97件中 61 - 70件表示
  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    25日 - フジテレビとWOWOW、携帯電話配信事業会社のインデックスは、・の制作会社と共同で連続ドラマを制作し、2011年秋以降に順次各国で放送することを発表。日中韓3ヶ国共同によるドラマ制作は初の試みとなる。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • イナズマイレブンGO

    イナズマイレブンGOから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    アトラスブランドから2作がリリースされた。発売元は『イナズマイレブンGO バトルスタジアム』がインデックス(旧法人)、『イナズマイレブンGO バトリズム』がインデックス(旧法人)→インデックス(旧:セガドリーム)→セガ(後のセガ・インタラクティブ)。イナズマイレブンGO フレッシュアイペディアより)

  • けいおん! 放課後リズムタイム

    けいおん! 放課後リズムタイムから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    かきふらいによる女子高生の軽音楽部を題材にした漫画およびアニメ『けいおん!』を原作としたコンピュータゲーム(トレーディングカード+音楽ゲーム)。『けいおん!』としては初のアーケードゲームとなる。楽曲はアニメ第1期から11曲を収録。筐体はアトラスの汎用カードゲーム筐体「クルカステーション」を採用し稼動終了した『電車カードゲーム テツダマシィ』から順次入れ替え。発売元は当初はインデックス(旧法人)であったが、旧:インデックスの民事再生手続に伴い2013年11月にインデックス(旧:セガドリーム)に変更され、2013年12月にはインデックスが手掛けていたアミューズメント事業のセガへの移管に伴い、セガに発売元が三たび変更された。けいおん! 放課後リズムタイム フレッシュアイペディアより)

  • 大江戸ロケット

    大江戸ロケットから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    製作 - 大江戸ロケット製作委員会(インデックス・ホールディングス、マッドハウス、UNIVERSAL PICTURES(JAPAN)INC.、博報堂DYメディアパートナーズ)大江戸ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 有価証券報告書

    有価証券報告書から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    一方、株式上場の維持を目的とした虚偽記載としては、インデックスが、2011年8月期と2012年8月期の2期連続で債務超過にあったにも関わらず、資産超過とした虚偽の有価証券報告書を提出し、2013年7月28日の東証のジャスダック上場廃止までインデックス株式を上場させていた。当時のインデックス会長であった落合正美と社長であった落合善美はこの虚偽記載にからむ金融商品取引法違反容疑で起訴された。第1審の東京地裁では実刑判決が下され、第2審の東京高裁では控訴が棄却された。法人自体は2013年11月に他社へ事業譲渡していたことや、2014年4月に民事再生手続廃止を受けたことに伴い起訴猶予となった。有価証券報告書 フレッシュアイペディアより)

  • NECグループ

    NECグループから見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    NECアベニュー音楽出版 - NECアベニューの関連会社として発足。NECアベニュー消滅後も存続した。2005年にアイシー音楽出版に社名を変更し、NECグループより離脱。2006年にインデックスグループ(インデックス・ホールディングス及びインターチャネル・ホロン)が全株式を取得しインデックス ミュージックに変更。2008年にティー ワイ リミテッド傘下に入りティー ワイ エンタテインメントとなる。NECグループ フレッシュアイペディアより)

  • 大黒将志

    大黒将志から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2006年1月には当時日本企業のインデックス社がオーナーであったフランスのクラブチーム「グルノーブル・フット38」(フランスリーグ2部所属)へ完全移籍。思うように味方からのパスが出ないもどかしさを抱えながら5試合のフル出場を含め19試合6得点(2005-06に17試合5得点、2006-07に2試合1得点)。同年5月、2006 FIFAワールドカップ日本代表に選出、グループリーグ3試合に全て途中出場した。しかし、出場時間は短く(オーストラリア戦1分、クロアチア戦5分、ブラジル戦24分)、得点は挙げられなかった。大黒将志 フレッシュアイペディアより)

  • ペルソナ3

    ペルソナ3から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    2010年8月17日にモバゲータウンで配信開始された基本プレイ無料のアイテム課金制のソーシャルゲームアプリ。順次、GREEや、PC向けであるYahoo!モバゲー、ハンゲームでも配信。主人公は、“ペルソナ使い”としての素質を持つ高校生で、ある日その素養を認められ、世界を滅ぼす存在とされる“シャドウ”討伐への協力を依頼される。仲間となるペルソナを集めて、ほかのプレイヤーが操るペルソナ使いの仲間との“絆(コミュ)”を活用しながら、敵となるシャドウとバトルし経験値をためながらクエストをクリアしていく。運営はインデックスペルソナ3 フレッシュアイペディアより)

  • 夢の街創造委員会

    夢の街創造委員会から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    4月 - 株式会社インデックスと「モバイル出前館」業務提携。夢の街創造委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 製作委員会方式

    製作委員会方式から見たインデックス・ホールディングスインデックス・ホールディングス

    インデックスグループ - かつては主な連結・持分法適用会社に前述のインターチャネルの他デックスエンタテインメントなどを持っていた。タカラトミーやバンダイビジュアル、日テレグループなど複数会社との提携作品も多かった。2013年6月下旬の会社倒産(民事再生法適用申請)により、2013年11月にセガ100%子会社であるインデックス(旧:セガドリーム)へゲーム関連事業のアトラスを始めとした全事業を譲渡。旧社は2014年4月に民事再生手続廃止決定を受け、同年7月に破産手続開始決定を受けた。製作委員会方式 フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「インデックス」のニューストピックワード