インサイダー取引 ニュース&Wiki etc.

内部者取引(ないぶしゃとりひき)またはインサイダー取引(インサイダーとりひき、insider trading)とは、未公開情報を不法に共有・利用して証券市場取引を行い、情報を持たない投資家に損害を与える犯罪的行為をいう。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「内部者取引」のつながり調べ

  • チキータ・ブランド

    チキータ・ブランドから見たインサイダー取引

    1970年にユダヤ系ポーランド人のイーライ・M・ブラック(Eli M. Black)が73万3000株を買収した。ブラックはリーマン・ブラザーズと仕事をしながらキャリアを積んでいた。そして1968年9月証券会社ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレット(Donaldson, Lufkin & Jenrette)に雇われ、ユナイテッド・フルーツ乗っ取りを計画したのだった。この計画が持ち上がった経緯は次のようなものであった。ブラックを雇う前からドナルドソンはミューチュアル・ファンド等の機関投資家にユナイテッド・フルーツ株を勧めていたが、しかし肝心の株価が下がって含み損が出ていた。そこでブラックが乗っ取りのためにユナイテッド・フルーツ株を高く買うという絵を描いておいて、機関投資家の転売利益(いわゆる最恵株主待遇)を約束したのだった。乗っ取られたユナイテッド・フルーツはユナイテッドブランド(United Brands Company)に改名した。(チキータ・ブランド フレッシュアイペディアより)

  • 村上世彰

    村上世彰から見たインサイダー取引

    M&Aコンサルティングを核とする村上ファンドを創設した人物。大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省し公務員として約16年勤務する中で、日本経済の永続的な成長のためにはコーポレート・ガバナンスが大切であることを実感し、自らがプレーヤーとなって変えていこうと決意して40歳を目前にファンドを立ち上げる。現金や遊休優良資産を抱えていながら有効活用していない上場会社の株式を取得し、日本の株主の(もしくは一般化された日本人像として)多くが経営関与には消極的な中で、積極的に株主提案を行い企業価値の向上を計り、株主を軽視する経営者に対しては株主総会などで経営陣を批判・叱咤することなどから、「もの言う株主」として注目を集めた。投資対象とした会社の株を購入した上で、利益の上がる事業に専念させて会社の株主価値向上を目指す投資手法を採った。代表的な案件に、東京スタイル、ニッポン放送、阪神電鉄などがある。投資規模が拡大の一途をたどる最中、ファンド設立から6年後、いまだ法的解釈は賛否両論あるものの、ニッポン放送株式のインサイダー取引の容疑で逮捕された。(村上世彰 フレッシュアイペディアより)

「内部者取引」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「インサイダー取引」のニューストピックワード