前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • アトラス (ゲーム会社)

    アトラス (ゲーム会社)から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    1986年4月7日に旧社が設立。2006年のインデックス(旧社)グループ入りを経て2010年10月にインデックス(旧社)本体へ吸収合併され、同社のブランドとして存続していたが、インデックス(旧社)の民事再生手続(その後民事再生手続廃止並びに破産手続開始)とそれに伴う新旧分離により、2013年11月1日に同年9月5日に設立されたインデックス(旧セガドリーム)へブランド並びに海外子会社の株式を譲渡したと同時に、社員もインデックス(旧社)を退職した上でインデックス(旧セガドリーム)へ再雇用された。2014年4月1日付で実施された会社分割に伴い、インデックス(旧セガドリーム)は「株式会社アトラス」(新社)に商号変更した。このため、セガゲームスの子会社である新社と、2010年9月までの旧社並びに2010年10月から2013年10月までブランドを所有していたインデックス(旧社)とは資本関係は全くない別会社である。アトラス (ゲーム会社) フレッシュアイペディアより)

  • タカラ (玩具メーカー)

    タカラ (玩具メーカー)から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    その後も業績は好転せず、2005年にコナミグループを離脱、インデックスグループ傘下となり、コンピュータゲーム事業を子会社のアトラス(旧社)に譲渡するなどの組織改革を実施した。タカラ (玩具メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミー

    タカラトミーから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    この様な経緯により、共に葛飾区に本社を持つ両社は水面下で企業提携などを含めた交渉を図り、最終的には合併という形に落ち着いた。もっともこの合併は決して平坦ではなく、一時は物別れになりそうなところをインデックスグループ(当時)のCEOだった落合正美が間に入って合併にこぎつけている。なお、タカラトミーはインデックスの民事再生法申請前の2013年6月12日に、インデックスが「金融商品取引法違反容疑による証券取引等監視委員会の調査について」を公表したことを受けて、保有していたインデックス株全株を売却し、インデックスとの関係も、インデックスが保有していたタカラトミー全株式の売却、インデックスが行っていた事業が2013年11月1日にセガ(後のセガゲームス)の子会社であるインデックス(新社、後にアトラス〈新社〉とインデックス〈2代目、後のiXIT〉へ会社分割)へ譲渡されたことにより、2013年10月までに関係を解消している。タカラトミー フレッシュアイペディアより)

  • デックスエンタテインメント

    デックスエンタテインメントから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    株式会社デックスエンタテインメント(Dex Entertainment Inc.)は、インデックス傘下の映像・オンラインゲームメーカー。デックスエンタテインメント フレッシュアイペディアより)

  • インタラクティブブレインズ

    インタラクティブブレインズから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2001年4月に有限会社として立ち上げ、バンダイナムコゲームスのケータイ向けゲーム総合サイト「アプリキャロット」のプロデュースを行う。2003年4月に株式会社へ変更。その後「リッジレーサー」(2003年)などを携帯電話向け3Dゲームの開発を行う一方でオリジナルタイトル開発にも着手。また、「はじめの一歩」(講談社)、「スターウォーズ」(インデックス)、「ワイルド・スピード」(ユニバーサル・スタジオ)シリーズを共同開発、販売を行うなどモバイルゲーム市場をターゲットとした事業を展開している。インタラクティブブレインズ フレッシュアイペディアより)

  • 萌え株

    萌え株から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    4835 インデックス(旧法人) 2013年7月28日上場廃止萌え株 フレッシュアイペディアより)

  • 小川善美

    小川善美から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    ネットインデックス(現・ネクスグループ)会長、アトラス(旧社)副社長、一般社団法人デジタルメディア協会副理事長、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム代表理事、インデックス(旧社)代表取締役社長社長などを歴任した。小川善美 フレッシュアイペディアより)

  • 日活

    日活から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2005年(平成17年)4月21日、ナムコが日活株式のUSENへの譲渡を検討していることを発表するが、USENの企業体質に対して日活労働組合が難色を示し、USENは買収を断念する。同年9月7日にインデックス・ホールディングス(以下インデックス)がナムコ保有の日活株式の取得を発表、インデックスが労働条件の維持を表明し、日活労働組合も同意し、同年9月中に日活はインデックスグループ傘下の子会社となった。同年11月1日をもってインデックスの会長・落合正美が日活会長に、ナムコの中村雅哉は非常勤の名誉顧問になった。中村は、2008年10月に名誉顧問も退任した。日活 フレッシュアイペディアより)

  • ゲオ

    ゲオから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    8月 - 株式会社インデックスと共同出資で、子会社フリッカー株式会社(現・リテールコム)を設立し、携帯電話によるネット通信ビジネスを開始。ゲオ フレッシュアイペディアより)

  • セガゲームス

    セガゲームスから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    アトラスブランドを保有していたインデックスが2013年6月に民事再生手続を申請し(旧:インデックスは2014年4月に民事再生手続廃止の上、同年7月に破産)、2013年9月にセガがインデックスの再生スポンサーとなったと同時に、セガは事業引受会社となる100%子会社のセガドリームを設立した。同年11月にインデックスの新旧分離とこれに伴うアトラスの全権利を譲受したと同時に、セガドリームの社名はインデックス(後のアトラス〈新社〉)に変更された。これによりセガは子会社を通じてではあるものの、アトラスの人気シリーズである『真・女神転生』シリーズ(『ペルソナ』シリーズ含む)、『世界樹の迷宮』シリーズなどのアトラスの全権利を手に入れることとなった。セガゲームス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「インデックス」のニューストピックワード