166件中 91 - 100件表示
  • 騎士団長殺し

    騎士団長殺しから見たインサイダー取引内部者取引

    以前IT関係の会社を経営していたが、インサイダー取引と脱税の容疑で検挙され東京拘置所の独房に435日間拘留された後、無罪釈放となった過去がある。現在は自宅でインターネットを介した株式と為替による利ザヤで収益を得ている。騎士団長殺し フレッシュアイペディアより)

  • 光進事件

    光進事件から見た内部者取引内部者取引

    同社株買い占めについては三井信託銀行(中央三井信託銀行)が800億円以上を光進側へ融資し、見返りに光進からインサイダー情報を得ていた事が脱税事件などに発展し問題となった。光進事件 フレッシュアイペディアより)

  • グループ・ブリュッセル・ランバート

    グループ・ブリュッセル・ランバートから見たインサイダー取引内部者取引

    GBL は1976年にドレクセル・バーナム・ランベールの株式28.3%を支配、やがて支配率を35%に高めこれを子会社とした。昔、ドレクセルはリッグス銀行と共に米墨戦争で融資を行った。グラス・スティーガル法が出てからはJPモルガンに吸収された。1965年、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンから分離した投資部門のHarriman, Ripley and Company と合併した。マイケル・ミルケンのいるドレクセルを通して、GBL はジャンク債をコールバーグ・クラビス・ロバーツなどから独占的に引受けてレバレッジド・バイアウトを流行させ、またジャンク債引受時に得た情報をL. F. ロスチャイルドのアイヴァン・ボウスキーやキダー・ピーボディのマーティン・シーゲルに与えてインサイダー取引の便宜を図った。こうした違法な取引で課徴され、ドレクセルは1994年に倒産した。グループ・ブリュッセル・ランバート フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・フリスト

    ウィリアム・フリストから見たインサイダー取引内部者取引

    しかし、株式のインサイダー取引疑惑が取り沙汰されたことなどが影響し、2006年の選挙には出馬せず引退した。ウィリアム・フリスト フレッシュアイペディアより)

  • C (アニメ)

    C (アニメ)から見た内部者取引内部者取引

    固有フレーションは『インサイダー』で、相手の動きを完全に予測する。燃費が悪く(マネーを多く消費する)、頻繁にマネーチャージを要する。C (アニメ) フレッシュアイペディアより)

  • チキータ・ブランド

    チキータ・ブランドから見たインサイダー取引内部者取引

    1970年にユダヤ系ポーランド人のイーライ・M・ブラック(Eli M. Black)が73万3000株を買収した。ブラックはリーマン・ブラザーズと仕事をしながらキャリアを積んでいた。そして1968年9月証券会社ドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレット(Donaldson, Lufkin & Jenrette)に雇われ、ユナイテッド・フルーツ乗っ取りを計画したのだった。この計画が持ち上がった経緯は次のようなものであった。ブラックを雇う前からドナルドソンはミューチュアル・ファンド等の機関投資家にユナイテッド・フルーツ株を勧めていたが、しかし肝心の株価が下がって含み損が出ていた。そこでブラックが乗っ取りのためにユナイテッド・フルーツ株を高く買うという絵を描いておいて、機関投資家の転売利益(いわゆる最恵株主待遇)を約束したのだった。乗っ取られたユナイテッド・フルーツはユナイテッドブランド(United Brands Company)に改名した。チキータ・ブランド フレッシュアイペディアより)

  • 株主コミュニティ

    株主コミュニティから見た内部者取引内部者取引

    上場株式の取引ではなく、また取引できる投資家も株主コミュニティ参加者に限られるため、インサイダー取引規制の適用を除外し、財務内容の開示義務も上場銘柄に比べ緩和されている。もっとも、これについては、株主コミュニティ参加者に対してであれば、自由な取引勧誘ができるため金商法第67条の18第4号に規定する「売買その他の取引の勧誘を行うことを禁じていない有価証券」に該当するうえ、株主コミュニティ銘柄は株主コミュニティ参加者内でのみ取引ができるとされるが、投資家が株主コミュニティへ参加することに関してはほぼ制限がないことから金商法第67条の18第4号に規定された「流通性が制限されていると認められる有価証券」にも抵触しないため、開示義務はグリーンシート等と同様に、上場銘柄並みに課すべきとする意見もある。株主コミュニティ フレッシュアイペディアより)

  • 三笠コカ・コーラボトリング

    三笠コカ・コーラボトリングから見たインサイダー取引内部者取引

    2002年(平成14年)1月 - コカ・コーラウエストジャパン株式会社が、西武百貨店の持ち株全株譲渡及びTOBにより360万株を取得し、完全子会社化。大阪証券取引所市場第二部上場廃止。この流れの中、元社員がインサイダー取引に関わった容疑で逮捕される。三笠コカ・コーラボトリング フレッシュアイペディアより)

  • エル・ムンド (スペイン)

    エル・ムンド (スペイン)から見たインサイダー取引内部者取引

    エル・ムンドはリベラル・中道右派であるとされる。エル・ムンドは数多くのスキャンダルを暴くのに重要な役割を果たしており、その中にはグアルディア・シビルの司令官によって行われた横領事件、スペイン銀行総裁によって行われたインサイダー取引や税金詐欺、国民党に対するヤミ献金疑惑の などがある。フェリペ・ゴンサレス首相に率いられたスペイン社会労働党と反テロリスト解放グループ(GAL)とのつながりを明らかにしたのもエル・ムンドの調査報道であり、この報道は1996年のスペイン総選挙で社会労働党が敗北する要因となった。エル・ムンド (スペイン) フレッシュアイペディアより)

  • 大塚家具

    大塚家具から見たインサイダー取引内部者取引

    2007年(平成19年)5月8日 - 証券取引等監視委員会が、大塚家具が配当予想の修正を行うという重要事実を知りながら公表前の2006年2月10日から22日にかけて自己株7万9000株を買い付けたというインサイダー取引を行ったとして、金融庁に3044万円の課徴金納付命令を出すよう勧告。大塚家具 フレッシュアイペディアより)

166件中 91 - 100件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード