166件中 71 - 80件表示
  • ロンドン証券取引所

    ロンドン証券取引所から見た内部者取引内部者取引

    ロンドンにおける株式取引のおこりはウィリアム3世の治世の時代、ロシア北部の白海経由で中国を目指したモスクワ会社、インド・東洋の航海をした東インド会社、この2つの組織の資金を安定的に手当てする必要があったことによる。これは個人が捻出するに困難なほどの費用も、商人らに株式を発行することで会社立ち上げの資金を獲得し、株主らには最終的な利潤の分配権を与えるものであった。手法はすぐさま広まり、1695年には140の株式会社 (joint stock company) があったとされる。これら会社の株式の取引は、シティのエクスチェンジアレイ界隈にある2つのコーヒー・ハウス、ギャラウェイとジョナサンが中心となり、ブローカーをつとめるジョン・キャステインが発表する株価・商品価格は The Course of the Exchange and other things と呼ばれた。株式市場の成長に従い、法制度の整備もすすめられ、1697年にはブローカーおよびジョッバーの総員・悪弊規制法が議会を通過。内部者取引や市場の不正操作が制限、さらにブローカー業は免許制となって合法行為の誓約が求められるようになった。ロンドン証券取引所 フレッシュアイペディアより)

  • パープル式部

    パープル式部から見たインサイダー取引内部者取引

    イケメンハリウッド俳優によく似た男。証券マンをしていたがインサイダー取引により逮捕され、懲役中の身である。式部とは過去に1度だけ男女の仲になったことがあるらしい。夏海の結婚候補者として式部が引き合わせたが、当然のことながら成就しなかった。パープル式部 フレッシュアイペディアより)

  • メディカル一光

    メディカル一光から見たインサイダー取引内部者取引

    2008年11月20日 - インサイダー取引規制回避を目的に、役員持株会を創設。メディカル一光 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤山治 (実業家)

    武藤山治 (実業家)から見たインサイダー取引内部者取引

    1932年(昭和7年)に時事新報社に入社する。関東大震災後に経営赤字に陥っていた同社で「思ふまま」及び「月曜論説」の執筆を担当して、経営黒字に乗せることに成功した。金子直吉・藤田謙一らの帝人株のインサイダー取引に着眼し、鳩山一郎・中島久万吉・三土忠造ら政界関係者と「番町会」(郷誠之助・正力松太郎・小林中・河合良成・長崎英造・長野護)の暗躍を次々とスクープする。武藤山治 (実業家) フレッシュアイペディアより)

  • VTB

    VTBから見た内部者取引内部者取引

    2011年、VTBがモスクワ銀行(Bank of Moscow)を敵対的に買収した。モスクワ市に1030億ルーブル(32億ドル)を支払い、モスクワ銀行株の46%に加え支配率を75%まで引き上げる権利を獲得したのである。モスクワ銀行の不良債権は内部者取引で抱えたものということが報道で明らかにされていたため、この買収がロシアの預金保証制度を壊すのではないかと懸念された。VTB フレッシュアイペディアより)

  • マーサ・スチュワート

    マーサ・スチュワートから見たインサイダー取引内部者取引

    2002年にインサイダー取引(製薬会社が開発した癌の新薬の申請が却下されたことを,マーサ・スチュワート フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ミルケン

    マイケル・ミルケンから見たインサイダー取引内部者取引

    1988年12月、ドレクセルのRICO法違反を追及していた米司法当局が、罰金6億5千万ドルとミルケン兄弟のボーナス無支給という司法取引を提案した。ドレクセルの取締役会は取引に応じて違反摘発を免れた。1989年、ミルケンはインサイダー取引や顧客の脱税幇助など95の罪で起訴された。この年、ドレクセルは証券取引委員会の長に会長ポストをあてがって本社への追及を免れた。ジャンクボンド市場は世論から非難されるようになった。ミルケンを解雇したドレクセルは顧客を失い倒産した。マイケル・ミルケン フレッシュアイペディアより)

  • ホットリンク

    ホットリンクから見た内部者取引内部者取引

    2014年3月3日、代表取締役である内山幸樹が保有していたホットリンク株式80,000株を2月19日に時間外取引で売却した(売却額は当日株価で約11億円)とリリースした。4月4日、前述売却日の2月19日は「2ch.net」で大規模な障害が発生して「2ch.net」の運営がN.T.Technologyに交代したのと同じ日付であり、西村博之が「2ch.sc」を登録した日付であることから内部者取引(インサイダー取引)に該当する疑いがあるとJ-CASTニュースによって報じられた。これに対して4月6日にホットリンクは事実とは全く異なるとリリースした。ホットリンク フレッシュアイペディアより)

  • カールス・ジュニア

    カールス・ジュニアから見たインサイダー取引内部者取引

    1980年代の半ばになって、新規にスタートしたフランチャイズを3つが全て失敗に終わり、カール・カーチャーが株主からインサイダー取引の容疑で訴訟を起こされる。この苦境を顧問弁護士であったアンドルー・パズダーが、メニューの刷新や効果的な広告宣伝によって立て直す。パズダーが打った広告は、ファッションモデルによる扇情的、官能的な映像であった。当時、マクドナルドやバーガーキングといった大手チェーン店は子供市場をターゲットとしており、ハンバーガーの嗜好が高い18歳から34歳くらいの男性客への訴求が低かった。そこに目を付け、ハンバーガーを楽しむ男性客という新規マーケットの獲得に官能的な広告がヒットすることになった。カールス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • アイヴァン・ボウスキー

    アイヴァン・ボウスキーから見た内部者取引内部者取引

    アイヴァン・ボウスキー(Ivan Boesky、1937年3月6日 - )は、デトロイト出身の投資家。1980年代中盤にウォール街の鞘取りとして活躍した。ドレクセル・バーナム・ランベールをめぐる内部者取引を密告し、ハーヴェイ・ピットに弁護された。アイヴァン・ボウスキー フレッシュアイペディアより)

166件中 71 - 80件表示

「インサイダー取引」のニューストピックワード