97件中 21 - 30件表示
  • 副島成記

    副島成記から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    小学生低学年時代は『ドラえもん』が好きで模写やオリジナルの漫画を描いていた。学生時代にゲームセンターで『豪血寺一族』などのゲームに熱中していたことからゲーム業界を志望、アトラス(旧社)に入社する。入社後は金子一馬率いるアトラスのデザインスタッフとして、金子のデザインを元に再度イラストを書き起こしたり、金子のCGの仕上げを多数担当する。『ソウルハッカーズ』、『ペルソナ2罪・罰』ではサブキャラクターのデザインも務めた。『ステラデウス』で初のメインキャラクターデザイン、アートディレクションを担当。人気作『ペルソナ3』、『ペルソナ4』でもメインキャラクターデザインおよびアートディレクションを担当し知名度を上げる。『Another Century's Episode3』ではバンプレストからオファーを受け、初めてアトラス以外のゲームのキャラクターデザインを担当する。 2010年には初の画集『副島成記アートワークス 2004-2010』が発売された。2013年11月にインデックスの民事再生手続に伴うアトラスブランドの譲渡に伴いインデックス(旧社)を退職し、アトラスブランドの譲受先でかつセガゲームスの子会社である株式会社アトラス(新社、2014年3月まではインデックス)へ入社。副島成記 フレッシュアイペディアより)

  • 猪狩茂

    猪狩茂から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    福島県立富岡高校卒業後、陸上自衛隊に7年間勤める。その後、カスミやレッドロブスタージャパンを経て1995年にコンピュータゲームメーカーの株式会社アトラス(旧社)へ入社。その後、アトラスのSC事業本部長などを経て2005年、代表取締役社長に就任し、アトラス(旧社)がインデックス・ホールディングスへ吸収合併されることに伴い2010年に退任。2010年9月よりロッソインデックス代表取締役社長となったが、2013年のロッソインデックス会社解散に伴い退任。猪狩茂 フレッシュアイペディアより)

  • GDH (企業)

    GDH (企業)から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2005年11月 : ワープゲートオンラインをゴンゾロッソオンライン(のちにゴンゾロッソを経てインデックス・ホールディングスに売却し、ロッソインデックス)と変更。ハドソンの運営するオンラインゲーム『Master of Epic』での業務提携を発表。2006年春より共同開発、運営予定。GDH (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 田部和良

    田部和良から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2004年、株式会社インデックスと共にグルノーブル・フット38をM&A。日本企業として初めて海外サッカークラブの経営権を取得。2004年から2007年までグルノーブル・フット38ゼネラルマネージャーとして、クラブ経営全般に携わる。大黒将志、梅崎司、伊藤翔を獲得し、日本でのクラブの知名度を上げることに成功した。田部和良 フレッシュアイペディアより)

  • タカラトミーフィールドテック

    タカラトミーフィールドテックから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2005年にタカラがインデックス傘下になり、トミーとの経営統合を行うにあたり、「TAKARA」・「TOMY」の「T2」と「index」の頭文字から取った「T2iエンターテイメント」に変更。2006年3月にタカラが同業のトミーと合併して以降はタカラトミーとインデックスのコンテンツ事業戦略を担う子会社となる。2009年10月、株式会社タカラトミーエンタメディアに商号変更。タカラトミーフィールドテック フレッシュアイペディアより)

  • モビィリード

    モビィリードから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2006年10月 インデックス・ホールディングスグループを親会社とするNIKKOとの合弁会社へ移行モビィリード フレッシュアイペディアより)

  • ティー ワイ エンタテインメント

    ティー ワイ エンタテインメントから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2006年4月1日にアイシーアベニュー音楽出版から商号を変更し設立、インデックス・ホールディングス全額出資の完全子会社(同じく子会社である現インターチャネル・ホロンの出資を含む)として発足した。これまでのNECアベニュー・インターチャネルが行ってきた音楽・映像事業を引き継ぐ形となり、アニメ・ゲーム・キッズ向けをターゲットとした音楽・映像ソフトを発売するとともに、インデックスグループでの音楽・映像事業の中核企業としてだけでなく、インデックスが得意としていたモバイルコンテンツや、当時グループ会社であったタカラトミー、マッドハウス、タツノコプロなどの各種作品とのシナジー効果も期待されていた。ティー ワイ エンタテインメント フレッシュアイペディアより)

  • 目黒将司

    目黒将司から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2013年11月にインデックスの民事再生手続に伴うアトラスブランドの譲渡に伴いインデックス(旧社)を退職し、アトラスブランドの譲受先でかつセガゲームスの子会社である株式会社アトラス(新社、2014年3月まではインデックス)へ入社。目黒将司 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の経済

    2005年の経済から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    インデックスが日活株式をナムコから買い取り、日活を傘下にする事を発表。2005年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 金子一馬

    金子一馬から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2013年11月にインデックスの民事再生手続に伴うアトラスブランドの譲渡に伴いインデックス(旧社)を退職し、アトラスブランドの譲受先でかつセガゲームスの子会社である株式会社アトラス(新社、2014年3月まではインデックス)へ入社。金子一馬 フレッシュアイペディアより)

97件中 21 - 30件表示

「インデックス」のニューストピックワード