4969件中 61 - 70件表示
  • アマチュア無線

    アマチュア無線から見たインターネットインターネット

    無線通信には目的を達するためにそれなりの設備が必要で、遠距離通信を達成しようとすればするほど大がかりで複雑なものとなる。これはアマチュア無線についても同じであり、特に広い私有地を確保し難い日本では、個人で高能率の大掛かりな空中線を所有・管理することが難しい。また大出力とすると、近隣電波障害対策、電波の強度に対する安全施設の構築が難しくなるため、手軽に多目的に使えるインターネットの登場と普及により、見知らぬ相手や外国人と交流したい人は、その掲示板やチャット機能などを利用するようになった。アマチュア無線 フレッシュアイペディアより)

  • 電子投票

    電子投票から見たインターネットインターネット

    電子投票(でんしとうひょう)とは票を入れる行為を電子化した投票(方式)のこと、あるいはそのような投票を行うことをいう。投票所における投票で電子機器を用いて行う投票のほか、インターネットなどのネットワークを介しての投票などが含まれる。電子投票 フレッシュアイペディアより)

  • Wii

    Wiiから見たインターネットインターネット

    Wiiは任天堂の第6世代目の家庭用据え置き型ゲーム機であり、無線通信で接続されるコントローラ「Wiiリモコン」による直感的な操作の実現、Wii独自のインターネットを利用した日常生活に役立つコンテンツ(Wiiチャンネル)といったサービス・機能が大きな特徴である。Wii フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たインターネットインターネット

    1990年(平成2年)頃までのパーソナルコンピュータは標準ではネットワーク機能を持たないシステムが多くハードウェアの性能的限界からシングルユーザの素朴なオペレーティングシステム(OS)やオペレーティング環境(CP/MやDOS、初期のWindowsなど)が使われ、ミニコンピュータやワークステーションとは絶対的な機能の差があった。現在のパーソナルコンピュータの多くはミニコンピュータ用に設計されたシステムであるUNIXやVMSの成果を取り入れたOS(Mac OS XやWindows NT系)を搭載し、有線または無線のLANに標準で接続できるなどワークステーションとの境界は明確ではなくなっている。現在のパーソナルコンピュータ向けソフトウェアはインターネットにLANを通じてあるいは高速回線またはダイヤルアップで直接接続し、ウェブやその他のサービスにアクセスできることを前提に設計されている。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 個人情報漏洩

    個人情報漏洩から見たインターネットインターネット

    従来は各種の名簿を通じた漏洩が主だったが、近年は個人情報の電子データ化が進んでおり、また情報通信が発達したことから、パーソナルコンピュータやインターネットが何らかの形で絡み情報漏洩に至るケースが増えている。また、外部記憶媒体の大容量化とあいまって、大規模な個人情報の流出が頻繁に起きている。個人情報漏洩 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータゲームの歴史

    コンピュータゲームの歴史から見たインターネットインターネット

    3月 - AOL『Neverwinter Nights』。世界初のグラフィカルMMORPG。インターネットが未発達の時代であり、AOLのパソコン通信サービス上で運用された。コンピュータゲームの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 嫌韓

    嫌韓から見たインターネットインターネット

    嫌韓派の主な主張の場所はインターネット(とりわけ、インターネット掲示板2ちゃんねるのハングル板など)であるという見方がある。この中での嫌韓派の発言には、背後に朝鮮民族への差別偏見や、韓国の「反日」と同レベルの韓国絶対悪という感情が透けてみえる場合もある。実際に、愉快犯的に「嫌韓」アジテーションや差別表現を書き込むものもおり、日本のインターネットは、韓国・朝鮮人に対する差別表現とヘイトスピーチが横溢している空間になっている。ただし、これはもちろん、日本側に限ったことではなく、現在のインターネットでは韓国との直接的な議論が翻訳サイトを中心に可能になっており、少なくとも、翻訳サイトにおいては韓国側による日本側に対する侮蔑的差別的書き込みも多くみられる。嫌韓 フレッシュアイペディアより)

  • ウィキペディア日本語版

    ウィキペディア日本語版から見たインターネットインターネット

    2005年以降はWeb 2.0ブームの一端として大手マスコミにも取り上げられるようになり、インターネットに接する一般市民にも認知されていった。現在では検索エンジン最適化により、Google検索を始めとする検索エンジンで記事が上位に表示されることもあって、認知度や閲覧数も高い。一方で、記事の内容やサイトの運営などに関し、様々な課題も指摘されている。ウィキペディア日本語版 フレッシュアイペディアより)

  • AirMac

    AirMacから見たインターネットインターネット

    AirMacはニューヨークで開催されたMacworld Expoにおいて1999年7月21日に初登場した。最初に提供されたのはAirMacベースステーションに加え、アップル社の新型の iBookノートブック向けオプションの拡張カードが含まれた。AirMacカードは、PowerBook、eMac、iMac、およびPower Macを含むすべてのアップル社製パーソナルコンピュータにオプションとしてその後追加された(Xserveにはラックマウントサーバという性格上AirMacカードオプションがない)。初代のAirMacシステムは最大11 Mbpsの転送レートが可能であり、複数のコンピュータの間でインターネット・アクセスの共有とファイル共有を行うためによく使われた。AirMac フレッシュアイペディアより)

  • 天草エアライン

    天草エアラインから見たインターネットインターネット

    2010年3月1日より、予約システムが大幅に変更された。天草エアラインでは、就航当初から電話による予約が主で、天草エアラインの社員が個別に対応していた。料金の支払い方法も、クレジットカードの番号を口頭で伝えるか、空港の天草エアラインカウンターでの現金決済が大半を占めており、予約データの管理も、手作業で行っていた。新予約システムでは、天草エアラインのインターネットサイトから、空席照会や予約、クレジットカード決済などが可能になった。現在では携帯電話用のモバイルサイトからも予約等が出来る。天草エアライン フレッシュアイペディアより)

4969件中 61 - 70件表示

「インターネット」のニューストピックワード

  • 建築家と建てる家に関する意識調査2016