112件中 11 - 20件表示
  • 角谷正彦

    角谷正彦から見た内部者取引内部者取引

    リクルートコスモス株疑惑発覚により、就任早々に国会答弁に応じたが、政財官学界の広範囲に及ぶため、同社に行政指導による譲渡先リストの提出を求めなかったとされている。また、藤田恒郎前証券局長時代に成立させたインサイダー取引規制等を骨子とした改正証券取引法だけでは不備なことが判明、証券取引審議会(谷村裕会長、元大蔵次官)が改正ポイントとして、株式などの大量保有の開示制度(ディスクロージャー)、株式公開買付制度の改正(一部競争入札の導入)などを新たに盛り込み、同年12月に竹下登首相兼蔵相代理の西垣昭次官に手渡した。角谷正彦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK職員によるインサイダー取引事件

    NHK職員によるインサイダー取引事件から見た内部者取引内部者取引

    NHK職員によるインサイダー取引事件(エヌエイチケイしょくいんによるインサイダーとりひきじけん)とは、2007年に日本放送協会(NHK)の職員が、ニュース原稿を放送前に閲覧し、それをもとに対象企業の株式を売買したインサイダー取引事件である。NHK職員によるインサイダー取引事件 フレッシュアイペディアより)

  • 業績予想の修正

    業績予想の修正から見たインサイダー取引内部者取引

    インサイダー取引規制における重要事実が制度背景として存在しているが、同制度における重要事実と異なるのは、営業利益が項目として追加されている点。業績予想の修正 フレッシュアイペディアより)

  • OL忠臣蔵

    OL忠臣蔵から見た内部者取引内部者取引

    総務部。インサイダー情報で自社株を大量購入し、株の暴落で大損する。OL忠臣蔵 フレッシュアイペディアより)

  • TDnet

    TDnetから見た内部者取引内部者取引

    TDnetにおける開示は、金融商品取引法第166条等における、いわゆる「インサイダー取引規制上の『公表』」行為とされていることから、TDnetによる開示はインサイダー取引リスクの解除効果があるといえる。TDnet フレッシュアイペディアより)

  • アイヴァン・ボウスキー

    アイヴァン・ボウスキーから見た内部者取引内部者取引

    アイヴァン・ボウスキーは、企業の買収を繰り返し、当時の金額にして2億ドルの資産を有するアービトラージャーとして、後の財務長官であるロバート・ルービンと共にウォール街で名を馳せていたが、証券取引委員会の調査によってインサイダー取引が発覚し、1986年に逮捕された。ジャンクポンドの帝王とも呼ばれるマイケル・ミルケンや時には証券取引委員会の人間とも共謀した。彼の株式取得方法は、買収を発表の数日前に株を最大限に買い占める手法により、時に物議を醸すなどしたが、1986年12月には、彼自身が『タイム』の表紙を飾る。アイヴァン・ボウスキー フレッシュアイペディアより)

  • タイ軍事クーデター (2006年)

    タイ軍事クーデター (2006年)から見たインサイダー取引内部者取引

    タイでは、タクシン・チナワット首相の親族による株式インサイダー取引疑惑が2006年1月に発覚し、一挙に政治不信が国民の間で増大した。タイ軍事クーデター (2006年) フレッシュアイペディアより)

  • メディカル一光

    メディカル一光から見たインサイダー取引内部者取引

    2008年11月20日 - インサイダー取引規制回避を目的に、役員持株会を創設。メディカル一光 フレッシュアイペディアより)

  • 高杉良

    高杉良から見たインサイダー取引内部者取引

    2004年に、高杉は『乱気流?小説・巨大経済新聞』(上・下)を上梓した。これは、当時日本経済新聞社の子会社の不正経理を巡るスキャンダルを描いた小説だったが、鶴田卓彦元社長は「自分たちをモデルにした事実無根の内容で名誉を棄損された」として、単行本出版などの差止めと損害賠償・謝罪広告掲載を求めて東京地方裁判所に提訴した(2007年4月11日の判決で、一部につき名誉毀損を認め、470万円の支払を命じられている)。この提訴の後、日経ではインサイダー取引などスキャンダルが続出し、高杉は「日経の企業体質が生んだ事件」と批判した。高杉良 フレッシュアイペディアより)

  • 1934年証券取引所法

    1934年証券取引所法から見たインサイダー取引内部者取引

    証券関係訴訟における本法10条(b)及び規則10b-5の適用範囲は広く、実用性は大きい。規則10b-5は、インサイダー取引のケースについてだけではなく、価格操作(株式の操作によって意図的に株価を上昇させ、又は下落させること)、株価を上昇させるための偽の会社売却情報、さらには関連情報を投資家に提供しなかったケースにまで適用されてきた。証券関係訴訟の分野における原告は、個別的な証券取引所法の反詐欺条項違反のほかに、本法10条(b)及び規則10b-5違反を「キャッチオール」の(包括的な)主張として陳述する場合が多い。1934年証券取引所法 フレッシュアイペディアより)

112件中 11 - 20件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード