166件中 51 - 60件表示
  • カブドットコム証券

    カブドットコム証券から見た内部者取引内部者取引

    6月26日 - 同社社員が起こしたインサイダー取引事件に関し、金融庁から同社元社員に対して課徴金納付命令が発出。カブドットコム証券 フレッシュアイペディアより)

  • カブドットコム証券

    カブドットコム証券から見たインサイダー取引内部者取引

    三菱UFJフィナンシャルグループが、2007年3月と11月の2度に渡って、カブドットコム証券へのTOBを発表する直前に、情報を記載したファイルがサーバにパスワードなしで公開されていたことや、齋藤正勝社長が全社員向け電子メールで情報を流したことが誘因となって、社員が自社の株式を買い付けるインサイダー取引を行っていたことが判明している。カブドットコム証券 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナリスク

    チャイナリスクから見た内部者取引内部者取引

    不透明な市場の流れにより半ば横行している株式のインサイダー取引チャイナリスク フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木博茂

    佐々木博茂から見たインサイダー取引内部者取引

    2000年10月10日、ダイエー創業者で代表取締役会長の中内功が辞任し、社長の鳥羽董は自身の保有株式の売買に絡むインサイダー取引疑惑から引責辞任。代表権を持つ会長、社長不在の中、高木邦夫が次期社長に就任するまでの間、副社長の佐々木博茂が社長代行を務めた。佐々木博茂 フレッシュアイペディアより)

  • 空売り

    空売りから見たインサイダー取引内部者取引

    一般投資家が制度信用取引を利用することで「借り受け売り」の売りポジションをもつことに対して、空売りの制度上の問題点が指摘されることはない。一方で「借り受け売り」の基礎となる株券を担保とした金銭消費貸借契約は本来は提出された株券を担保として金銭を貸し出す契約であって、借主の債務不履行がない限り担保権の執行が行えない前提であるところ、株式消費貸借契約の場合では金銭消費貸借の借主側の債務不履行を前提とせず担保株式の処分を可能とする契約であるため当該企業の主要株主(オーナー株主や経営陣など)が株式消費貸借契約を申し込んできているという特筆事由を材料に事実上のインサイダー取引が可能になる点が問題となり空売り規制の対象とされることがある。空売り フレッシュアイペディアより)

  • JBS (企業)

    JBS (企業)から見た内部者取引内部者取引

    2017年6月9日、ブラジル連邦警察が内部者取引を目的とした贈賄の疑いでJBS事務所を捜索した。JBS (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 大崎貞和

    大崎貞和から見た内部者取引内部者取引

    金融庁及び東京証券取引所は、2016年から2017年にかけて、フェア・ディスクロージャーの導入を検討していた。大崎はこのフェア・ディスクロージャーについて、「企業が特定の人だけに重要事実を伝えてはいけないという趣旨だ。一部の人だけが株を有利に売買できる情報を知るといった不公平な情報開示を防ぐ狙いだが、何でも公表すれば情報が行き渡るという考えは神話に近い。アナリストに情報をきちんと理解してもらって市場に伝えるのも間違ったやり方ではない。」という解釈を日本経済新聞に語っている。加えて、フェア・ディスクロージャーの推進の結果、上場企業側が「規制対象だと思う情報を幅広くとらえすぎて萎縮すれば、情報は質量ともに低下する」として、懸念がある旨を語った上で、「金融庁や東京証券取引所は、上場企業にルールの趣旨と望ましい対応を伝えていかなければならない」と警鐘を鳴らしている。また、日経産業新聞のインタビューに対しては、「金融庁は不安を抱いている企業に対し、アナリストや投資家との対話に消極的になることはない、市場にとって良い情報を提供してほしいということを粘り強く伝えてほしい。規制当局ではないが、経済産業省にも上場企業に対する呼びかけを期待したい。」とのコメントを発している。大崎貞和 フレッシュアイペディアより)

  • ルーファス・アイザックス (初代レディング侯爵)

    ルーファス・アイザックス (初代レディング侯爵)から見たインサイダー取引内部者取引

    法務総裁時代の1912年から1913年にかけての疑惑の渦中の人物となった。ルーファスの弟ゴッドフリー・アイザックス(Godfrey Isaacs)はの常務取締役だった。1912年7月に大英帝国各地に張り巡らせるの工事をマルコニ社が請け負う契約がゴッドフリーと郵政大臣ハーバート・サミュエルの間で結ばれた。しかしこれについてアイザックス兄弟とサミュエルの三人が結託して「質の悪い」マルコニ社の無線を優遇して採用したという噂が流れた(三人ともユダヤ人だったことがこの噂を助長した)。またルーファスやサミュエル、ロイド・ジョージなどの閣僚たちが株のインサイダー取引を行ったという疑惑も広まった。しかしルーファスもサミュエルも1912年10月の議会答弁でその疑惑を否定した。ルーファス・アイザックス (初代レディング侯爵) フレッシュアイペディアより)

  • 金融商品取引法

    金融商品取引法から見た内部者取引内部者取引

    内部者取引の規制(第163条以下、特に第166条及び第167条)金融商品取引法 フレッシュアイペディアより)

  • ラリー・エリソン

    ラリー・エリソンから見た内部者取引内部者取引

    エリソンはオラクル株約10億ドル分を売却した件でインサイダー取引の疑いをかけられたが、疑惑については否定し、1億ドルを自身の設立した慈善団体に寄付した。判事はエリソンの裁判費用2400万ドルをオラクルが肩代わりすることを認めなかった。エリソンの弁護士は、もともとエリソンが裁判費用を支払う予定だったと主張したが、それは罪を認めたとも受け取れる。このとき、オラクル社はスタンフォード大学の教授2名を社外取締役に任命してインサイダー取引だったかどうかを調査させ、潔白だという調査結果を出させているが、エリソンはスタンフォード大学に寄付をしていた。ラリー・エリソン フレッシュアイペディアより)

166件中 51 - 60件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード

  • とおりゃんせ KANAZAWA FOODLABO

  • 輪島塗軍配

  • 追手風部屋の発展と遠藤関の…今なら最大2カ月100円! キャンペーン実施中! 詳しくはこちら