盟の一員として、イスマーイール・ハーンはターリバーンと戦闘を繰り広げた。2001年11月、部隊はヘラートを奪還し、ハーンはヘラートの知事の座に返り咲いた。イスマーイール・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • ガージャール朝

    ガージャール朝から見たイランイラン

    ガージャール朝(、前近代ペルシア語ではガージャーリヤン)は、18世紀末から20世紀初にかけて現在のイランを中心に支配したトゥルクマーン系ガージャール部族連合によるイスラム王朝(1796年 - 1925年)。首都はテヘラン。ガージャール朝 フレッシュアイペディアより)

  • アリー・ハーメネイー

    アリー・ハーメネイーから見たイランイラン

    ハーメネイーは、国際舞台でのハータミーの努力を支持した。彼は、ドイツ人企業家の釈放の指示を下し、イスラエルのためのスパイ行為で死刑判決を受けていたユダヤ系イラン人に対する判決を差し戻した。アリー・ハーメネイー フレッシュアイペディアより)

  • シリアナ

    シリアナから見たイランイラン

    イランをはじめとする中東地域を中心に活動していたCIAの工作員であるバーンズは、息子の大学進学を受け現場から引退し、デスクワークへと退く決意をしたものの、最後の活動としてある中東の産油国における作戦の実行を指示される。シリアナ フレッシュアイペディアより)

2342件中 71 - 80件表示

「イラン」のニューストピックワード

  • 第1回明石家紅白

  • 誰も知らない明石家さんま初のロングインタビューで解禁!

  • 誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁