112件中 61 - 70件表示
  • 白川道

    白川道から見たインサイダー取引内部者取引

    その後、松山市にあった妻の父の会社で役員を務めたが、2年半で離婚した。子供を松山に残して東京に戻り、兜町の投資顧問会社に入社、のちに自ら株式投資顧問会社を起業した。何十億という金を動かし、女子大生と同棲しながら、1年間に1億円を使いきるような生活を送る。投資ジャーナルなどとも関わり、インサイダー取引やマネーロンダリング等の違法行為で逮捕、実刑判決を受けた経歴もある。服役中に、小説の書き方を勉強し、1994年、49歳のときに『流星たちの宴』で作家デビューする。2001年には、『天国への階段』が第14回山本周五郎賞候補作となり、同名の連続ドラマも作られた。ハードボイルドの新旗手として注目される。白川道 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見たインサイダー取引内部者取引

    2009年11月16日、直嶋正行経済産業相が内閣府の発表30分前にGDPの伸び率を漏らしていたことが発覚。GDPは株価や為替の動きに重大な影響を与える可能性があり、平野博文官房長官は報道陣からの「インサイダー取引も誘発しかねない」との指摘に同意し、「政権の危機管理も問われる」と語っている。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 証券取引委員会

    証券取引委員会から見たインサイダー取引内部者取引

    フランクリン・ルーズベルトによって初代証券取引委員会委員長に任命されたのは、後のアメリカ大統領・ジョン・F・ケネディの父親のジョセフ・P・ケネディであった。ジョセフ自身がインサイダー取引など数々の手口を駆使して大富豪に成り上がった人物であったため、この人事には反発が強かった。この人事についてフランクリンは「オオカミを捕らえるためにオオカミを使う。彼なら取引のからくりを何でも知っている」と発言したという。証券取引委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 13歳のハローワーク (テレビドラマ)

    13歳のハローワーク (テレビドラマ)から見た内部者取引内部者取引

    1990年:会員制倶楽部「リッチマン」常連客。不正なインサイダー取引に関わっている。13歳のハローワーク (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 銀のアンカー

    銀のアンカーから見たインサイダー取引内部者取引

    高柳康三郎の依頼を受け、高柳グループ再建のために白川が招聘した人物。IT企業「ネクストフィーバー」元社長。嘗てインサイダー取引の発覚で有罪判決を受けた。田中・松本にベンチャー企業の真実を語る。ライブドア・堀江貴文がモデルと思われる。銀のアンカー フレッシュアイペディアより)

  • 東京証券取引所

    東京証券取引所から見たインサイダー取引内部者取引

    売買審査部:証券市場の公正性・信頼性保護のため、インサイダー取引や相場操縦などの不公正取引のおそれのある取引等に関する詳細な調査活動を実施東京証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • オートレース選手

    オートレース選手から見た内部者取引内部者取引

    競走開催期間中、選手はオートレース場から出ることを禁じられている。また、外部との連絡も原則として禁止されており、携帯電話は前検日に競走会へ預ける。これは、内部者取引やノミ行為、八百長等の不正行為を防止するためには必要不可欠な事であり、他の公営競技においても同様である。過去に、携帯電話で会話をする選手がテレビで中継されてしまい問題となり、携帯電話を持ち込んだ選手は斡旋停止処分が下された。2009年には伊勢崎オートレース場に所属していた選手が携帯電話をオートレース場に持ち込んでいた事が発覚。その後過去からの競走参加中における常用を理由に選手登録消除の処分を受けている。オートレース選手 フレッシュアイペディアより)

  • 裏刑事-URADEKA-

    裏刑事-URADEKA-から見たインサイダー取引内部者取引

    過去に岩城が逮捕した容疑者を片っ端から釈放してきた元悪徳弁護士。岩城の天敵とも言えるが、お互い腕を認め合ってはいた。インサイダー取引に加担していたことがバレて弁護士資格を剥奪されて以降は芸能事務所を立ち上げたものの、経営状態は火の車で、半ば脅迫に近いかたちで岩城に接近。報酬の半額を回すことを条件に裏刑事の仕事を手伝っているが、毎回クライマックスでの格闘シーンでは「俺のギャラじゃここまでだ」という捨て台詞とともに途中で姿を消してしまう。日常でも格闘でも様々なマジックを披露する。裏刑事-URADEKA- フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たインサイダー取引内部者取引

    ブッシュは石油企業に戻り、アーバスト・エネルギー、スペクタン・7、ハーケン・エネルギーなどの会社の社長、最高責任者となった。これらの事業は、1980年代に産業と地域経済に影響を及ぼした、石油価格の広範囲な低下により損害を受けた。さらに、ハーケンが関係したかもしれないインサイダー取引の疑惑が起こったが、証券取引委員会(SEC)の調査は、ブッシュの株式販売より前に容疑を正当化するインサイダー情報はないと結論付けた。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • SMBC日興証券

    SMBC日興証券から見たインサイダー取引内部者取引

    2011年、東京都港区に社を置く東証2部上場のワイン商社「エノテカ」の株式公開買い付け(TOB)を巡り、同社の当時執行役員がインサイダー取引をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が同年9月下旬、金融商品取引法違反容疑で同社や役員宅を強制調査。監視委は、検察当局への告発を視野に調査。執行役員は発表前にこの情報を入手し、知人の横浜市の不動産会社社長に教唆、社長はその情報に基づき、約200株を約1600万円で買い付けたという疑いが持たれている。SMBC日興証券 フレッシュアイペディアより)

112件中 61 - 70件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード