112件中 41 - 50件表示
  • ルドルフ・ジュリアーニ

    ルドルフ・ジュリアーニから見たインサイダー取引内部者取引

    検事時代には、仕手筋のイヴァン・ボースキーと、「ジャンクボンドの王」と称された投資銀行家マイケル・ミルケンという2人のウォール・ストリートの大物をインサイダー取引で告発したことにより、その名を広く知られた。他にマーク・リッチなど大物投資家をインサイダー取引で起訴。暗黒街にもメスを入れ、レーガン政権が展開した撲滅作戦においてジュリアーニが検事として陣頭に立ち、当時「ニューヨークのファイブ・ファミリー」と言われたマフィアの一掃作戦を始めた。そして、ガンビーノ一家のボス、ポール・カステラーノなどファミリーのボスたちを次々起訴、有罪に持ち込んだ。ルドルフ・ジュリアーニ フレッシュアイペディアより)

  • 銀と金

    銀と金から見た内部者取引内部者取引

    詐欺師。中条のクラブで法外な料金をふっかけられそうになっていた森田に対し、手を差し伸べる。その後、報酬を折半する約束で森田の計画に乗り、スペインのシンジケートから贋作を仕入れるなどの手助けをした。分け前を貰った後、再び森田の前に現れ、某企業に関するインサイダー取引の情報を漏らすが、その企業に起こった事件が川田自身による犯罪であったために森田の怒りを買い、道を決定的に違える。が、最後に見せた涙に森田は川田の良心の呵責を感じ取っていた。銀と金 フレッシュアイペディアより)

  • マーク・キューバン

    マーク・キューバンから見たインサイダー取引内部者取引

    2008年11月17日、2004年6月に自らが大株主だったMamma.com Incが新株を発行することを知り、公表前に全保有株を売却したことによって株価下落による約75万ドル超の損失を逃れたとして、インサイダー取引の容疑で証券取引委員会(SEC)に民事提訴された。マーク・キューバン フレッシュアイペディアより)

  • ジョセフ・P・ケネディ

    ジョセフ・P・ケネディから見たインサイダー取引内部者取引

    ジョーは株式市場や不動産・動産投資によって莫大な富を築いた。彼自身が一から立ち上げた事業というのはほとんどなかったが、相場の機を見るに敏で、絶妙なタイミングで資産の売買を行った。ただし、今の基準で言えば完全にインサイダー取引にあたるものも多く、内部情報の取得の仕方にも問題があった。その彼が後に証券取引委員会(SEC)の初代委員長に任命されたことで多くの非難が巻き起こることになる。ジョーはこの頃、サム・ジアンカーナやフランク・コステロといったマフィアのボスたちと組んで仕事をしたという。具体的には「ベアー・レイド」と呼ばれる株価操作を行った結果、1929年の大暴落の引き金をひいたとも言われる。さらにジョーがマフィアと組んで酒類の密輸も行っているという噂も絶えなかった。1957年にフォーチュン誌が「アメリカの大富豪リスト」を初めて発表したとき、ジョーは9位から16位の間に位置するとみられていた。ジョセフ・P・ケネディ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン証券取引所

    ロンドン証券取引所から見た内部者取引内部者取引

    ロンドンにおける株式取引のおこりはウィリアム3世の治世の時代、ロシア北部の白海経由で中国を目指したモスクワ会社、インド・東洋の航海をした東インド会社、この2つの組織の資金を安定的に手当てする必要があったことによる。これは個人が捻出するに困難なほどの費用も、商人らに株式を発行することで会社立ち上げの資金を獲得し、株主らには最終的な利潤の分配権を与えるものであった。手法はすぐさま広まり、1695年には140の株式会社 (joint stock company) があったとされる。これら会社の株式の取引は、シティのエクスチェンジアレイ界隈にある2つのコーヒー・ハウス、ギャラウェイとジョナサンが中心となり、ブローカーをつとめるジョン・キャステインが発表する株価・商品価格は The Course of the Exchange and other things と呼ばれた。株式市場の成長に従い、法制度の整備もすすめられ、1697年にはブローカーおよびジョッバーの総員・悪弊規制法が議会を通過。内部者取引や市場の不正操作が制限、さらにブローカー業は免許制となって合法行為の誓約が求められるようになった。ロンドン証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • 土屋正忠

    土屋正忠から見たインサイダー取引内部者取引

    衆議院総務委員会でNHK職員の地位利用による株のインサイダー取引について、犯罪行為で許されざるものであり、職務時間内の取引は職務専念義務違反ではないかと批判した。就業規則等でこういったことについてきちんと規定されているはずであると指摘し、処分をどうするのか、今後こういったことについて、改めて職員の株取引についての原理原則の確認を徹底するべきではないかとNHK会長に質した。また、民間放送局であっても公共の電波を使っている以上、あるある大事典の納豆ダイエットのような明らかな虚偽による放送はあってはならないと指摘した。土屋正忠 フレッシュアイペディアより)

  • マーサ・スチュワート

    マーサ・スチュワートから見たインサイダー取引内部者取引

    2002年にインサイダー取引(製薬会社が開発した癌の新薬の申請が却下されたことを,マーサ・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • 日本経済新聞社

    日本経済新聞社から見たインサイダー取引内部者取引

    2006年2月、東京本社広告局の職員が、企業の公告の内容を事前に知る立場にある事を利用して、保有株を公示前に売り抜けていた事が判明。インサイダー取引の疑いで7月25日に逮捕される。当時の日本経済新聞社の社員服務規定第2条にも「従業員は、言論・報道機関に勤務していることを深く認識して、高い倫理感に基づいて証券取引法に基づくインサイダー取引規制法規を順守しなければならない」と掲げられていたため、この社員の行動は社内規定に対する重大な挑戦とも見なされた。結果、広告担当常務が引責辞任し、監督者の広告局長と広告部長は解任された。日本経済新聞社 フレッシュアイペディアより)

  • 永井多恵子

    永井多恵子から見たインサイダー取引内部者取引

    1996年、東京都世田谷文化生活情報センター館長に就任し、在野で活動していたが、2005年、橋本元一会長の下で副会長として招聘され、10年ぶりのNHK復帰となった。しかし2008年、NHKの株インサイダー取引問題で、橋本に連座する形で副会長を引責辞任した。永井多恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見たインサイダー取引内部者取引

    e-ラーニング「インサイダー取引の回避と防止コース」(日本語版)福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

112件中 41 - 50件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード