前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た宇野康秀

    前取締役会長の宇野康秀は創業メンバーの一人であり、合併直前までは33.11%の株式を保有する筆頭株主であった。宇野康秀が、父親の死に伴いUSEN(旧・大阪有線放送社→有線ブロードネットワークス)の株式と経営を引き継いだことから、USENとは兄弟会社といわれていた。インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た藤田晋

    藤田晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見たUSEN

    前取締役会長の宇野康秀は創業メンバーの一人であり、合併直前までは33.11%の株式を保有する筆頭株主であった。宇野康秀が、父親の死に伴いUSEN(旧・大阪有線放送社→有線ブロードネットワークス)の株式と経営を引き継いだことから、USENとは兄弟会社といわれていた。インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見たネクスト (不動産企業)

    板谷隆一(株式会ネクスト取締役常務執行役員)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見たリクルート

    求人メディア事業に強い学生援護会と事業の相互補完をする目的で、2006年7月1日に学生援護会を吸収合併。リクルートに次ぐ規模となっている。インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見たカーライル・グループ

    株式会社学生援護会との合併に際して、USENが学生援護会の筆頭株主であったカーライル・ジャパン・パートナーズLPから学生援護会株式の40.01%を取得したため、合併によりUSENが第2位の株主 (17.45%) となった。さらに、2006年7月27日には、USENは筆頭株主の宇野康秀からインテリジェンス株式21.57%も取得。USENが40.04%の株式を保有することとなり、USENグループ入り。2008年9月30日には、株式交換によりUSENの完全子会社となった。インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た三原邦彦

    三原邦彦(株式会社ビー・スタイル代表取締役)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た島田亨

    島田亨(株式会社楽天野球団代表取締役社長)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た高野秀敏

    高野秀敏(株式会社キープレイヤーズ代表取締役・キャリアコンサルタント)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

  • インテリジェンス (企業)

    インテリジェンス (企業)から見た日高裕介

    日高裕介(株式会社サイバーエージェント専務取締役)インテリジェンス (企業) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「インテリジェンス」のニューストピックワード