6030件中 71 - 80件表示
  • ネットブック

    ネットブックから見たインターネットインターネット

    ネットブック()は、ウェブサイトの閲覧や電子メール・チャットなどの基本的なインターネット上のサービスを利用することを主な用途とした、安価で小型軽量で簡便なノートパソコンのカテゴリーである。2007年から各PCメーカーから発売され、2012年に新規販売を終了した。ネットブック フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道ファン

    鉄道ファンから見たインターネットインターネット

    かつては「鉄道雑誌以外に、日本国外の鉄道の情報を得る手段がないから」と言われたこともあった。しかし現在では、インターネットの発達により、以前に比べて情報量や即時性の面で劇的に改善されているため、(語学力の問題はあるが)「情報の少なさ」という理由は以前に比べ緩和されていると言える。鉄道ファン フレッシュアイペディアより)

  • アダルトビデオ

    アダルトビデオから見たインターネットインターネット

    初期の記録メディアはVHSが中心であったが、技術革新に伴い、一部を除いて配信媒体としてのビデオテープは消滅しており、DVD・BDや、インターネットによる動画配信に移行している。アダルトビデオ フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータゲームの歴史

    コンピュータゲームの歴史から見たインターネットインターネット

    3月 - AOL『Neverwinter Nights』。世界初のグラフィカルMMORPG。インターネットが未発達の時代であり、AOLのパソコン通信サービス上で運用された。コンピュータゲームの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ISIL

    ISILから見たインターネットインターネット

    アメリカ軍はISIがインターネット上の組織に留まり、実際にバグダーディー師と呼ばれる組織内の人物は存在しないと主張していたが、2010年4月18日、イラクのヌーリー・マーリキー首相はISIの首長(アミール)アブー・ウマル・アル=バグダーディーと同戦争相アブー・アイユーブ・アル=マスリーがティクリート近郊で行われたアメリカ軍とイラク軍の合同作戦により死亡したと発表した。これに伴い、同年5月16日、アブー・ウマル・アル=バグダーディーの後を継いでアブー・バクル・アル=バグダーディーがISIの首長(アミール)に就任した。ISIL フレッシュアイペディアより)

  • ウィキペディア日本語版

    ウィキペディア日本語版から見たインターネットインターネット

    2005年以降はWeb 2.0ブームの一端として大手マスコミにも取り上げられるようになり、インターネットに接する一般市民にも認知されていった。現在では検索エンジン最適化により、Google検索を初めとする検索エンジンで記事が上位に表示されることもあって、認知度や閲覧数も高い。一方で、記事の内容やサイトの運営などに関し、様々な課題も指摘されている。ウィキペディア日本語版 フレッシュアイペディアより)

  • アマチュア無線

    アマチュア無線から見たインターネットインターネット

    パソコン通信やインターネットが利用されている。アマチュア無線 フレッシュアイペディアより)

  • ブロックバスター (企業)

    ブロックバスター (企業)から見たインターネットインターネット

    現在は国によって、店舗型レンタルに加え、宅配方式、ストリーミング型インターネット動画配信サービス、映画館運営などの事業を展開している。ブロックバスター (企業) フレッシュアイペディアより)

  • アサヒる問題

    アサヒる問題から見たインターネットインターネット

    アサヒる問題(アサヒるもんだい)とは、朝日新聞(2007年9月24日付)に掲載された安倍晋三に関する石原壮一郎のコラムをきっかけに、インターネット上で流行した「アサヒる」という言葉が朝日新聞への批判やパロディ化の一形態として使われるようになったことに関する一連の議論や論争を指す。本頁では「アサヒる」の語源・定義と、流行するに至った背景・経緯について解説する。アサヒる問題 フレッシュアイペディアより)

  • 探偵!ナイトスクープ

    探偵!ナイトスクープから見たインターネットインターネット

    後述する項目において、インターネットで検索するなり、専門家に問い合わせればすぐに解決できる依頼内容であっても、依頼者や第三者を巻き込んで探偵が直接足を使って調査するといった過程に重点が置かれている。しかし、困難と思われた依頼が予想より簡単に解決したり、逆にすぐに解決できるような依頼が調査途中で迷走したり、調査途中や後になって別な疑問が派生したり、調査結果によっては新たな問題定義が浮き彫りになって大規模調査に発展することもある。時に依頼内容の如何によっては探偵は地道で煩雑な調査に長時間を強いられる場合もあり、決められたVTRの時間内に調査をまとめなければならないがロケの途中で落とし所があいまいになったり、いたずらに時間を費やしてしまう、対象が一般人なので当然取材側の思ったように動かない等の収録上の困難も抱えている。また、番組制作上時間もコストもかけられないために期日内に依頼(取材)を遂行する必要があるため、事故などの危険性の無い限りひたすら撮影し続け照明が切れてもハンドライトで、ハンドマイクが壊れてもガンマイクで、カメラマンが転倒しても撮り直しもカットもせず、物理的に撮影が不可能になるまで収録を続ける、など過酷なものとなる場合が多々あるが、それらも演出や番組制作上、構成や演出の一つとして組み入れられている。探偵!ナイトスクープ フレッシュアイペディアより)

6030件中 71 - 80件表示

「インターネット」のニューストピックワード