166件中 11 - 20件表示
  • デビッド・ロイド・ジョージ

    デビッド・ロイド・ジョージから見たインサイダー取引内部者取引

    1905年12月にヘンリー・キャンベル=バナマンを首相とする自由党政権が成立すると通商大臣として入閣した。1908年4月に首相がハーバート・ヘンリー・アスキスに代わると大蔵大臣に転任する。1908年7月には制定を主導し、70歳以上の高齢者に年金を支給する無拠出老齢年金制度を創出した。その財源確保のため、自由帝国主義派閣僚が訴えていた海軍増強に反対した。社会保障費やドイツ帝国との建艦競争によって増大した財政支出を補うため、1909年4月には所得税の累進課税性強化、相続税増額、土地課税など富裕層から税金を取り立てる「」を議会に提出する。保守派や地主貴族から強い反発を招き、11月に貴族院で否決されたが、や議会法の法案提出を挟んで、1910年4月に成立させることに成功した。1911年にはの制定を主導し、これによりイギリスに健康保健制度と失業保険制度が創出された。1912年にはがの建設を受注した件でインサイダー取引を行ったという疑惑を受けて政治生命を失いかけたが、なんとか乗り切った()。デビッド・ロイド・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・モルガン

    ジョン・モルガンから見たインサイダー取引内部者取引

    1913年にイタリアのローマで死去。75歳であった。モルガンは終生米国聖公会のメンバーであった。1890年までは指導的立場でもあった。彼の財産とビジネスは息子の、通称ジャックに引き継がれた。ジャックは戦間期に金融スキャンダルの中心人物であった。ペコラ委員会はジャックのインサイダー取引を暴き(アメリカ合衆国の経済史)、ナイ委員会(1936年)はジャックらが米国を第一次世界大戦に参戦させた死の商人であると糾弾した。ジョン・モルガン フレッシュアイペディアより)

  • アイヴァン・ボウスキー

    アイヴァン・ボウスキーから見たインサイダー取引内部者取引

    しかしボウスキーは同業者とインサイダー取引に手を染めていた。ボウスキーがKidder, Peabody & Co. やファースト・ボストンの関係したM&A 銘柄を追いかけていることは当時の証券業界で公然の秘密であった。アイヴァン・ボウスキー フレッシュアイペディアより)

  • ウォール街 (映画)

    ウォール街 (映画)から見たインサイダー取引内部者取引

    翌日のニュースで、ワイルドマンがブルースター社を買収したことを知るとゴードンは激怒する。一方、父の会社を救い、ゴードンにも報復できたバドは意気揚々と出社するが、社内には不穏な空気が流れている。自室に着くと、証券取引委員会のメンバーと警察が待っており、バドはインサイダー取引容疑で逮捕される。ウォール街 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エンロン

    エンロンから見たインサイダー取引内部者取引

    こうした一方、1980年代暮れには粉飾会計に手を染めていた。1990年代のうちに、時価主義会計を利用して見かけ上の利益を水増しする、当時でも合法ぎりぎりの会計も積極的に利用して売上・利益を増大させていった。さらに、インサイダー取引についても、1980年代から行われていたことが明らかになっている。エンロン フレッシュアイペディアより)

  • 村上世彰

    村上世彰から見たインサイダー取引内部者取引

    M&Aコンサルティングを核とする村上ファンドを創設した人物。大学卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省し公務員として約16年勤務する中で、日本経済の永続的な成長のためにはコーポレート・ガバナンスが大切であることを実感し、自らがプレーヤーとなって変えていこうと決意して40歳を目前にファンドを立ち上げる。現金や遊休優良資産を抱えていながら有効活用していない上場会社の株式を取得し、日本の株主の(もしくは一般化された日本人像として)多くが経営関与には消極的な中で、積極的に株主提案を行い企業価値の向上を計り、株主を軽視する経営者に対しては株主総会などで経営陣を批判・叱咤することなどから、「もの言う株主」として注目を集めた。投資対象とした会社の株を購入した上で、利益の上がる事業に専念させて会社の株主価値向上を目指す投資手法を採った。代表的な案件に、東京スタイル、ニッポン放送、阪神電鉄などがある。投資規模が拡大の一途をたどる最中、ファンド設立から6年後、いまだ法的解釈は賛否両論あるものの、ニッポン放送株式のインサイダー取引の容疑で逮捕された。村上世彰 フレッシュアイペディアより)

  • インサイダー取引

    インサイダー取引から見た内部者取引内部者取引

    インサイダー取引 フレッシュアイペディアより)

  • 内部取引

    内部取引から見た内部者取引内部者取引

    内部取引 フレッシュアイペディアより)

  • TDnet

    TDnetから見た内部者取引内部者取引

    TDnetにおける開示は、金融商品取引法第166条等における、いわゆる「インサイダー取引規制上の『公表』」行為とされていることから、TDnetによる開示はインサイダー取引リスクの解除効果があるといえる。TDnet フレッシュアイペディアより)

  • 岩本哲夫

    岩本哲夫から見た内部者取引内部者取引

    その経営はコミュニケーションを重視しており、全社員が出席する「月次報告会議」では会社の財務内容を細かな数字まで公開、2007年の上場にあたりこの方針が内部者取引を招くとして主幹事となった証券会社が懸念を示したところ、それでは上場自体を取りやめると応じるなど、公開の思想は徹底している。また全社員の顔、名前、趣味などを全て把握、全員の日誌に目を通している。岩本哲夫 フレッシュアイペディアより)

166件中 11 - 20件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード