6030件中 11 - 20件表示
  • ネットワーク中立性

    ネットワーク中立性から見たインターネットインターネット

    ネットワーク中立性()とは、ユーザー、コンテンツ、サイト、プラットフォーム、アプリケーション、接続している装置、通信モードによって差別あるいは区別することなく、インターネットサービスプロバイダ(インターネット接続業者)や各国政府が、インターネット上の全てのデータを平等に扱うべきだとする考え方である。ネット中立性、インターネット中立性とも。ネットワーク中立性 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見たインターネットインターネット

    平成期に入り進行していた事象だが、インターネットが急速に普及した。それに加えてコンピュータ2000年問題以降、産経新聞・NHKなどを除く多くのマスコミは元号よりも西暦を主に使用することが多くなり、民間では元号を使う機会が減少した。平成 フレッシュアイペディアより)

  • ボートマッチ

    ボートマッチから見たインターネットインターネット

    ボートマッチ()は、選挙に関するインターネット・サービス。有権者と立候補者、または有権者と政党の考え方の一致度を測定することができる。ボートマッチ フレッシュアイペディアより)

  • DEATHTOPIA

    DEATHTOPIAから見たインターネットインターネット

    不審な男性の正体はUDであり、「チーター」の1人でもあった。コウと結衣たち3人を謎の能力で圧倒したUDは、コウや結衣たち3人と「チーター」を使って新世界を創造する旨を言い残し、立ち去る。一方、双子の「チーター」・香炉鈴音と香炉響は、ラブホテルで斬殺した男性の血液を用いて壁にコウへの「挑戦状」を書き残す。九重に大学への顔出しを許可されたコウは結衣を伴って足を運ぶが、そこの元学生でもあった鈴音はコウの観察や結衣への宣戦布告を済ませて立ち去ると、響が離れた隙に自分を拉致したチンピラたち4人を、駆けつけてきた響と共にヨーヨーを用いて斬殺したうえ、その映像をインターネットで公開する。九重が激怒する中、コウと結衣たち3人は鈴音の「招待」に応じてレイブパーティーの会場を訪れるが、紛れ込んでいた刺客たちとの戦闘の裏側で、結衣は鈴音たちに拉致されてしまう。鈴音がコウ・早希・舞夜に拳銃を捨てさせ、丸腰の彼らへさらなる刺客たちを差し向けた結果、舞夜は骨折を経て崖から湖へ突き落とされる。鈴音たちのもとでは彼女の仲間たちに結衣が輪姦されそうになるが、そこで彼らの携帯電話が一斉に鳴って切れたうえ、響によるコウと早希の中継映像が途絶える。不審を抱いた鈴音は、響の様子を見に向かう。早希から舞夜の救出を託されたコウは、水中の彼女へ止めを刺そうとする刺客に迫るも敵わず、自分の非力さに憤る。DEATHTOPIA フレッシュアイペディアより)

  • ダイレクトメール

    ダイレクトメールから見たインターネットインターネット

    インターネットが出現するまで、ダイレクトメールは特定の顧客へ直接アプローチ出来る唯一のメディアであったという経緯から、ダイレクトメールの効果をよりあげていく方法としてダイレクトマーケティングが存在したが、今日においてはインターネットも直接顧客へアプローチが出来るため、ダイレクトメールがダイレクトマーケティングを採用するのが良い、とされている。ダイレクトメール フレッシュアイペディアより)

  • デジタルオーディオプレーヤー

    デジタルオーディオプレーヤーから見たインターネットインターネット

    デジタルオーディオプレーヤーはデジタル方式の音楽ファイルを再生する音響機器で、携帯電話会社の音楽配信サービスやインターネットの音楽販売サイトから購入したり、CDなどから直接取り込んだ音楽ファイルを再生するのに用いられる。デジタルオーディオプレーヤー フレッシュアイペディアより)

  • Platform as a Service

    Platform as a Serviceから見たインターネットインターネット

    PaaS( の略、パースまたはパーズ)とは、インターネットを利用したコンピュータの新しい利用形態の1つである。Platform as a Service フレッシュアイペディアより)

  • クラウドコンピューティング

    クラウドコンピューティングから見たインターネットインターネット

    クラウドコンピューティング()は、インターネットなどのコンピュータネットワークを経由して、コンピュータ資源をサービスの形で提供する利用形態である。略してクラウドと呼ばれることも多い。クラウドコンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • 2014年東京都知事選挙

    2014年東京都知事選挙から見たインターネットインターネット

    元航空幕僚長の田母神は航空自衛隊のトップとしての経験を踏まえ自衛隊を活用した首都直下型地震や2020年東京オリンピック開催に向けた災害対策の強化を掲げた他、教育改革や安全を確認した上での原発の再稼働容認などを訴えた。選挙戦では、日本維新の会共同代表の石原慎太郎など同党所属の国会議員らから個人的な支援を受けるのみで組織票がほぼない状況であったが、最終的に60万票以上を獲得。舛添らには及ばなかったものの、得票数4位に滑り込んだ。この善戦には、田母神の思想に近い保守的で国粋主義的なインターネット利用者である「ネット右翼」が田母神を支援し、予想を超える善戦を生んだとマスコミでは報道された。この後、田母神はこの選挙で運動員に報酬を支払ったとして、公職選挙法(運動員買収)容疑で違反で逮捕され選対本部長と共に有罪判決を受けた。2014年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • ハンワホームズ

    ハンワホームズから見たインターネットインターネット

    インターネットショップ運営/EC事業ハンワホームズ フレッシュアイペディアより)

6030件中 11 - 20件表示

「インターネット」のニューストピックワード